記事の詳細

Sponsored Link

周りの友人達は、どんどん就職先が決まっていくなか、自分はなかなか、内定先が決まらない…。
とても不安だし、焦りを感じる。そんな取り残される不安から、夜布団に入ってもなかなか眠れない…。

そんなあなたに、今回は、不安と焦りの解消、ぐっすり眠れる方法をご紹介します。

不安や焦りの解消

5gatubyou

まずは、自分が何に対して不安や焦りを感じているのか、具体的に考えてみましょう。
客観的に自分を見つめ直してみてください。

「まわりが、就職先が決まった」ことに不安を感じているのか
「自分の就活の進捗度」に対して焦りを感じているのか、
周りに対してか自分に対してかがわかるだけでも解決法は違いますよね。

周りと自分が違う事に不安

「周りは○○社面接した」けど自分はまだ3社
「周りは内々定を○○社もらってきた」けどまだ自分は1社も内々定していない。

そんな時は「まわりはまわり、自分は自分、自分にはまだチャンスがまわってきていないだけ、大丈夫!」
と何度も自分に言い聞かせて見ましょう。

就職活動をするのも、内定をもらうのも自分です。
周りが何社も内定を貰っていようが、そんなの実際関係ないのです。

自分の就職活動に対して焦り感じる

自分はエントリーシートを書くのが苦手で進まない
面接の前の日になると胃が痛い」など、色々な悩みがあると思います。

ですが、みんな最初から上手く行くわけではありません。

苦手分野は知識を高めたり、経験を積んで克服するしかないのです。
また、「自分は今これだけ頑張っている」と認めてあげましょう。

焦っても、空回りするだけです。

計画を立て、出来る事から、1個ずつ確実に完了させましょう。

大丈夫です

まじめに取り組めば、いつか結果となり現れます。

Sponsored Link

ぐっすり眠れる方法

安眠

お布団に入っても、1時間たっても2時間たっても眠れない。
むしろどんどん目が冴えてくるように感じる。

体は疲れ果てているのに、頭が起きているようだ。
夜は眠れないのに、昼間ぼーっとしてやたらと眠たい。

症状は色々かと思いますが、眠れないのはどんな症状にしても辛いですね。
ぐっすり眠る方法を紹介します。

寝る1時間前からはモバイルなどは見ない

お布団にはいる1時間前からは、
スマートフォン・携帯電話・パソコン・テレビ・タブレットなどの画面は見ないようにしましょう。

見るなら、柔らかい照明の中で本や雑誌などを読んで見てください。
画面をみると、脳が起きてしまった状態になるので、眠りにくくなります

暖かい飲み物を飲む

お布団に入る前に体を温めましょう。

ホットミルクが良いようですが、苦手!という方は、暖かいほうじ茶やお湯でもいいです。
カフェインは眠れなくなるので、コーヒーや紅茶・緑茶は避けましょう。

毎日定時に布団に入る習慣を

毎日夜中23時から24時までの間に、布団にはいる!など、
毎日の体のリズムを作ることも大切です。

真夜中起きていて、お昼まで寝ている生活の人が、いきなり22時に寝て、
朝6時に起きる生活をしよう!と思っても中々体は言う事を聞きません。

毎日、この位の時間になったら寝るんだよ。」というリズムを体に教えてあげましょう

ゆったりとした音楽を聴く

クラッシックやバラードなどを小さめの音量で聞きましょう
気持ちが落ち着き、眠気を誘ってくれるハズです。

ロックなどのハードな音楽を大音量できくのは、逆効果ですのでやめましょう。

靴下をはき、上着を羽織る

手足が冷たくては眠れません。

お風呂上がりにタオル1枚、髪は濡らしっぱなしはNGです。
汗がひいたら、靴下や上着を羽織るなど保温しましょう。

手足が温かいと眠りやすくなりますよ。

最後に

いかがでしたか?少しは、不安や焦りは和らいだでしょうか。
眠れる方法も試してみてくださいね。

就職先が決まるまでは、みな不安です。あなただけが不安なわけではありません

「大丈夫!」と自分に言い聞かせ、明るい笑顔で就職活動に励んでください。
不安や焦りの出た表情では良い結果は生みません。

リラックスして、笑顔で!
大丈夫です。結果はいつかついてきますよ。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る