記事の詳細

Sponsored Link

既卒者の就職活動の方法は、新卒の時とほぼ変わりありません

違うのは、新卒の求人に応募することが出来ず、
転職の求人に応募することが難しいというだけです。

しかし、現在は、既卒専用の求人サービスがスタートするなど、既卒向けの求人も増えています。

新卒の時に就職活動しても、さっぱりだったが、
既卒の就職活動を始めたとたんに内定が決まりだした人も中にはいます。

既卒は既卒の求人が受けられるラッキー!と思い前向きに就職活動に励みましょう。

既卒者の就活方法

既卒者は、新卒でも転職でもない場所に位置していますので、
逆を言えば、どの求人でも、企業側が応募OKといっていくれれば、どの求人でも応募することが出来ます。

ハローワークなど公共のサービス

ハローワークは新卒の時はあまり利用しなかったと思いますが、積極的に利用することをおすすめします。
新卒の求人はハローワークは得意としない傾向にありますが、転職に関してはプロです。

新卒から既卒への付加価値を付けるためにも、彼らからのアドバイスを参考に活動すると良いと思います。

また、市区町村などで求人を公開している自治体もありますので、チェックしてみましょう。

就職情報誌

就職情報誌は、新卒用・転職用両方読むことが可能です。
気になった求人は、直接企業に連絡をとり、既卒でも応募出来るか、問い合わせましょう。

既卒の求人サイト

既卒者の為の求人が載った求人サイトです。

登録し、どんな求人があるのかマメにチェックしましょう。
サイトには、セミナーは合同説明会の情報も掲載されています。

自己分析やマナーなど再確認する意味でも、セミナーには参加してみると良いかもしれません。
既卒者の為の情報が満載ですので、無駄なく利用しましょう。

新卒の求人サイト

マイナビなど、既卒でも、登録可能な新卒求人サイトがあります。

しかし、新卒求人は、募集企業は、あくまで「新卒向け」で求人しているので、
応募したい時には、必ず、マイナビの新卒求人をみてから連絡しましょう。

自分は既卒だが応募可能か、を確認してから応募しましょう。
柔軟に対応してくれる企業は多くあるようです。

Sponsored Link

既卒の就活を成功させるには

自分は既卒だから、既卒の求人のみを応募しよう!と思うのは辞めた方がいいです。
既卒専用の求人はありますが、極めて数が少なく、少ない求人に人が集中することが予想されるからです。

大手に拘らず、中小や中堅企業にも視野を広げると、
新卒や転職求人でも既卒者を柔軟に対応してくれる企業が多い傾向にあります。

また、自分をセールスするつもりで、
新卒や転職求人でも、自分が希望する企業があれば、連絡をとりましょう。

新卒求人なら、3~5割。
転職求人なら、大手企業なら2割、中小・中堅企業なら5割は対応してくれるようです。

自分を売り込む、テレアポやメルマガになったかのように、数当たることが重要になってきます。

そして、最も重要なのは、自分は、既卒だが、現在就職活動を真剣に行っている。
応募企業への気持ちは誰より強い!ということをアピール出来るかにかかっています。

就職以外の道もある

そもそも、どうしてあなたは既卒者になってから就職活動しているのでしょうか?

色々事情があると思います。

新卒の就職活動の時には、就職関心が薄く、就活しなかった為。
留学や部活・ゼミや資格取得などに専念し、就活しなかった為。
新卒の就職活動をしたが、何十社受験しても、内定がもらえなかった為。
また、新卒の就職活動では、納得いく企業から内定がもらえなかった為。
など、個々に様々な気持ちと事情があり現在、既卒での就活をしているのだと思います。

あなたが本当にしたいことって何でしょうか?

もし、自分は「こんなことをして、成功したい!生計を立てていきたい!
という夢や希望があるなら、ぜひ、起業してみませんか?

社会人は会社勤めすることが、仕事ではありません。
起業し社長になることだって、十分社会人になることです。

夢や希望があるなら、今から必死で準備し、ビジョンを固め起業してみましょう。
夢を叶えるチャンスかもしれません。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る