記事の詳細

Sponsored Link

会社を辞めたいな…と悩み、
会社を辞めることを決意したあなた。

会社にはどうやって辞めることを伝えたらいいの?
とお悩みの方もいるでしょう。

しかし、やめるには、避けられないのが、上司への退職の相談。

今回は、会社を辞める最大の山場とも言える、
上司へ「会社を辞める」スマートな伝え方についてご紹介します。

上司へのベストな伝え方

会社になるべく迷惑を掛けない時期と
迷惑を掛けて申し訳ないことを添えて伝えるのがベストでしょう。

しかし、曖昧にせず、
・辞める時期(できれば日にちも)
・辞めたい理由
をしっかり伝えましょう。

しかし「明日辞めます」はNGです。

最低でも退職予定日の1ヶ月以上前に退職を申し出ましょう。

相談と同時に、「退職願」を出す人もいますが、
まずは相談し、退職日を決定した上で、退職願を書き提出しましょう。

「辞表」と書く人がいますが、「退職願」が正しいです。

「辞表」は役員などのお偉いさんが会社を辞めるときに書くものです。

新人は「退職願」です。

上司はとても気分屋だ、日によって態度が全然違う!という人もいるでしょう。

それなら、日に余裕をもって、
「機嫌の良いとき」に伝えることも大切です。

機嫌の悪い時に伝えると、取り合ってもらえなかったり、
怒られたりする可能性だってあるからです。

Sponsored Link

「勇気がでない」という人へ

「こんな会社、さっさと辞めたい!!!

 でも、勇気が出ない・・・。」

上司は、恐い人で、怒られそうで言えない。
会社で、退職を受理しない傾向にある。

など色々な事情から、
会社を辞めると上司に言いにくい人が居るでしょう。

そんな時は、頼りになりそうな先輩や、
上司に気に入られていたり、一目置かれている先輩に相談しましょう。

その先輩も同席で、
上司へ会社を辞める相談をしても良いかもしれませんし、
先輩から、上司へ一言、先に相談しておいてもらっても良いかもしれません。

上司に会社を辞めると伝えることがゴールではありません。

「会社を辞める」ということを上司に理解してもらい、
受理してもらって初めてあなたが会社が辞めることが出来るのです。

その後は、上司がその上の上司に相談したりと、
手順を踏んで会社を辞めることになります。

言ったらそれで終わりではないことを頭に置き、

あなたから、上司に「会社を辞める」という相談は、
辞めるまでのプロセスではスタートラインです。

さいごに

いかがでしたか?

上司に勇気をもって会社を辞めることを相談できますでしょうか?

伝える時間帯ですが、
あなたの勤務時間外に相談するのがルールです。

就業時間が終わり、自分のその日の仕事が終わった後に、上司に、
相談したいことがあるのですが、お時間よろしいでしょうか?
などと、お伺いをたてましょう。

忙しい上司なら、
「相談したいことがあるので、今日の夕方少しお時間よろしいでしょうか?」などと、
時間を前もってとってもらえるようにお願いしても良いかもしれません。

もちろん、相談したら、引き留められるどころか、

「辞めてくれてよかったよ~!」や「わかったよ」など、
あっさりすぎる承諾やとっとと辞めろオーラを出されても

当然かもしれませんので、心構えをしっかりしてから、相談しましょう。

また、辞めたいけど、辞める時期や辞めようか悩んでいる人は、
新卒、社会人1年目が会社を辞める時期やベストなタイミングは?】の記事も参考にしてみてください。

会社を辞めるときは、自分さえ良ければいいや!と思いがちですが、
辞めると相談してから、1ヶ月は勤務しなくてはなりませんし、
その後引き継ぎ業務や、退職までの手続が待っています。

職場によっては、上司に「会社を辞める」と伝えてから、
課長→部長→支店長→社長など、順番に、上司同席で、
「会社を辞める」ということを、自ら告げなくてはいけない会社も。

もちろん直属の上司に伝えたら、

「翌日から来なくていいよ。」

なんていう会社もあるかもしれません。

 

自分も、上司も、出来るだけ、嫌な思いをせず、
また、会社に最低限の迷惑で済むように配慮して辞めることも大切です。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る