記事の詳細

Sponsored Link

大学を卒業し、既卒になったあなた
就職活動をする傍らにアルバイトをしようか、迷っていることと思います。

就職活動にだって、交通費やスーツを購入したり、履歴書を用意したりと経費がかかります。
それに一人暮らしの人は、日常生活の生活費もかかるでしょう。

「いつまでも親に頼るわけには…」と思って居る方も居るでしょう。
今記事では、大学を卒業した既卒者が就職活動をしながら、アルバイトとの両立について紹介します。

既卒者の就活とアルバイトを辞めた方が良い理由

大学時代は、ゼミやサークル活動など、本業の学業の他にも沢山出来ることがあり、
またそれに付随して就職活動をするのは大変だったと思います。

大学を卒業し、既卒になり、就職活動1本で専念出来る今、
「就職活動だけを1日いっぱいするわけではないし、アルバイトでも・・・」と思うでしょう。

ですが出来れば、アルバイトをせずに、就職活動1本に集中して、することをおすすめします。
就職活動は、今後長い年月(長い人だと生涯)働くことになるだろう会社を決めるのです。

アルバイトをする暇があれば、就職活動に専念し、たっぷりと就職活動だけに時間を使ってもらいたいです。

アルバイトをするとなれば、自分だけの予定ではなくなりますので、シフトだったり、
時にはアルバイトを休めないので、就職活動よりアルバイトを優先しなくてはならない時もあるかもしれません。

それでは困るのです。
アルバイトをしていたおかげで、良い就職先を逃すのは惜しいですよね?

Sponsored Link

もしどうしてもやるなら?(短期のバイトや派遣?)

どうしても就職活動に専念できず、アルバイトもしなければならない状態にある場合は短期でのアルバイトをオススメします。
(就職活動の経費を捻出したり、自分で一人暮らしの経費をまかなわなくてはならない場合など)

なぜ、短期か。

1、2日間の就職活動に絶対に支障が出ない日を選び、アルバイトをするのです。

そうすれば、通常のバイトのように、この日は用事があるので休みますや、急に面接などが入り、
シフトを変更して誰かに変わってもらうなど、アルバイト先へに迷惑をかけることはないのです。

希望する会社の面接で、「明日から来られる?」など言われるかもしれません。
短期のバイトなら、バイト先に「明日からこられなくなります。辞めます」などと突然の迷惑をかける恐れもないですね。

そもそも、就職活動中ですという人をアルバイト先側が使いたいかを考えて見ましょう。
いつ就職先をみつけて辞められるかもわからない人に仕事を教えたくなるでしょうか?

同じアルバイト先の仲間や先輩だって、同じ気持ちになると思います。

就職活動最優先に行いたいなら、アルバイトは短期のバイトにとどめておくことをおすすめします。

もし、普通のアルバイトや派遣として働きながら、就職活動したい場合は、
アルバイト先や派遣先に「就職活動を優先しながら働きたい」ということは伝えずに働いた方がよいかもしれません。

就職にこだわらず、アルバイトからの社員などもあり?

正社員での就職に拘らずに、アルバイトから社員への雇用を希望する人もいるでしょう。
しかし、アルバイトから社員への雇用は、厳しいのが現実だと思います。

知り合いは、アルバイトから正社員へ、契約変更した。などという事例はあるかともいますが、
希望する企業がアルバイトからしか正社員を雇用していないという企業ならアルバイトから頑張ればいいと思います。

殆どの会社は、アルバイトの仕事・派遣の仕事・正社員の仕事と、分けて仕事を割り振っています。

責任の重さが違うからです。

仮に、実例のない会社でアルバイトから社員への雇用される様な人材は、
既卒で就職活動しても、内定はすぐに出ると思います。

もし、アルバイトから正社員へ雇用されずに、何年もアルバイトを続けてしまった場合。
それからの正社員への就職は並大抵の大変さではありません。

フリーター歴数年の人を正社員雇用したいという企業は少ないからです。
それも覚悟できるというなら、アルバイトからの正社員雇用を希望するとよいでしょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る