記事の詳細

Sponsored Link

「朝は全然ダメ・・・
 血圧が低くて、ボーっとする。」

という人多いですよね。

 

でも、「早起きは3文の得!」なんて言うように、
「朝活」は、有効な時間といえそうです。

今回は、成功する就活生がやっているおすすめの朝活を紹介します。

朝活とは?

「朝」の時間を趣味や勉強する時間にあてることです。

朝は苦手なので、早起きも朝活も無理!
そう決めつけていませか?

筆者も「朝は大の苦手」でした。
(今も苦手ですが…)

社会人になり、朝は苦手でも起きなくては、
いけない環境…そしてしなくてはいけないこと…
をするうち、「朝」時間を有効に使おう!

「朝活」

となるわけです。

 

ちなみに社会人の時は、
(5時)起床→メールチェック→シャワー
→身支度→朝食→ニュースを見る→
(6時半)家を出る→
電車で新聞を読む→マックへ→
今日のニュースをまとめる→
3分間スピーチを考える→出社(8時)
という流れでした。

 

「うわーそんな生活無理!」
と思った人もいると思います。

でも、7時に起きている人が、
5時に起きれば2時間も有効に使えるわけです。

筆者は社会人になったとき、
経済新聞を初めて読み…

まず内容を理解することが「勉強」でした…。

2時間あったら、なにが出来ますか?

別に勉強や就活しなくてもいいのです。

・本を読む
・映画を見る
・朝食をゆっくり食べる
・お弁当を作る
・ストレッチをする

朝の時間を有効に使うということには、
変わりありません。

1日の「今日も頑張ろう!」という
モチベーションを作る時間にしましょう。

Sponsored Link

おすすめの朝活

メールチェック

まず、布団から出られない。
という人はスマホでも良いので、
メールチェックしましょう。

あ、もちろん就活関連のメールで。

新聞を読む

新聞なんてとってないわ!

実は私も2年前からとってないです。

しかし、オンライン契約で、
新聞を読んでいます。
(有料ですが…)

筆者の住む地域の地方紙では、
紙面をとる世帯を含め3つのIDの
オンライン紙面が無料でとれるので、

実家などでとっている新聞の
サービスも確認してみましょう。

 

オンラインは手軽なのですが、
興味のある紙面にしか目がいかないのが難点です。

 

出来れば紙面で読むことをおすすめします。

 

新聞を玄関先まで取るだけに動くだけでも、
布団から出ることにつながり、
「早起き」することができますよ。

 

新聞が苦手な人は…ニュースをみる

朝は「ボーッ」とでもいいから、
テレビを見たい。

そんな人は、ニュースを見ましょう。

モーニングサテライト」がおすすめです。

朝ごはんを食べる

学生だけではなく、社会人になっても
「朝食はとらない」という人が多いです。

古臭い考えと思うかもしれませんが、
朝食ってとっても大切なんです。

おにぎりやトースト1枚からでもいいので、
「朝活」に朝ごはんを食べましょう。

1日の活力となりますよ。

趣味に没頭してみる

夜寝る前や帰宅後にする趣味を
朝してみませんか?

好きなことをする時間は
あっという間に過ぎるので、
アラームをかけることを忘れずに。

朝を趣味の時間にすれば、
今日も1日がんばろう!」と
思えるだけではなく、

夜の早寝にもつながります。

最後に

「そんなに偉そうにいうけど、
 筆者は朝何をしているのさ?」

と思いますよね。

 

朝6時に起き
「朝食」「昼食(お弁当)」を準備。

シャワーを浴びて、
朝食を食べながらニュースをみて、
7時~8時は記事(調べ物をするときも)を書きます。

 

出来れば、朝起きてすぐ記事を書く
作業をしたいのですが、

中々できず…

 

ですが、
寝起きって頭がクリアなので、

作業効率もグッと上がります。

夕方・夜の作業より、
調べ物をしても、
頭にすっと入りますし、

記事を考えてもクリアなぶん、
それだけに集中して書けるのです。

「朝活」は何をしても良いのです。

 

大きなくくりではありますが、

「朝の早起き」
1日の有効に使える時間がぐっと増え、
健康にもよく、まさにいいこと尽くし!

ぜひ、「朝活」をやってみてくださいね♪

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る