記事の詳細

Sponsored Link
あなたは就職活動をする上で、何を成功の法則としていますか?
就活塾に通う?履歴書を添削してもらう?
エントリーは100社以上?

など色々な成功の法則が飛び交っています。

しかし、上記のことは成功の法則ではありません。

今回は、90%の学生が勘違いしている就職の成功法則についてご紹介します。


就活生の勘違い

例文を参考にした方がよい

就職活動では、エントリーシート、書類選考(履歴書)採用面接など、
数多くの難関を突破し、内定をいただきます。

その中で、他の人はどんな風に、書類にどんな風に書いているのだろう、
また、どんなことを面接で話しているのだろう、と気になり、

『履歴書 志望動機 例文』

『面接 採用 受け答え』などと検索していませんか?

参考にするのはダメではありません。

しかし、中には、例文を虎の巻かのごとく、読み漁り、
数々の例文をコピペしたような、文章や受け答えが見られます。

面接官からすれば、

「この子もまた、例文同じか」
「おもしろくないな」
「この話聞き飽きたよ」などと思われてしまうでしょう。

あくまで参考にし、
「こんな書き方や受け答えがあるんだな~」思うだけにしてください。

あなたは、あなたのエピソードや感性があるはずです。

自分の言葉で、自分の伝えたいことを話すのはとても大切なことです。

あなただけの就職活動をオリジナルの書き方で、
話し方、言葉で あなたの色を出して挑んでください。

偽ったり飾ったりする必要は一切ありません。

面接の一連の流れは作法のように決まっている

確かに、入る前のノック、入室後の一礼など決まっているのですが…。

そればかりを気にしてしまうのは、いけません。

一連の流れのどこかを抜かしてしまっても、もし間違えてしまっても、
その後、面接の流れがスムーズなら大丈夫です。

ずっと間違えを引きずらないことです。

面接全体の流れや雰囲気を
あなたのペースにもっていくことが成功法則です。

マナー指導が不必要というわけではありません。

大切なのですが、もっと大切なのは、
あなたらしさを面接官に伝えることだと思ってください。

Sponsored Link

グループ面接では、リーダーシップ性をみている

確かに、グループ面接では、リーダーシップ性も見ているでしょう。

しかし、あくまで、採用面接なので、
その会社の社風にあうか、必要とできる人材かをみています。

考えてみてください。

会社全員が、リーダーシップ性にたけている会社ならどうしますか?

我こそはリーダーだ!という人ばかりでは、会社は成り立ちません。

リーダーシップ性がある人、協調性のある人、気配り上手、聞き上手など、
いろいろな人材がいて、まとまりがある会社が繁栄していくのです。

私にはリーダーシップ性がないから、グループ面接は苦手と思わず、

自分らしさをアピールすればよいのです。

無理して、リーダーシップ性があるフリをしなくても良いのです。

あなたの良いところを面接官にみてもらいましょう。

大手企業就職は学歴による

確かに、大手企業に就職するには、
学歴も良いかもしれません。

でも、極端な話ですが、社会人として、会社の従業員として使える人材は、
残念ですが、「学歴が全て」ではありません。

いくら、一流大学在学・又は卒業で、社会順応性が無ければ、

使えない人材になってしまいます。

 

逆に、中学卒・高校卒でも、社会順応性や貪欲さ、責任感に長けていれば、
大手企業に採用される可能性はあります。

(大手企業は大卒を応募条件としているので、転職などにはなるかもしれませんが・・・)

「僕は(私は)○○大学在学(卒)だから!」と、
高飛車な態度は就職活動では失敗してしまうでしょう。

さいごに

いかがでしたか?

大変失礼ですが、学生間で飛び交う、
就職の成功法則は90%が勘違いといってもいいかもしれません。

なぜなら、応募企業ごとに求める人材は違いますし、
応募する学生のタイプや個性も人それぞれ違います。

採用担当者や面接官ごとに考え方や採用基準も異なります。

就職活動で成功する人材の共通点は、
「こいつとなら、仕事をしてみたい!」
と採用担当者や面接官に思われた学生です。

人間味があり、人として内面から魅力のある学生が採用されるのです。
自己分析も、業界研究もして当たり前です。

それ+αで、自分を企業に売り込む技術を獲得することが、
成功法則といえるのではないでしょうか?

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る