記事の詳細

Sponsored Link

特別やりたい仕事はないのだけど、
「正社員」になりたい。
そう漠然と思っていませんか?

意外にやりたい仕事、なりたいものがない
就活生はたくさんいます。

今回は、そんなやりたい仕事がない就活生に
どう気持ちを切り替えたらいいか?をご紹介します。

やりたい仕事がない場合はどうすれば?

先日、就活生に会いました。
「2016年卒から、就活は変わるから大変でしょ?」
と聞いたところ…

「いやーあんまり。周りも焦る雰囲気もないし」

ほおほお・・・そういう感じか。
と思いつつ、

「どんな業種を希望してるの?」
と、聞くと

「正社員ならどこでもいいんだよね」
「親は○○に応募しろ!とかいうけど」

と。。。

そうです…
この就活生、特に就きたい仕事がないのです。」

 

最近の学生には割りと多い様なので、
これが率直な意見でも不思議ではありません。

 

むしろ、今まで長い学生生活を送ってきたので、
いざ、就活するにしても、

「○○業界の○○株式会社の○○部署で、
○○の仕事をしたいです!」
と何も準備なしに言える就活生は少ないでしょう。

(アルバイトした経験があるインターンシップに参加した場合は別)

でも、就活するからには
「正社員」にはなりたいわけです。

「安定した職なら何でも」
「できれば仕事が楽で高給な職場で」

これが実際の本音かもしれません。

 

でも、そんなことはESにも書けませんし、
面接でもいえません。

でも、就活しなくちゃいけないのですよね?
そんなときは…?

・給料の良い職場
・仕事が楽と感じられる職場
・自宅に近い職場

など自分の中での最優先順位を基準に選びましょう。

 

ちなみに筆者は、

・給料が良い職場
・マイカー通勤が可能な職場

を基準に選び業界最大手の証券会社に採用されました。

別にいいのですよ。
「コレ!」という強い意志があれば。

 

「給料の良い職場を目指した理由は?」

「別にうちじゃなくても
他にもっとよい給料の会社があるよ」

などと、聞かれたらどうするの?

と、心配になるかもしれませんね。

ですが、それはその質問に回答できれば
それで良いのです。
(納得出来る回答を準備しましょう)

 

筆者は、
「他にもあるでしょもっといい給料の職場!」と言われ、

四季報で、○○歳で○○万円の平均年収と見た。

○○歳までに確定申告必須までの年収が欲しい。

○○歳で新車で○○車を買う。

その為には、○○万円の貯金と○○万円の年収が必要。

そして、御社が夢を叶える最短ルートと感じた。

と、真剣に伝えました。

 

すると…なぜか採用されたのです。
具体的な「」に賛同してくれたのです。

私は、証券会社に応募し面接したときに、
日経平均の見方も知らなければ、
日経新聞を読んだこともありませんでした。

でも、採用されたのです。

強い気持ち!
真剣な訴え!が、
どんな理由であれ必要です。

 

もちろん、
新入社員として入社した時に
「ちょっと変わった面白い子が入ってくる」
と、いわれていたようですが…。

別に、実家から一番近い会社という理由でも良いでしょう。
その理由がしっかりと説明出来ればいいのです。

変に中途半端な理由を考えて、
心にも無いようなことを並べるのなら、
率直に一番自分に正直な気持ちを伝えてみても良いでしょう。

さいごに

はぁ?そんなくだらない理由を熱弁したところで採用されないなんて決まってるでしょ。
と鼻で笑ったあなた。

何か夢中でこれに勝るモノはない!という
強い気持ちが持てるものはありませんか?

それを理由に就活しましょう。

ただ「ぼーっ」とテレビをみている場合ではありません。
就活サイトをぼーっと眺めていても、内定は勝ち取れません。

将来どうなりたいか。
理由はくだらなくても大丈夫です。

あなたが胸を張って
「この理由で御社を希望しています!」
と言えればそれでいいのです。

 

採用担当者が、
「こいつ面白いな!」
「こいつと一緒に働きたいな!」
「こいつなら伸びるかも!」
「この人なら、頑張って一生懸命頑張ってくれそう!」
そう思ってくれさえすればいいのです。

 

別に、立派すぎる理由を考えられたから、
言えたから内定を勝ち取れるわけではありません。

 

きれい事より「本音」でもたまには良くないですか?

どうしてもやりたい仕事がみつからない就活生のみなさん。
1度自分と向き合ってみてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る