記事の詳細

Sponsored Link

面接の日の朝起きたら…。
約束の時間には到底間に合わない時間だった!

これは、焦りますよね。。。
想像しただけでゾッとします。

どうしていいかパニックを
起こしてしまう人もいるかもしれませんね。

そんな人の為に今回は、
就活面接の当日寝坊した時の言い訳や謝罪方法をご紹介します。

寝坊した時の謝罪方法

「寝坊して間に合わない!
 だったら開き治って2度寝しちゃえ!」
思いたくもなる気持ちもあるでしょう。

しかし!!

その前に、まず寝坊して間に合わないことを、
謝罪の電話をしましょう。

もし、約束の時間を過ぎていたとしても!!です。

そして連絡は必ず電話で行いましょう。

急いで出発して、
ギリギリでも間に合いそうなら、
約束の時間までに頑張って向かいます。

急いで出発しても
10~15分くらい遅刻しそうな場合は、
遅れることを担当者に電話します。

Sponsored Link

もう約束の時間を過ぎてる場合は、
起きたらすぐ電話してください。

担当者はあなたのことを待っています。

既に面接の約束の時間を
何時間も過ぎている場合…。

担当者はカンカンに怒っているかもしれません。
無断欠席したのです。

電話しずらいでしょうが、
勇気を振り絞って電話しましょう。

言い訳しても平気?

「急に具合が悪くなって…」など嘘をついたり、
「交通機関が…」
「向かい風が凄くて…。」
などと言い訳したくなる気持ちもわかります。

使えるのは1番最初の
「体調不良」かもしれませんが、
約束の時間を過ぎていれば、
そんな言い訳も通用しません。

本当のことを言いましょう。

「寝坊してしまい、お約束の時間に
 お伺い出来ませんでした。
 大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と。

失敗は誰にでもあります。

嘘や言い訳をする人とは、
誰もが一緒に働きたいを思えません。

勇気を振り絞って電話しましょう。

一番ダメなのは、
無断欠席や音信不通です。

社会人として最低の行為です。

寝坊しても内定貰えた人っているの?

どんな場面でも、
自分のプラスに変えるにはどうしたらいいか。

それは、一生懸命であること。
誠意をもって対応することです。

寝坊で面接に行けなかった。

または遅刻した人で、内定をもらえた人が
存在するか?

統計データはないですが、0ではないと思います。

どうしてか?

「寝坊」をいう失態を、
チャンスに変えた場合です。

どんな対応をするのか?

 

①まず、起きて寝坊した!!
遅刻決定だ!と判明した時点で、
担当者にすぐ電話します。
(事前に連絡先を調べておく癖をつけておきましょう)

 


担当者に電話が繋がったら、
まず寝坊し、遅刻することを丁重にお詫びします。

そして、何分遅れるのか、
また何時頃なら出向けそうなのかを伝え、
面接のチャンスをもらえるようにお願いしましょう。

 


○○日○時になら面接OKですよと、
チャンスをもらえたら、お礼をいいましょう。

(もしチャンスがもらえない!もう面接に来なくていい!といわれた場合は、「ご迷惑おかけし大変申し訳ありませんでした」と再度おわびします。)


面接の日時が後日だった場合は、
面接の日程変更のお礼のメールをその日のうちに送ります。

同日だった場合は、
時間に絶対に遅れないように向かいましょう。

2度目の失敗は許されません。

 


面接に伺ったら、
まず、前回の面接を寝坊で休んだことをお詫びします。

 

⑥面接が終わって帰宅したら、
面接をしてもらったお礼のお手紙を書きましょう。
メールでも大丈夫ですが、
出来れば、手書きが良いです。

 

対応次第では、
遅刻した人から失敗をチャンスに変える人
と見てもらえ、内定をいただけるかもしれません。

さいごに

いかがでしたか?

「私は、寝坊したらすぐに電話なんて無理!
寝坊をした時点で面倒で辞退したくなっちゃうよ!」

という人は、就活:面接当日に電話で辞退を伝える方法(例あり)を参考にしてください。

寝坊はしないに越したことはありません。
前日に緊張からか眠れない。

そんなこともあるでしょう。

下調べをしていたら、
夜更かしになってしまった。

そんなときもあります。

ピンチをチャンスに変える力を養ういい機会だ!
思い対応してみてください。

でも、寝坊で失敗していいのはたった1回です。

寝坊しないように普段から
早寝早起きの習慣を身につけましょうね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る