記事の詳細

Sponsored Link

「就活のメイクも普段と同じで大丈夫でしょ!」というあなた。

要注意かもしれません・・・。

「アイシャドウはいれなくても大丈夫でしょ!」
というあなたも要注意です。

就活は基本的にノーメークはNGです。

しかし、濃すぎるメイクもNG。

社会人として、TPOに合ったフルメイクをすることが
就活には求めれています。

お顔にあった、就活にふさわしいメイクを心掛けて下さい。

今回は、就職活動のメイク、アイシャドウについての続編です。

アイシャドウの選び方については

こちらの記事も参考にして下さい
就活の面接メイク!アイシャドウの選び方!おすすめの色は?

20120817072403-1152-6_raw

就活の時のアイシャドウの引き方

まず、アイシャドウを引く前に、アイラインを引いておきましょう。

アイラインは、細めに(ペンシルでもリキッドでも可)
マツゲの隙間を埋めるように、引いておきます。

アイラインを引いてから、

まず、アイホールにベースのカラーを
(ベージュやイエロー・薄ピンクなどの薄い色を)全体にのせます。

次ぎに、アイラインの上から目尻にかけて、
ポイントとなる濃い色(ブラウンやピンク、グレーなど)をのせます。

ポイントは、グラデーションになるようにのせることです。

3色・4色のパレットのアイシャドーを使う場合は、
ベース→目頭→目尻→アイラインの上
(目頭から目尻に向かっていれる)と、
上手く、グラデーションを作ることが出来ます。

のせ終わったら、ぽんぽんと指でなじませると良いです。

注意するポイント

涙袋や目頭のハイライト

涙袋やハイライトを普段から入れていて、
「入れないと落ち着かない!」という人もいると思いますが、

ホワイトパール系のハイライトを使用する場合は、
普段より、少し控えめに入れるようにしましょう。

ナチュラルなハイライトを心掛けます。
(就活メイクに入れすぎは浮いてしまいふさわしくありません)

濃すぎるアイライン上のダークカラー

目をくっきりさせる、お顔を引き締めてくれる
ダークカラーのアイシャドウ。

しかし、濃く入れすぎるのが、
若々しさやフレッシュさを失うので、注意が必要です。

ダークカラーを入れないとお顔がぼけてしまいがちですが、
濃く入れすぎはケバくみえるので注意です。

ブラシやチップを動かす方向

ブラシやチップは、
目頭から目尻に向かって動かすのが基本です。

ダークカラーは逆に
目尻から目頭に動かすと入れすぎてしまいます。

Sponsored Link

ラメは厳禁

大粒のラメは厳禁です。

しかし、カラーだけというアイシャドウはあまりないですし、

華やかさにかけるので、
細かいパールの入ったものを選びましょう。

大粒のラメは、カジュアルな印象になりますし、
目元がキラキラしすぎて就活には不向きです。

眉・アイラインとのバランスを取る

眉を太めに描く、濃いめに書く方がお顔に似合う人も居るでしょう。

逆に、眉は控えめに描いた方がお顔に似合う人も居ます。

眉とアイラインとのバランスを取って、
アイシャドウを入れる濃さや色味を選びましょう。

眉もアイラインも引かないのに
アイシャドウだけ濃く入れる!ではお顔のバランスが取れませんし、

せっかく入れたアイシャドウが引き立ちません。

最後に

いかがでしたか?

「いや、こんなの常識ばかりで何の参考にもならないわ!」
と思った女性もいるかもしれませんが、

一度リクルートスーツを着て、メイク、髪型、
全体の雰囲気は、自分らしさが出た、
就職活動にふさわしい外見かを確認してみて下さい。

客観的にみて、
自分はこの外見の学生と一緒に働きたいかを見てみましょう。

顔立ちが美しいとかスタイルが良いだけが第一印象ではありません。

明るい雰囲気があるか、透明感があり健康そうであるか、
若々しく活発な印象を受けられるかなども大切なポイントであり、
美形が全てではありません。

私は、顔立ちが良くないからなどと悲観的にならずに、
逆に顔立ちが良くないなら、愛嬌のある顔になれば良いのです。

明るくニコニコとした愛嬌のある学生の方が、
美形でむすっとした高飛車な印象を受ける学生より、
ずっと魅力的ですし、採用可能性はぐっと高くなりますよ。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る