記事の詳細

Sponsored Link

エントリーシートをまず通過させないことには、採用面接へコマは進められません。

しかし、何通エントリーシートを提出しても通過出来ない人がいます。

何が悪いのか・・・自分でも困ってしまいますよね。
「また、落ちてしまった。」を避ける為に
今記事では、エントリーシートの落ちる人の特徴と落ちないポイントを紹介します。

エントリーシートを通過させたい人はこちらも参考に【エントリーシート(ES)の通る人、通らない人の違い】

落ちる人の理由

エントリーシートも、ぱっと見の第一印象が大切です。

段々、右肩上がりに、文章が書かれていたり、
文章がぐにゃぐにゃと曲がっていたりすれば、読んでいる方が酔ってしまいそうです。

そんな、ぱっと見の第一印象が悪いエントリーシートは、 読まれず足切りされてしまうかもしれません。

字は丁寧に、また、まっすぐ書きましょう。

用紙の下に、罫線の入った下敷き(便箋などについているものなど)を使って、
その線をガイドに使ったり、薄ーく鉛筆などで、罫線を引いてから書くと良いかもしれません。
(提出前に、罫線は消しましょう。消し忘れに注意です。強く消しゴムをかけて、紙を破かないようにしてください)

また、写真を貼るや○○はこう記入してください。と指定がある場合は、 その指定をしっかりと守りましょう。

守れていない人は、その時点でエントリーシートが足切りされるかもしれません。

社会人は基本的に読んでいなかった、忘れたは通用しません。
企業側からもらった資料には、一通り目を通し、特記事項は必ず守ります。

Sponsored Link

よくやりがちな失敗

修正テープを多用する

基本的に、エントリーシートは間違え、修正テープはNGです。

間違えないように、細心の注意を払い、気合いを入れて記入しましょう。
少々の修正は許される場合もあるでしょうが、間違えたら、最初から書き直すのが基本です。

シャチハタを使う

「印」と書かれているのところに、シャチハタはNGです。 印鑑に朱肉をつけ押しましょう。

パソコンで印刷

いちいち手書きは面倒だから、パソコンで入力印刷~。という学生も増えています。
実際にパソコンで印字したエントリーシートでも通過出来る場合があります。

また、手書きではなく、パソコンで印刷指定のエントリーシートもあります。
指定がなければ、手書きが無難でしょう。

採用担当者が手書きを重視する人なら、まずパソコンで印字すれば、即足切りです。

黒のボールペンで書く

黒・又は青可と言われていますが、実際は、黒のボールペンで記入しましょう。

色で目立つより、丁寧でキレイな文字で、また、構成が美しいエントリーシートの方が好印象です。

書類の不備

「○○を添付してください。」や「折り曲げないでください」など指定があるにも関わらず、
無視すれば、書類の不備で、足切り決定です。

落ちない為には

まずは、ぱっと見て、読みたくなるような印象を受けるエントリーシートを作成しましょう。

沢山文字を書きたいところですが、3~4行で1度改行を取るようにしましょう。
長くダラダラと続く文章は読み手にとっては、とても読みづらく頭に残りません。

枠内にギチギチに詰め込んで書くより、左右には多少の余白をとりましょう。
(しかし小さすぎる字は読みづらいです)

内容は、オリジナルのものを。
(他の企業に提出した、エントリーシートの文章を使い回して、企業名を間違えるのだけは辞めましょう)

まず、最初に結論を書きましょう。
そして、何がいいたいのか、何を思っているのかが、伝わりやすい文章を心掛けて作成しましょう。

書いて満足ではなく、読んだ相手はどう思うかを考え読み返してみましょう。

検討を祈ります。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る