記事の詳細

Sponsored Link

企業から掛かってきた電話にでたら…
担当者に叱られた。

そして…不採用に。

そんな話はただの作り話?

信じるか信じないかはあなた次第。

今回は、電話の受け方ひとつで不採用になる!?をご紹介します。

電話対応で不採用になることってあるの?

企業からの電話対応で、
本当に不採用になることがあるのか?

答えは、「ある」と思います。

あまりに非常識な対応をした場合は、
「我が社にはふさわしい人材ではない」
と判断され、

内定取り消しも十分あり得るでしょう。

どんな対応がダメなの?

「非常識」と思われる対応がダメですね。

上からと感じる言葉や、タメ口。

そして、逆ギレなど。

不快感を感じる態度や言葉はいけません。

そんな事するわけないでしょ?

いえいえ。

とっさのときに「ポロッ」と出てしまいます。

どうすれば、いいのか?

それは普段から

相手に不快感を与えるような
行動や態度、言動をしないことです。

そうすれば、大丈夫です。

 

普段の素の状態が「ポロッ」と出るので、
普段から気を付けましょう。

 

例えば、

・知らない番号から電話を受けたときに
「あんた、誰?」

・再度確認したいときに
「え?もっかいいってくれる?」

・会話が聞こえなかったとき
「はぁ?なにいってるかわかんないんだけど」

・何を言ってるかまったく聞き取れないときに
「だからさ~聞こえないっていってんだろ!!」

・日程調整をしているときに
「あーその日はね、○○の用事があるから無理だわ」

など、

とても社会人とは思えぬ
言動や態度をした時に考えられます。

こんな、誠意のかけらも感じないような応対をされれば、
いくら相手が学生とはいえ、

企業側の許容範囲を超え、
「不採用」となってしまうでしょう。

また、言動のひどさだけではなく、
「ありえない嘘。」なども該当します。
嘘つきは信用出来ません。

バレバレのどうしようもな嘘を平然とつく人とは、
誰もが一緒に働きたくはありませんし、
信用できませんから、仕事も任せられません。

それと、
不在着信が合った場合の対応にも
十分注意する必要があります。

こちらで合わせて勉強しておきましょう。
⇒【就活電話マナー:不在着信への折り返し方

Sponsored Link

NGな電話の受け方の例

就活生:
「はい、もしもし」

(まず、名乗りましょう。
「はい。○○です。」)

企業:
「株式会社○○の○○と申します。
○○さんの携帯でしょうか?」

(自分から名乗れば、
企業側から確認されることはありません)

就活生:
「そうですけど、何か?」

(「先日はありがとうございました。
何かご用ですか?」など丁寧な言葉で)

企業:
「今日は選考の件でお電話させて頂きました。
○○さんは○○の選考に通過とさせて頂きました」

就活生:
「…。はぁ。」

(無言はいけません!
「ありがとうございます」
など喜びを伝えましょう。

これでは、入社したくないのかな?
と意欲が無い人と思われてしまいます。)

企業:
「次の面接なのですが、
○月○日の○時に前回の面接と
同じ本社にお越し頂けますか?」

就活生:
「いやー、その日は無理ですね」

(もし既に予定がある場合は、
申し訳ありませんが先約が入っておりますので、
お日にちを変えて頂けますか?など)

企業:
「では、○月○日の○時はいかがですか?」

就活生:
「多分大丈夫です」

(社会人の約束に「多分」はあり得ません。
「必ず」しかないのです)

企業:
「そうですか。
もしご都合が悪いようでしたら
遠慮なくご相談くださいね」

就活生:
「あ、そうですか」

(ありがとうございます。
「相談させていただくかもしれませんが、
よろしくお願いいたします」などと答えます)

企業:
「では、○月○日お待ちしております」

(企業側に復唱の再確認される前にこちらでしましょう)

就活生:
「はい、どうも。
【終話】ブチっ!ツーツー!」

(○月○日お伺いさせて頂きます。
「お忙しい所お電話ありがとうございました」などと答え。

企業側が終話したことを確認してから
終話ボタンを押します。

こちらから先に切ってはいけません。)

 

上記は、あくまで【例】ですが、

この就活生は「意欲」が感じられず、
また企業側にとても失礼な態度の受け答えをしています。

筆者なら、
こんな就活生を部下には、
迎えたくありません。

企業は、
親や先生・友達ではありません。

別に新入社員は、
あなたでは無くても良いのです。

代わりはいくらでもいます。

意欲の感じられる、
明るく礼儀正しい対応をしてください。

と言っても、「ちゃんと対応できるか不安・・・」と言う方は、
こちらの【【就活】正しい電話マナー:受け方から切り方まで】をシッカリ確認しておいてください。

さいごに

いかがでしたか?
「電話の受け方ひとつで、
 不採用になるわけないじゃん!」
と思っていた方。

少し危機感を感じて頂けたでしょうか?

厳しい言い方になりますが、
「電話の受け方で不採用なるわけないじゃん!」
思っている人ほど、

電話の受け方で不採用になる確率が高い
認識が甘く非常識な人だと筆者は思っています。

 

程よい危機感を感じ、
どの様な場面であっても
「誠意」を持って対応してくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る