記事の詳細

Sponsored Link

転職を考えた時、もし異業種に転職を希望した場合。

頭に思い浮かぶのが、「資格の有無」ではないでしょうか?

今記事では、
「今の仕事を辞めたい」でも、転職には資格が必要?について紹介します。

転職に資格が必要?

前文にもあったように、転職を希望したのが異業種や、
同業種また仕事内容は一緒であっても、
企業によって、違う仕事も任されることになり、資格が必要なる場合もあります。

筆者の知人は、現在の自分の年収は適性ではないのかもしれない。

「もっと責任のある大きな仕事を任されたい」という気持ちから、
転職を考え、大手建設企業から大手製造企業への転職でしたが、
部門は同じという転職をしました。

スキルアップ・年収アップをした彼は、
同じ部門の仕事だけではなく、決済業務も任されることに。

すると…

簿記3級の取得が必須といわれたのです。

語学が堪能であり、法律の知識があった彼ですが、簿記に関しては素人。

1ヶ月後の資格試験に向け勉強することになったのです。

というように、同部門で仕事内容が同じであっても、付随する仕事を任されれば、
転職と同時に資格取得という場合もあります。

転職を考えた時、事務職などを希望する場合は、
経理・決済などもする場合があります。

日商簿記3級は取得しておいて損はないでしょう。

また、他の知人は、官公庁に勤務していましたが、
やりたかった仕事をするために民間企業への転職を志望。

その際、その企業で応募条件にあったのが、簿記3級保有者でした。

その後彼は、簿記3級を取得。

希望企業への転職は叶わなかったものの。

他社の民間企業の採用試験応募の際にも、
役に立って良かったといっていました。

資格は沢山あれば良いというものではありませんが、
やりたい仕事に就く際に必要に迫られることがあります。

そして、やりたい仕事が見つかったなら、
なるべく早い段階で転職をしたほうがよいでしょう。

なぜ?

それは、「いつかは転職・・・」と考えていても、
そのいつかは、いつになるかわからないからです。

そして、そのやりたい仕事への熱が冷めてしまえば、
不満のある現状の企業で現状の仕事をし続けなければなりません。

やりたい仕事ばかりが良い勤務先ではありませんが、
やりがいのある仕事や充実感の得られる職場で働いた方が、
自身も前向きに、そして気持ち良く働けませんか?

そして、資格取得は畑違いであればある程、早い時期に取得した方がよいです。

なぜなら、1歳でも若い方が、体力も集中力・記憶力があり、吸収も早く、
また学生の時の勉強をするという感覚が残っているからです。

Sponsored Link

転職先で資格が必須だったときのオススメの通信・通学講座

簿記の資格を取るなら、必ず、「日商簿記」を受験しましょう。
始めは3級からです。

大原

簿記だけではなく、宅建や行政書士・医療事務・公務員試験なども
無料で資料請求できます。
教材のみ(書店でも購入可)、通信教育、通学コースなど選ぶ事が出来ます。
筆者は学生時代に大原にて簿記やパソコンの検定を取得。
その後、資格の大原の通信にて、FPを取得しました。
個人的には、教材が見やすいのでオススメです。

タック(TAC)

資格の学校とキャッチコピーのまま、通学して学ぶことが出来、
資格取得では定評のあるTAC。
簿記の他にも、TOEICやパソコンスクールなど幅広く対応しています。

ユーキャン

忙しいアイドルでも資格が取れる!とCMしているユーキャン。
街中や新聞折り込みなどで、チラシをみたことも多いはずです。
幅広い資格や講座に対応しており、ボールペン講座や手話講座など、
生活に役立つ物も開講しています。

アビバ

わかりやすい教材と全国に教室をもつ資格のアビバ。
簿記の他には、医療事務や基本情報技術者なども受講ができます。

通信も、通学も嫌だ!という人にお勧めの簿記の資格本は…。


をまずさらっと読んだ後に…


を繰り返し、繰り返し解きます。

簿記3級に関して言えば、
もちろん通学系の講座に通った方が、取得は早いかと思いますが、
自分で勉強する場合は、100時間を目安に勉強すると合格できます。

テキスト系を中心にせず、
過去問を中心に勉強することが資格取得の近道でしょう。

無料体験や無料資料請求を上手く活用して、
自分にあった勉強方で資格を取得してくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る