記事の詳細

Sponsored Link

就職活動で、記入が1番大変!ともいえる、エントリーシート
多い学生では、何百をいう企業にエントリーシートを提出する、つわものも存在します。

そんなエントリーシート。
あなたは、楽しく記入していますか?いませんよね。

楽しくとはいいませんが、自分は何が伝えたいのか、
また、企業側はこの設問はどんな意図で質問を投げかけてきているのかに注視して作成しましょう。

まずエントリーシートを突破しないことには、面接にはたどりつけません。

自分は、こう思っています。こうなりたいです。」など、はっきりをわかりやすく記入しましょう。
今回は、エントリーシートについて紹介します。

エントリーシートとは

自分を企業に売り込むための資料です。

自分は希望する企業についてどう思っているか、
またどんな人材なのかを、書面で、記載するのが、エントリーシートです。

エントリーシートは、企業ごとに設問が違うので、
「いちいち毎回違う回答を考えるのが大変!」と嘆く学生も多いのですが、
この、エントリーシートの次第で、次の書類選考や面接に進めるかがかかっているのです。

繰り返し、沢山の企業に応募するうちに、慣れてきて、だんだん早く作成できるようになってきます。
面倒だからや大変だから、といわずに、どんどん応募しましょう。

エントリーシートが「おおっ!」と、採用担当者が唸るような内容を記載できる学生は、
履歴書への記載も唸る内容がかけると思います。

逆に面接は得意なのに、エントリーシートの記入が苦手という人でも

エントリーシートは、その企業へのファーストコンタクトになり、
そこで、大半の学生が足切りされます。

Sponsored Link

気合をいれて、記入しましょう。

企業の目的とは

企業側は、エントリーシートを見て、
この学生は、わが社に適した人材である可能性があるか?を見ています。

簡単に言えば、足切りする材料ですね。

面接する価値のある学生かを見極める材料としてみています。

10人採用の募集なのに、人気企業では、何千人もの学生が応募します。
多いときは、1万人とも言われています。

1人1人、面接する時間は企業はありません。
グループ面接でも、時間は足りないことが予想されます。

そこで、エントリーシートを見て、
この学生は、わが社のは適正ではないな」と思った学生は足切りします。

エントリーシートをちゃんと記入しないと、面接にも進めないということですね。

注意するべきこと

誤字脱字をしない

基本ですが、企業ごとに質問ないようが違うエントリーシート。
文章の使いまわしは基本的に出来ません。

よって、確認忘れや、確認したにも関わらず、見落としということもあるでしょう。
書き終わったら、まず確認しましょう。

内容が理解不能

結局何がいいたいの?という文章では足切りされても仕方がありません。
何が1番いいたいのか、伝えたいのかは、文章の頭にもってきましょう。

結論が1番最初です!

期日ギリギリに提出しない

学生は、日々急がしいですよね。
期日ギリギリに滑り込みで提出しがちです。

企業によっては、先着順にという企業もあるようです。

何千、何万という学生が応募するのですから
応募が早いほうが、ちゃんと目を通してもらえる可能性が高いと思ってもいいでしょう。

「後で」や「期日までに」ではなく、すぐ応募しましょう。

例文をまねしない

エントリーシート書き方と、検索すれば沢山の例文がヒットするでしょう。
でも、それって他の学生もしています。もちろん、企業の採用担当者も。

コピペや一部を変えただけの文章では、足切りされてしまいます。

どうしてか?
他の学生と似た、つまらない文章だからです。

他の学生と同じ内容、似た文章は、採用担当者も読んでもつまらないどころか
うんざりして読む気もなくなってしまいます。

あなたのオリジナルの文章を記入してくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る