記事の詳細

Sponsored Link

就活の面接で、避けて通れないだろう「圧迫面接」。

圧迫面接は割と得意ですという人は少ないですよね。

今回は、就活での圧迫面接の対応策をご紹介します。

攻略法ですので、圧迫面接が苦手!という人はご一読下さい。

圧迫面接の対応策

圧迫面接の対応の基本は、
「動じないこと」「冷静に対応すること」です。

間違えても、圧迫面接の雰囲気に乗せられて、
泣き出したり、逆ギレは避けましょう。

「動じない」

面接官にキツイ一言を言われたり、ネチネチを同じことを掘り下げて質問されたり、
話の揚げ足を取られ続けても、「動じない」ことが大切です。

泣き出したくなったり、逃げ出したくなることもあるでしょう。

逆にふざけんな!と、逆ギレしたくなることも。

しかし、それは圧迫面接のワナにはまるのと同じです。
自分のことを伝えるんだ!と、自分の言葉を伝えることに専念しましょう。

「冷静に対応」

感情を取り乱してしまっては、
判断能力のない人や精神的に弱い人と見られてしまいます。

自分のペースで面接しよう!と
深呼吸して落ち着かせ、冷静な対応をしましょう。

慌てたり、困った顔をせず、私の(僕の)話をちゃんと聞いてね?と思い。

自分のペースで面接を展開します。

「毅然とした態度で」

圧迫面接をされると、面接される学生は面接官が恐ろしく見えたり、
威圧的にみえたりと、気分を害されます。

もちろん、気分を害する為の圧迫面接なので当たり前ですが…。

気分を害される発言や行動をされても
「平気ですよ」という態度を示しましょう。

攻略の鍵

面接官の気持ちや態度をあまりに気にしすぎないことです。

圧迫面接は、面接官の演出です。
あなたの本質を見抜くための演技をしているのです。

心の中では、
「あ…困った顔をした、泣き出しそうだ、かわいそうなことをしたな」
と思っているかもしれません。

しかし同情を買うような面接では、その面接は通過できません。
同情されても、内定はくれないからです。

社会順応性をみているので、私は、社会人になっても、
めげずに、ぐじけず、仕事を頑張っていけますよ。という姿勢を感じられる、
学生に内定を出します。

面接官は、僕を(私を)困らせる演出をしてくれているんだ。
面接官の仕事も大変だな~。
台本とかもあるのかな?なーんて、考えると、
圧迫面接も、へっちゃらになりませんか?

Sponsored Link

気をつけたいこと

感情をむき出しにしたり、取り乱したりしないこと。

また、圧迫面接の面接官に、面接中に仕返しをしようとする学生もいます。
やられたら、やり返す!でもいいのかもしれませんが…。
どうでしょうか?
面接官は、採用面接という1つの仕事の中で、演出として「圧迫面接」をしています。
本心では違うことを思っているかもしれません。

それなのに、学生は真に受けて取り乱したり、仕返ししようとすれば…?

そうです、良いお返事はもらえませんよね。
そんな人とは翌年から同じ会社の仲間として働きたくないからです。

冷静に対応してくださいね。

さいごに

いかがでしたか?

圧迫面接の対応策はわかりましたでしょうか?

一言で言うと、

「圧迫面接」は演出だから、真に受けるな!

ということです。

千と千尋の神隠しで、湯ばあばが千尋に、
仕事を与えるとき、千尋は「働かせてください!」
だけを必死で訴えます。

senyubaba

あれも、圧迫面接に打ち勝った瞬間でしたよね(笑)

筆者も新卒の面接で、圧迫面接を経験されたことがあります。

「うちの会社は、仕事が辛いよ?
君のような事務職になれそうな資格を沢山もった学生なら、
事務職になったほうがいいんじゃないの?」

「お客さんからのクレームは精神的にきついよ。耐えられるの?
違う会社を受けたほうがいいんじゃない?」
など、何度も言われ…正直ダメだなと思っていました。

しかし、「この会社で働きたい!」意思を強気で伝え続けました。

すると、採用されたのです。

圧迫面接で、きついことを言っていた上司は実はすごく優しい上司でした。

圧迫面接は、演出なのです。

演出と思えば、この人って実は優しいのかも?
なーんて思えば、怖くなくなりますね。

もっと詳しく知りたくなった人は、
こちらの【圧迫面接の良くある質問とその対応例文】も是非、読んでくださいね。

あなたの成功の力になるはずです!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る