記事の詳細

Sponsored Link

” 顔の印象を大きく左右する眉 “

あなたはどんな眉を普段していますか?

太め?または細め?

アイブロウの色は?

就活の時の眉はどんな眉が良いのでしょうか?

今回は、就活の時の眉の書き方と、目の印象を左右するマスカラの選び方をご紹介します。

 

女性の眉毛はどうするべき?

眉毛の色ですが、アイブロウは、焦げ茶を選ぶのが良いと思います。

黒髪に茶色?と思うかもしれませんが、
黒色のアイブロウは眉の印象を強くし過ぎますし、
目元がきつくみえがちだからです。

また、アイテムですが、
ペンシルタイプ・リキッド・パウダーなどがあります。

ふんわりナチュラルな印象を与えるのは、やはりパウダータイプです。

整えた眉に、まず薄い色を全体にのせたら、
中心に、濃い色のパウダーで、形をより整うように、眉を描いていきます。

眉尻が足りない!」という時には、ペンシルタイプも併用しましょう。

パウダーは苦手!という人は、ペンシルタイプで、
眉を1本1本書き足すような感じで、左右の眉のバランスを見ながら描いていきます。

ペンシルもパウダーも、左右のバランスを見ながら、少しずつ描くのがポイントです。

私眉毛がすごく濃いので描く必要はない!という人もいるでしょう。

そんな人は、眉の形を毛抜きやはさみを使い整えましょう。

眉マスカラを使って、カラーを少しダウンさせてもまた印象がかわります。

眉尻だけを書き足してもOKですが、
いかにも「眉尻だけ描いてます!」とわからないように書き足してくださいね。

形は、緩やかなアーチを描くように描きます。

鋭利な眉や眉山に角度をつけすぎたりしないように注意しましょう。

Sponsored Link

マスカラはどうするべき?

マスカラは、基本はブラックですが、
ブラックが苦手という人は、ダークブラウンなどを選んでも良いでしょう。

ビューラーでまつげをカールさせ、根元から毛先に向け塗っていきます。

ダマにならないように、
塗りすぎてひじきのようなマツゲにするのは辞めましょう。

おすすめは、繊維の入ったものより、
フィルムタイプのものが皮脂で落ちにくくておすすめです。

ウォータープルーフのマスカラでも良いでしょう。
つけまつげが無いと落ちつかないの!という人もいるかもしれません。

もし、つけるなら、あまりバサバサとしたものではなく、
ナチュラルなものにしましょう。

ハーフのものや部分つけまつげを目尻にだけつけるなど、
「つけまつげ付けてます!」となるべくわからないものをつけてください。

つけまつげがダメではないのですが、
「つけまつげ=ケバい」「厚化粧!」と感じる中年の面接官に遭遇すれば、
不利になるかもしれません。

逆に、マスカラは、苦手です!とう人もいるでしょう。

一重の方は、「まぶたにつくかもしれないから…」などという理由で
控えたい人もいるでしょう。

ビューラーでマツゲをカールさせて、
クリアのマスカラで、形をキープするだけでも良いですよ。

最後に

眉毛と、マスカラで顔の印象ががらっと変わります。

今流行の、太眉は、ナチュラルな就活向きの眉とは
同じ太めでも違いますので注意が必要です。

マスカラも目を大きくぱっちりと見えますが、
極度にマスカラを塗り重ねロングなマツゲにしたり、
バサバサつけまつげは、就活向きではありませんのでこれも注意が必要です。

就活生は、おしゃれ感(今時か)や、目の強さを問われてはいません。

清潔感・さわやかさなどを問われています。

清潔感やさわやかさ、誠実さが今の自分のメイクにはあるか?
を客観的にみてみましょう。

メイクの厚塗りは厳禁ですよ。

眉毛をかかない・マスカラを塗らない派の人もいるでしょう。

そんな人は、その1つのパーツのメイクをしないことによって、
全体のお顔のバランスが悪くなっていないかをみてみましょう。

眉毛をかかないなら、その眉にあったナチュラルなアイメイクを。

マスカラを塗らないなら、アイラインやアイシャドウも
それに似合うように調節が必要です。

自分のお顔をより、自分らしく、メイクで表現してみてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る