記事の詳細

Sponsored Link

OB訪問の第一歩とも言える、アポ取り。
最初が肝心!でも、いつ電話を掛けたらいいの?

今回は、OB訪問の電話のかけ方時間帯などのマナーについてご紹介します。

電話でアポを取る際のタイミング

電話でアポを取るタイミングは、
一言で言うと、「相手がお手隙との時」がベストなタイミングですが、
「お手隙な時間な時が分かれば苦労しないわ!」と思いますよね。

その会社の営業時間を調べてみましょう。
営業時間内になら電話しても大丈夫です。

もし、OB訪問をしてもらいたい相手が、
外出していたり、席を外していれば、
また電話をかけ直せばいい。

ただそれだけです。

まず電話を掛けないことには、OB訪問は始まりません。

営業時間を調べてから電話してみましょう。

Sponsored Link

時間帯はいつがいいの?

まず、避けた方がよい時間帯は、
営業時間外朝一番ランチタイム

営業時間外は迷惑ですし、
朝1番はミーティングなどで離席している場合も。

ランチタイムはランチをしに外出している場合が多いです。

10~12時14~17時位の時間帯に掛けてみましょう。

1度目の電話で相手が席を外していたり、
外出して居た場合は、
「何時頃に戻るのか?」を聞いてみましょう。

そしてその時間帯にまた再度かけ直します。

相手が、外勤や現場担当だった場合は、
終日不在や戻りが営業時間外の場合も、
その場合は翌日は会社にいるか?を伺います。

簡単に言うと、
もし目的の相手に繋がらない場合は、
次ぎの電話のタイミングを必ず聞いてから電話を切れ。

ということです。

闇雲に何度も電話しても繋がりません。

何度も電話されれば会社側も迷惑なので、
必ず次の電話は、いつが目的の相手に繋がりやすいか?を聞きましょう。

土日(休日)は掛けてもいいの?

土日営業している会社もあるでしょう。

土日の営業時間内なら電話しても大丈夫ですが、
電話応対してくれるほどお手隙な時間帯があるか?と言われると微妙です。

できれば、平日の営業時間内に掛けた方が良いでしょう。

休日営業時間内は多忙な事が予想されます。

仕事が少しでも落ち着いている時間の方が、
相手もゆっくり応対しやすいです。

忙しい時に電話しても、
煙たがられてしまうかもしれません。

学生は土日は時間があるかもしれませんが、
土日が明らかに忙しそうな会社に電話は避けた方が良いでしょう。

さいごに

さいごに筆者からのお願いです。

学生のみなさんの「常識」と、
社会人の「常識」はかなり違います。

OBの方の貴重な時間を頂戴するのですから、
OBの方への負担は少しでも少なく済むように、
準備をしっかりして、電話をしてください。

電話の掛け方があまりに、常識から離れていれば、
「常識のない就活生から
OB訪問したいって電話きてさ~」と
会社内で言われてしまうかもしれません。

それは絶対避けたいですよね?

以下にマナーのポイントをまとめておきます。
必ず、覚えておいて下さいね!!

あなた自身の数週間の予定

せっかく約束して頂いても、
他に予定があれば後に予定変更となり迷惑が掛かります。

相手の会社の営業時間を確認する

営業時間外は電話をつながない設定にしている会社も。

相手の情報をどこで得たか

アポを取る前に相手に電話が繋がったら、
どこで相手の情報を得たか話しましょう。

例えば、大学の就職課の名簿で
○○さんの名前を拝見しお電話させて頂きました。など

相手の名前を確認

読み方ですね。

名前の読み方を確認してから電話しましょう。
名前を間違えるのはかなり失礼ですよ。

メモの準備

(予定など、メモを取りながら電話します。電話を掛ける前にまず準備しましょう)

あわせて読んでもらいたい記事

【2016年卒】OB訪問の時期は?

【OB・OG訪問】絶対にやってはいけない11のコト

就活電話マナー:電話の受け方ひとつで不採用!なんてことも!?

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る