記事の詳細

Sponsored Link

就活には、スーツ・革靴・バッグに腕時計。

特に腕時計は、袖口から目立ちますし、
皆違うものを選びますので、迷ってしまいますよね・・・。

今回は女性の就活にオススメの腕時計をご紹介します。

男性の就活にオススメ腕時計は
こちらの【就活での腕時計の必要性と選び方の基本】 の記事を確認してください。

女性の就活用、腕時計の選び方

ベルトの色や素材

女性の就活中の腕時計は、「華美でないこと」「質素であること」を基準に考えてください。

ベルトの素材は、金属でも皮でもOKです。

ベルトの色は、
金属ならシルバーやピンクゴールド。
皮なら、黒・茶・ベージュなど落ち着いた色が好ましいです。

金属素材なら、シルバー・ピンクゴールドと幅広く選べますが、
ブラック系のシルバーやゴールドは避けましょう。

ブラック系のシルバーだと、
女性らしさが感じられずごつい印象になります。

ゴールドは、煌びやかな印象で、
「華美でないこと」にひっかかると思ってください。

また、ビニールやエナメルなどの素材は、避けて下さい。

ビニール素材やエナメル素材は、カラーは豊富なので
黒や茶なら平気でしょと思うかもしれませんが、カジュアルな印象な与えます。

スーツには不釣り合いです。
もちろん、ビニール素材のスポーツウオッチはNGです。

男性に比べ女性の腕時計は、ファンション性も高く種類も豊富に売られています。
シンプルなものを選びましょう。

ストーンが沢山着いていたり、ラメが入った素材は、
華美に見えるだけではなく、とても袖口から目立ちますのでNGです。

時計の文字盤

文字盤は、アナログにしましょう。
デジタルのものは、スポーツウオッチなどになるので、避けてください。

文字盤の色は、ゴールドなど、よほど華美でなければ何色でも大丈夫です。

ピンクやホワイト・スカイブルーなどがよいでしょう。
ブラック・紺・茶・オフホワイトの文字盤でも良いです。

ベルト同様に、ストーンやラメが入った文字盤、
また、文字盤に大きくモチーフが書かれたものは避けて下さい。

スーツには不釣り合いですし、これも袖口からとてもよく目立ちます。

文字盤は何色でもいいんでしょ?じゃぁ赤は?

どうでしょう?

限りなく茶に近い赤ならOK(えんじ色・レンガ色)かもしれませんが、
原色の赤や朱赤は避けた方が良いでしょう。

ファッショナブルに感じるかもしれませんが、
華美だと感じられてしまうかもしれませんので、就活には不向きです。

Sponsored Link

おすすめのブランド

ハイブランド時計は避けましょう。(カルティエ・グッチ・オメガなど)

腕時計は就活が終わっても社会人なら使い続ける人が多いです。

「社会人になったら、もう少し個性的なものや派手なものがに買い換えたい!」
と考えるなら、安価なものを長くその後も使いたいなら、
それなりのお値段のものを買っても良いと思います。

出来れば、セイコーやシチズンなど、
時計メーカーとして有名であり、
ブランドであっても、価格帯も幅広く、
また親近感がもてるブランドが良いと思います。

じゃぁ実際どんなものがいいの?

予算別に、ご紹介します。

1000~3000円

3000~10000円

10000~30000円

30000~50000円

「ありきたりなものはイヤ!もっとファンション性のあるものがいい」
という人は、アニエスベーやケイトスペード、ポールスミスなども、見てみましょう。

もちろん華美なデザインはNGですよ。

さいごに

女性は、シルバーよりピンクゴールドを選ぶ方が多いですが、
選ぶ際には、反射でキラキラとしたゴールドに見えないかを基準に選んでください。

ピンクゴールドでもあまりに、不自然に光るものは避けた方がよいと思います。
カワイイやおしゃれいう観点ではなく、落ち着いているかを基準にします。

もちろん、「就活にふさわしいものは私には好みじゃないわ。」
という人もいるでしょう。

そんな人は、お手頃なものから選び、
就職してから会社の雰囲気をみて、買い換えても良いと思います。

普段から男性は時計をして当たり前と習慣づいている人が多いですが、
女性は、ファッション性でつける傾向が高く、中には、つけないという人もいます。

普段はスマートフォンの時計で時間を確認していると思いますが、
就活では
スマホを出して時間確認は絶対NGです。

腕時計で確認する習慣づけをする為にも、
就活中だけではなく、普段からつけると良いと思います。

あなた好みの就活にふさわしい時計を選んでくださいね♪

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る