記事の詳細

Sponsored Link

「会社を辞めたい…」そう思っても、
会社へ「辞めたい」と報告が勇気が出ない人っていますよね。

「今までお世話になった会社を裏切る気がして…」や
「今後を考えたら…」「辞める工程を考えたら…」など、

会社を辞めるということは、多かれ少なかれ、
不安や、後ろめたさは、誰にでもあるものです。

今回は、
「会社を辞めたい」と勇気がなくて言えない人がどうしたら「辞めたい」と伝えられるか
を一緒に考えていきましょう。

 

あなたが「会社を辞めたい!」と思った理由はなんですか?

・上司と合わないから

・自分にはもっと向いている仕事がある気がするから

・今の仕事にやりがいを感じないから

・同僚とトラブルを起こしたから

・転職を考えているから

など十人十色の理由があります。

どうして会社を辞めたくなったのかという根源の理由をはっりきりさせると、
「会社を辞めたい!」から「会社を辞める!」という決心がしやすくなります。

そして、いざ、会社に辞めると報告するときに、
理由として説明しやすくなります。

決心がついて、理由もしっかりと説明出来るようになれば、
強気で会社に「辞めたい!」と言えますからね。

本当の退職理由は伝えずらい!というあなたは
こちらの記事も参考に【会社を辞める最も有効な退職理由とは?

それでも、まだ、会社に辞めたいという「勇気」が湧かないあなたは、
どうし、勇気が湧かないのか?と考えてみましょう。

なぜ、勇気がでない?

・伝えなくてはいけない上司が恐いから
・辞めると伝えた後の同僚との気まずさが心配
・会社を辞めるということは、お世話になってきた会社を裏切るきがして
・先行きが不安だから

などの理由があるはずです。

上3つについては、気にしていたら会社をずっと辞めることが出来ません。

いつか退職を検討しているのなら通らなくてはならない道です。
勇気を出して、会社に「辞める」と言ってみましょう。

会社を裏切る気がして…と思うのは、
愛社精神がある良い会社員の証拠です。

しかし、自分の今後を考えたり、
自分の夢(転職など)を叶えることも大切です。

失礼ですが、会社はあなたの替わりはいくらでもいます。
あなたの人生はあなただけのものです。

「辞める」と告げ、引き継ぎや退職日までは後ろめたいのは当たり前です。

しかし、退職した翌日、もし会社の様子を見れるなら…
あなたが居なくても何も困らず会社は動いています。

寂しくて泣いてくれる人も、
困り果てる人も居ないのが現実です。

最後の「先行きが不安」から勇気がでないのなら、
勇気が出るような、先行きが万全というところまで、
準備を整えてから退職を切り出しましょう。

上司への伝え方がわからなくて勇気が出ない方は
こちらの【上司に「会社を辞める」とスマートに伝える方法】記事を参考に!

Sponsored Link

辞めた後の転職がまだ決まっていないから

就業しながら、転職活動は非常に大変です。

会社での拘束時間が長く(朝7時出勤で退社は終電、休みは月3日)など、
という激務を要する会社などに勤めている場合は、
転職活動の時間を作れない!というのが事実かもしれません。

退職後に転職活動をして、今より好条件会社に転職が決まるか、
また、転職先に次ぎの就職が決まるまでの期間が
どの位かかるかなど不安は尽きません。

十分な蓄えがない場合は、収入面でも不安になるでしょう。

もし、忙しくて、転職活動に手が回らない場合は、
転職エージェント」などに転職活動をお任せする方法があります。

収入面で不安なら、当面(3~半年分)の生活費を工面してから、
退職するのも手かもしれません。

(自己都合での退職の場合、就業期間にもよりますが、
退職3ヶ月後から失業保険が受け取れる場合があります)

さいごに

会社を辞めたい人は誰ですか?

そうです。自分ですよね。

辞めたいと言った後が不安だったり、転職活動が不安だったり、
不安は誰にでもあって当たり前だと思います。

しかし、1歩踏み出さないことには、退職は出来ません。

自分自身に不安要素がある場合は、それを解決してから、
会社に伝えることが、ただただ不安な場合は、思い切って伝えてみましょう。

言わないことには、先へは進めません。

案外、言っていまうと気が楽になりますよ。

勇気を持って、「会社を辞めます!」と伝えてみてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る