記事の詳細

Sponsored Link

一世代前は、終身雇用が当たり前でした。

新卒で勤めた会社に、定年までお世話になり、定年後は年金で暮らす。

しかし今は時代が変わり

勤めていた会社がある日突然の退職で職を失った。
勤めた会社が人情の欠片も無い会社で体を壊し転職をすることになった。
今の職場よりもっと充実した職場を目指し転職を希望している。
親の介護で現職を離れ時間の自由な職への転職を希望することもあるでしょう。

転職は人それぞれ理由や目的は違うかと思いますが、成功させたいですね。
今回は、転職で成功する人はどうしているか、また失敗する人はどうしているかをご紹介します

失敗する人に多い特徴

前職を辞めたい!というだけで、次の転職先を何も拘らずに決めた場合

ただただ前職に不満を感じ、何も考えずに次の転職先を決めてしまった。

そんな無計画な転職は、失敗が多いです。

次の転職先も、前職同様「こんなはずではなかったのに…」と思いながら働くことが予想されます。

前職で不満があったことは次の転職先ではないか確認をしたり、
前職より自分がやりがいを感じるなどプラスになるような転職先を探すようにしないと

また、転職したい!」になりかねません。

・次の転職先を給与重視で他は拘らないなど、偏った希望で決めてしまった場合

前職は給与が低い事が不満で退職した。

次の転職先は、給与が高給であればOK!と職種や仕事内容を全く加味せず、
高給だけに決めた場合は、いざ転職先で仕事を開始した時に「こんなはずでは無かった…」と思う確率が高いかもしれません。

あまりに高給な仕事は仕事内容もそれに見合ったものであることを肝に銘じて、

転職先で仕事に取り組みましょう。

成功する人の特徴

前職の経験を活かせる分野の転職先である

未経験な転職先は新しいスキルは身に付くものの、新卒気分で転職をすると、
転職先では、新卒ではなく転職者として扱われるので、働き手と受け入れ手のギャップが発生します。

ですが、一部前職のスキルが活かせるなどの分野であれば、
気分的も楽であるし、転職先でもスムーズに転職先に馴染めるかもしれません

転職する時期がいい

前職の退職時期と転職の先の入社時期を閑散期に行うといいなど、転職する時期にも関係がありようです。

前職を辞める時に前職が繁忙期だと、前職から気持ち良く送り出してもらえない場合があります。

また、転職先への就職時期が繁忙期にぶつかると、
転職先もバタバタしていたり、上司や教育担当も転職者の教育どころではない状態での転職になります。

閑散期に転職すれば、前職からも気持ち良く送り出してもらえる場合も多いですし、
転職先でも、最初の教育や受け入れもじっくりと行ってもらえうる場合が多く、転職がスムーズに出来ます

Sponsored Link

転職先の業種研究や企業研究をしっかり行っている

転職で成功している人のほとんどは、求人票だけで転職先を決めるのではなく、
転職先の業種研究や企業研究をしっかり行ってから転職しています。

新卒の時はしっかり事前に研究してから、受験をすることが多いようですが、
転職となれば、学生と時のように転職活動にじっくりと時間割けない場合も多くあります。

よって、いざ転職した場合、下調べ不足で「希望と違った!」が発生しかねません。

転職であっても、面接で受けた印象を大切にし、
内定承諾前には、しっかり調べてから承諾するべきでしょう。

成功するための秘訣

宝

計画的に」「拘って」「きっちり調べる」が転職にも欠かせないと思います。

新卒の時より、転職の方が、実際社会人をしてみて、感じたことや経験があるので、
面接では前職のここに不満があったから質問したり実際見てきたり、

福利厚生はここは外せないや、○○には拘りたいや、前職よりステップアップ出来る事など拘る必要があります。

無計画な転職は、転職してから「やっぱり違った!」「また転職しよう!」になりかねず、

転職癖がついてしまいます。

転職は悪いことでは無いのですが、
次から次への転職は、スキルが身に付いてステップアップの転職ではなく、
ただただ飽き性での転職や無計画な転職者となり、段々優良企業への転職が難しくなるからです。

転職するなら、「この職場でなら長年働ける!」「やりがいが感じられる!」など、

事前にしっかり調べ、計画的に拘って転職しましょう

最後に

転職は「夢」を叶えるというより、「現実」をわきまえて転職することが望ましいです。

中には「夢」をかなえる為に仕事をしながら勉強したり、資格を取得し、
いざ「夢」だった職種への転職!をする場合もあると思いますが、

社会人経験を活かし、「夢」ばかりを追って転職するわけではなく、
その職種の中でも、「現実」的・客観的にみて、転職する企業を見極めましょう。

同業種への転職より、未経験の転職の方が、転職後のスキルを新しく身につける分、
仕事の充実は図りやすいかもしれせんが、

悪条件の企業への転職をした場合は負担も大きくなります

しっかり転職先の企業を見極め「現実」を見て考えた上で転職しましょう。

自分にあった仕事がわからない方は、【自分に向いてる仕事が分からない時の見つけ方】の記事を読んでみてください。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る