記事の詳細

Sponsored Link

OB・OG訪問の約束を取り付けたけど、すると失礼にあたる質問ってあるの?
何を質問してもいいって言うけど…避けた方がよい質問ってあるよね?

そんな悩ましい、OB・OG訪問の際に絶対に避けたほうがよい質問を紹介します。

OB・OG訪問の際に聞くべき質問については【OB・OG訪問で必ず聞くべき質問内容は?】を参考にしてください。

絶対にNGな質問

企業のHPや会社案内に載っていること

相手は、忙しい仕事の時間や私生活の時間を割いて、あなたに時間を作ってくれています。
調べればわかることは、質問してはいけません。

ですが、逆に掘り下げて聞くのはOKです。

たとえば、会社案内を持参して、
「こちらに『○○の部門の業界NO1で○○です!』と書いてありますが、
○○さん(OB)は普段営業先では、この商品をどうセールスしていますか?」

などです。

よく調べていない質問

1~2個しか質問を準備していかない、
または質問や事前の下調べナシで、OB・OG訪問には望まないでください。

相手はあなたに時間を割いているのです。
あなたも、質問の準備や下調べはしっかり行いましょう。

給与・福利厚生(待遇)について

今の給与はいくらですか?など、単刀直入に質問はしないほうがいいでしょう。
もし、給与が知りたければ、会社四季報で調べましょう。

載っていない会社なら、「はじめてもらった給料はお幾らでしたか?」を限度にしましょう。
福利厚生は企業HPを見て下さい。

入社前は気になるものですが、複雑なものも多いので、
いざ会社で働いていると、必要に応じて調べる。といった形をとっている社員が多いです。

OBやOGが、福利厚生を担当する部署以外なら聞かない方が良いでしょう。

Sponsored Link

相手が全く関係のない部署などへ質問

「事務職です。」と言われているにも関わらず、
部署が全く違うなど、畑違いとも思われるところの、具体的な回答を求める質問は避けましょう

どうしても聞きたい場合は、浅く聞いてみて、相手が答えてくれるようなら掘り下げても大丈夫です。

企業理念などへの質問

企業理念の意味合いなどを詳しく追及する質問は避けたほうが良いでしょう。
企業理念などは、創業者や社長や役員クラスの人が、考え決めている会社が殆どです。

暗記している社員はいても、なかなか、意味まで把握していたり、誰が考えたものか?
まで知っている社員は少ないでしょう。

知ったところで、平社員では改善などは出来ないのが実態です。

抽象的な質問

「社風を教えてください」など、ざっくりとした質問は避けましょう

「○○さんの担当する、○○課の朝のミーティングはどういった雰囲気ですか?」
など具体的に質問すると、相手も返答しやすいです。

今の会社に入って良かったですか?

この質問は「良かったです」としか返しようがないです。

よほど、仲良くなれば、「実際はね~」などと、話せるかもしれませんが、
初対面の学生に、会社の不満や入社したことを後悔しているとは言わないでしょう。

OB・OG訪問をするメリット

実際の企業内の実態を聞ける

いくら企業HPをみたり、会社案内をみたところで実際の企業内の実態はわかりません。

実際に働く現場の人にしかわからないからです。

実際に現場で働く人から、直接生の話を聞ける機会です。

それも、自分がしたい質問に答えてくれます。
面接や採用担当者に質問出来ない内容も答えてくれる可能性が高いです。

是非、積極的に利用しましょう。

社会人とのコミュニケーションの取り方を経験出来る

OB・OG訪問というのは、面接官や採用担当者、親、大学の先生などとは
また違った社会人とのコミュニケーションを学ぶことが出来ます。

また、社会人にインタビューするのと同じことなので、貴重な経験となります。
社会人との関わり方を学べるのでとても良い勉強にもなります。

さいごに

いかがでしたか?
OB・OG訪問で、避けたい質問内容はわかりましたでしょうか?

学生が知りたい、「給料」は、なんで聞いてはいけないの?と思うでしょうか、
実際に聞かれる側の気持ちになってみましょう。

初対面の人に、「ねぇ、あんた給料いくら?年収は?」なんて聞かれたら、
「なんで俺の給料を見ず知らずの人に教えなきゃいけないんだよ!」と怒ってしまいますよね。

それと同じです。

平均年収なら、求人票にも出ていると思いますので、それを参考にしましょう。

何を聞いても、何かしらの答えを返してくれるとは思いますが、
今後、その企業へ入社した時の先輩や取引先の人になるかもしれません。

失礼な質問や失礼な態度は辞めましょう。
しっかりと下準備をした上でOB・OG訪問に望んでくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る