記事の詳細

Sponsored Link

会社を辞めると、会社に伝える時…悩ましいのは、退職理由ですよね。

退職理由本当の理由の大半は「転職」なわけですが、
「転職するから退職させてください!」と伝えづらいという人も中にはいます。

今回は、会社を辞める最も有効な退職理由についてご紹介します。

 

転職したいと告げる作戦

「家業を継ぐ」「独立する」「病気の治療をする」
「早期退職をする」「結婚、出産をする」など以外の場合は、

退職後も何かしらの方法で、生活していく為に収入を得る為に、
「転職」という形をとる人が多いです。

「転職したいので退職します」とはいいずらい。

「転職先を聞かれると困る」
「転職先より好条件を提示され引き留められるとやっかい」など、
「転職」理由に退職を切り出したくない。

という人もいるでしょう。

しかし、世間は意外にも狭いのです。

「転職することにしました。○○日をもって退職させてください」
と言い切った方が、

今後、取引先になったり、
どこかでお世話になるかもしれない時に円滑に物事が進むでしょう。

転職先の会社名まで告げる必要性はないです。
(必要があれば伝えても可)

今後、何で縁あるかわからない、
どこかでお世話になるかもしれないと、
いうことを頭に置き退職しましょう。

精神的に疲れた作戦

転職先も決まらぬまま、今後の先行きも決まらぬまま。

上司と上手く行かず精神的に疲れてしまった。

仕事で大きなミスをしてしまい、
精神的にまいってしまった。

仕事をの事を考えると、
夜も眠れない日が続く。

会社へ出勤しようとすると、
動機がとまらなかったり、涙が止まらなくなる。

など、色々な理由で、就業に支障がある場合、
「退職」という選択をとる人もいるでしょう。

「休職」という形を取ることができれば、
まず「休職」で様子を見るのも良いかもしれません。

しかし、会社の事を考えるだけで…精神的に耐えられないのなら、
「退職」という形をとると良いかもしれません。

病院に既に掛かっている場合は、
診断書を書いてもらうのも1つの方法です。

仕事を辛いから無断欠勤を繰り返し、
「解雇」だけは避けましょう。

欠勤も退職も精神的に辛くても、
必ず、電話でも良いので自分から連絡しましょう。

Sponsored Link

病気になったと嘘をつく作戦

自分や家族が病気になったからと、「嘘」をついて、
「退職事由」にする人もいます。

自分や家族が本当に病気になったのなら、
正当な「退職事由」になりますが、「嘘」はやめた方が良いでしょう。

仲の良い同僚や、親切な上司なら、
「お見舞い」に行きたいからと病院を聞かれたり、
「お見舞金」を用意される場合も想定されます。

「嘘」はいけません。

その後どこで、同僚や上司、
またその会社とまたお世話になるかわかりません。

自分が病気という理由で退職した場合は、
近間で転職先が決まってしまって、
元同僚と最寄り駅で良く遭遇するや、
飲み会で上司と遭遇という事態も想定されます。

そんな時どうしますか?

困りませんか?

身勝手な嘘は控えるべきでしょう。

さいごに

いかがでしたか?

最も有効な退職理由は、転職するなら「転職するので退職します」など、
本当のことを伝えるのが一番良いでしょう。

常識のある上司や同僚なら、
「次ぎの職場でも頑張れ!」と送り出してくれます。

惜しまれて辞められるように、
普段から仕事にまじめに励み、
会社で必要とされる1員であることが、
円満に退職する1つの理由になります。

また、退職の申し出から退職まで、
1ヶ月以上時間がある場合が殆どでしょう。

100%の有休消化ばかりを主張せずに、
引き継ぎ業務などは念入りに行い、
自分が会社に掛ける負担を最小限に抑えることも大切です。

退職とはいえ、どこで今後お世話になるか、
また自分の上司と転職先の上司が知り合いだった!

などという場合もあるかもしれません。

「誠実」な姿勢で対応しましょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る