記事の詳細

Sponsored Link

既卒者は、就職に不利!良い職場には就職出来ない!などと言われていますよね。
確かに既卒者は、新卒に比べ求人数が少なく、転職者に比べ社会人経験が薄い為、就職は不利かもしれません。

今回は、そんな転職者は転職出来ない!は嘘であることと、成功する為の方法をご紹介します。

既卒者でもちゃんと就職できるの?

はい。既卒者でもちゃんと就職出来ます。

筆者の私事ではありますが、知り合いは、大学卒業後既卒にて、就職活動を行い、役所へ。
また、大学付属の専門学校後、大手税理士事務所へ就職したのを知っています。

どちらも超大手ではありませんが、収入や安定性は抜群の職場です。
また、私本人も大手の証券会社に勤務していましたが、既卒で入社した方を数名知っています。

既卒者が就職出来ない!と思いマイナスに考えるなら、今就活しないでいつするの?
と自分自身に喝を入れ就職活動に励みましょう。

成功する為にはどうしたらよい?

成功する為には、新卒から、既卒になった付加価値を自分につけることが大切です。

見栄えや読み応えのある内容の履歴書を作成し、
堂々と落ち着きがあり、受け答えもオドオドしないことなどが求められます。

企業側でも、「既卒は、新人の時のような、教育してあげますよ。」というくくりではなくなります。

どちらかというと、転職のような「即戦力」に近い形で、見られることが多いです。
新卒の時のような、フレッシュさ、元気の良さだけではなく、社会人しての品位も求められます。

1、応募したい企業を探す(新卒・既卒・転職全てのカテゴリーで探しましょう)
2、応募したい企業の求人が既卒応募OKか確認する(直接電話やメールで問い合わせましょう)
3、履歴書を作成(既卒らしく、新卒の時よりワンランクアップした履歴書を作成しましょう)
4、面接で、「どうして既卒で就職活動をしているのか?」を聞かれた時にきっちりと答えれるように準備しておきましょう。

稀に応募したい企業がわからない…という方がいらっしゃいます。
そんな困った方は【自分に向いてる仕事が分からない時の見つけ方】を参考にしてください。

Sponsored Link

履歴書などの提出書類や面接については【既卒者の就活!知らなくては損をする自己紹介書の書き方と面接対応】の記事を参考にしましょう。

既卒は、就職活動がメインにできるので、準備をしっかりを行いましょう。
また、模擬面接履歴書添削などをハローワークやジョブカフェなど公共サービスで行っているところがあります。

積極的に利用し、自分を磨きましょう。

希望する職種が固まっている人は、それに対しての資格取得も合わせてしても良いです。

今、希望企業につくために勉強中です!という前向きなアピールポイントの1つになりますし、
今後、希望職種に就職したときに役に立ちます。

はやく学生気分を捨て、自分は一人前の立派な社会人に、御社でなりたいです!というオーラをだしてください。

ドレスコードですが、服装自由の場合は、もちろんスーツです。
学生ではないので、社会人の制服はスーツ以外ありません。

特殊な服装指定がある場合は、希望企業の服装指定に従いましょう。

さいごに

成功するには、まず、応募出来る希望企業を探すことです。

そして、学生の時のような、どうにかなるさ、という気持ちを捨て、
どうにかしないといけない!」に気持ちを切り替えましょう。

ここは、新卒のみの採用しか行っていないから・・・・と思わず、
積極的に電話やメールで企業に直接問い合わせ、応募の機会を頂きましょう。

「履歴書も、学生の時のこんなことを今頑張ってます!」
ではなく、「今は、就職活動に懸命に向き合っています!」という気持ちで書くのです。

面接では、挨拶、姿勢、服装は出来て当たり前、
それにプラス、採用担当者に「こいつと一緒に働きたいな!」と思わせる面接をすることが成功の鍵になります。

大丈夫です!
既卒でも、就職できますよ。

内定が決まるまで、自分を磨き続けましょう!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る