記事の詳細

Sponsored Link

あなたが仕事をしていて、モチベーションが下がるときはどんな時ですか?

下がってしまった時にはどんなことをして、自分のモチベーションをアップしていますか?
モチベーションが下がってしまうと仕事への熱意が薄れ、仕事の効率も下がってしまいます。

そんなときはミスも生みやすい環境になってしまいますよね。
今回は、仕事で低下したモチベーションをどう上げるかを一緒に考えていきましょう。

低下の原因

失敗を繰り返した

小さい失敗やくだらないミスから、モチベーションが下がってしまい、上司から注意された、小言を言われた。
または大きなミスをしてしまい、パニック状態の時に、小さいミスを立て続けに連発してしまった。

気をつけていても、ミスの訂正や挽回に気を取られ、他のミスを連発してしまうことがあります。

また、1つのミスでも、自分がするはずがない!と思っているミスをしたときには、
モチベーションはがくっと下がってしまいますよね。

評価してもらえなかった

自分はこんなに頑張った、成果を出した!にも関わらず、上司に評価してもらえなかった。
または、出来て当たり前と思われてしまった。

自分のベストを尽くしたにも関わらず、もっと頑張れといわれてしまったなど、色々ケースはあると思いますが、自分が思うように、相手に認めてもらえなかった(評価してもらえなかった)場合、モチベーションは下がってしまいます。

疲れが溜まっていた

連日連夜、激務が続いていて、心身共に疲れてしまった状態だと、知らず知らずのうちに
じわりじわりと、モチベーションは下がってしまうものです。

仕事の成果に対する分だけの賃金がでていない

こんなにも成果を上げたのに、こんなに長時間働いたのに思うだけの賃金をもらえない。

モチベーション下がりますよね。

この問題でモチベーションが下がり続けると、退職を考える人が多い深刻な問題です。

目標を達成することが出来なかった

自分が達成出来ると思った目標を達成出来なかった、
または、達成不可能を思われるような目標を与えられた時、
モチベーションは下がってしまいます。

前者は燃え尽きることが多く、後者はやる気を生まなくなるのです。

関心が薄れた

何らかの問題が積み重なると、仕事に対しての関心が薄れる場合があります。

仕事にこだわりがなくなり、「最低限出来ていればいいや。」などと思い始め、
どんどん仕事への熱意が冷めていき、

モチベーションが維持出来なくなるのです。

Sponsored Link

モチベーションを上げる5つの方法

自分へのご褒美を買ってみる

普段は持ち歩かないような高価な仕事道具を新調してたり、
自分が欲しいを思っていたものを少し無理してでも買ってみる。

豪華なランチを摂ってみるなど、自分にご褒美をあげましょう
また頑張ろう!という気持ちが湧いてきます。

自己啓発本を読んでみる

マインドコントロールではないですが、「自分は出来る!」と思うことが大切です。

自己啓発本を読み、気持ちを高め、仕事に取り組み小さい成功を重ね、
自分への自信を取り戻し、モチベーションの高い水準の維持をはかりましょう。

同僚や同業種の知り合いと意見交換をする

今、モチベーションが下がって辛いのは自分だけでは無い。
まわりの知り合いは頑張っている自分も頑張ろう!など、気分を変えるきっかけになると思います。

また、一緒に頑張ろう!といわれると、嬉しいですよね。

新しい目標を立てる

自分が確実に達成しなくてはいけない目標や確実に達成出来るレベルの目標を立てましょう。

目標達成を積み重ね、どんどんレベルアップし、常に少し上を目指す癖をつけると、
常時高いモチベーションを保つことが出来ます

自分の成功のイメージする

自分が成功したらこうなりたい!や自分はこんな風に成功するんだ!など成功体験のイメージトレーニングをしましょう。

不思議とプラス思考になり、気分も上向いてきます。
成功のイメージトレーニングは、スポーツ選手もする人が多いようです

さいごに

いつもモチベーションは高い位置にあり、常時プラス思考でいられたらいいのですが、
いつもいつも、そうはいかないのが現実だと思います。

取り返しのつかない程のモチベーションダウンを招く前に小さい成功や小さい自信を積み重ね、
自分はこんなに頑張っているんだと自分を認め褒めてあげましょう

自分自身を認めることで、モチベーションダウンを緩和することできます。
少しモチベーションダウンなら次頑張ろう!と不思議と乗り越えられるものです。

あまり自分に過剰な期待をせず、小さな成功や成果を認め、自分のが頑張りを認めることは大切です。
常にモチベーションを高くもつことで、不思議と成功を生みますよ。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る