記事の詳細

Sponsored Link

面接や試験の前の晩や、その日の朝になると、なぜか腹痛や吐き気が・・・
なぜ自分は肝心な時に、こうなちゃうんだろう・・・

自分を責めないで下さいね。
その症状、ストレスや緊張が原因かもしれませんよ。

緊張で腹痛が起こる原因

緊張からくる腹痛の原因は、脳が、緊張からくるストレスや不安を感じます。
脳に伝わった緊張やストレスで、セロトニンと呼ばれる物質が分泌されます。

セロトニンが過剰に分泌されると、腸に異常が起こり→腹痛や下痢となるのです。
そして、また、腹痛や下痢にとってストレスになり、セロトニンを追加生産…。

負のスパイラルですね。

この症状が、繰り返し続く、または長期間続く場合は、
過敏性腸症候群(IBS)かもしれません。

お医者さんに相談してください。

吐き気の起こる原因

吐き気も腹痛同様に、脳が緊張によるストレスや不安などを感じ取ります。
感じ取った、緊張やストレスにより、脳の中の「嘔吐中枢」と呼ばれる場所に異常が起こります。

そして、病気ではないのですが、吐き気を催したり、実際吐いてしまったりするのです。

脳の「嘔吐中枢」が未発達な子供に多いのですが、
大人の場合は、強い精神的なストレスが原因とされています。

この症状が、頻繁に起こる場合は、神経性嘔吐症かもしれません。
自律神経が乱れていることも考えられるようです。

あまりにつらい場合は、心療内科などを受診しましょう。

腹痛や吐き気の予防策

予防策は至ってシンプルなのですが、シンプルなモノほど、日々は続けにくいものです。
毎日、少しずつでもいいので、生活スタイルを見直しましょう。

・緊張をほぐす
・ストレスを溜めない
・不安を取り除く
・食事は一日3食(なるべく決まった時間に)
・暴飲暴食をしない
・睡眠をしっかりとる
・朝トイレで排便の習慣づけを
・ストレッチやウオーキングなどの適度な運動
(お腹の調子を整え、リフレッシュや気分転換も期待できます)

Sponsored Link

治し方

医者

上記の予防策をしても、「どうしてもなってしまう!」という方は、
お医者さんを受診し、薬を処方してもらいましょう

毎日や毎朝続くようならとてもつらいと思います。
無理は禁物です。

「薬には抵抗が!」という人は、漢方薬なども処方してもらえるようです。
お医者さんに相談してみましょう。

さいごに

どちらも、緊張からくるストレスと不安が主な原因です。
緊張をしないように!というのはなかなか難しいものです。

就職活動において、私は(僕は)緊張してしまう性格だ!
という人はこちらの記事も参考にしてください【就活面接での緊張をほぐすリラックス方法

緊張より、不安を強く感じたり、焦りを感じいて眠れない!
という人はこちらの記事を参考にしてみましょう。【就活の不安や焦りから眠れない時の解消法

不安を強く感じたり、焦りが感じて眠れない日が続くことによっても、
疲れが溜まりやすくなったり、疲れがとれなかったりし、
自律神経が乱れ吐き気を催したり、腹痛の原因にもなるようです。

食事をしっかりととる・たっぷりと睡眠をとる・適度に運動をするは、
精神的にも肉体的にも健康でいるために欠かせません

「若いから大丈夫でしょ。」と思わず、なるべく3度の食事と休息を摂りましょう。
知らず知らずのうちに、体調のバランスが崩れかねません。

肝心な時に、体調が悪い

そう、緊張に耐えられず、腹痛やストレスを起こしてしまえば、
大切な試験や面接に集中出来ないだけではなく、出席出来ない場合も考えられます。

社会人になるということは、自分の体調管理も今以上にしっかりとし、
日々、健康で仕事に臨まなくていけません。

「今日は、腹痛と吐き気でいけません」なんて電話してくる人を、企業は採用したくないでしょう。
新卒の仕事の大前提に「休まない」とうのがあるので、体調管理する習慣づけも大切です。

緊張からくるストレスと不安が原因の腹痛と吐き気には、
日々の体調管理と規則正しい生活で、健康な体を保ち、打ち勝ちましょう!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る