記事の詳細

Sponsored Link

就活と学業の両立を始めたら忙しさのあまり、
体調不良が続いています。
面接の当日にかぎって、風邪を引いてしまい鼻声。

そんな事ってよくあると思います。
今回は、就職活動の面接で、風邪で鼻水が出ていたら?また鼻声の人は印象が悪いか?についてご紹介します。

鼻水が止まらず面接に望むのは印象悪い?

鼻水が止まらない時は、何をしても、
鼻水が出続けるものです。

面接官からの印象は?

もちろん、元気で鼻水が出ない人に比べると、
「体調管理の甘い人」
と見られてしまいます。

「印象が良いか悪いか?」
と言われると、「悪い」です。

逆にあなたが、面接官が鼻水が止まらなくて、
面接中に鼻を何度もかまれたらどうしますか?

「大丈夫かな?この人…?」ってなりますよね。

面接官からも鼻水が止まらない就活生を見ればそう思います。

鼻水がひどいと、
合否に直結するかと言われれば、
直結はしないと思います。

鼻水よりもちゃんとした受け答えをする方が
もちろん合否の優先順位になります。

じゃあ、どうすれば良いの?

風邪で鼻水が止まらない時の対応策

まず鼻水を面接の間だけでも良いので
止めるように工夫しましょう。

まず…出かける前に朝

風邪薬を飲む

普段は風邪薬は飲まずに治すよ!という人も、
こじらせたり、長引く風邪は就活に影響を与えます。
早めに飲んで治してしまいましょう。

引きはじめに早めの対策を!

筆者は「変だな?」と感じたら、
葛根湯を飲んで沢山眠って撃退します!

面接を受ける会社の最寄りの駅や
コンビニの最後のトイレタイムに…

鼻うがいをする

食塩水で出来るのですが痛みを感じたり、
「上手く出来ない!」という人は、
専用の液を使ってみましょう。

面接の直前に…

鼻水が止まるツボを押す

○巨りょう(こりょう)
小鼻の両脇の延長線上にあり、両方のほお骨の一番方場所の直下です。

○晴明(せいめい)
目頭と鼻間の、目が疲れた~!という時に抑えたくなる場所です。

○迎香(げいこう)
小鼻の一番横幅が広い部分両脇の横のくぼみ。

どのつぼもぐーっと強く押すを効果があるそうです。

「失礼!!」と思うかもしれませんが、
「思い切って面接直前に鼻をすっきりかんでおく!」
というのも大切です。

面接の最中に「鼻水たら~」や
「失礼します」を鼻水を何度もかむより、
直前にかんでおいた方が良いでしょう。

Sponsored Link

鼻声って印象悪いの?

鼻声が印象が悪いか…?」と言われると、
もともと鼻声の人もいますので、
面接官の好みや主観によると思います。

お客様と直接話し、
接客する仕事であれば、
やはり鼻声は聞き取りにくい面から、
印象を悪くするかもしれません。

「鼻声だから合否に影響はあるか?」
と言われるとそれは違います

鼻声でも、しっかりとした受け答えと
回答をすれば合格できます。

鼻声だから…は、
万が一落ちても理由にはならないという事ですね。

声は面接官により好みがありますから、
運悪く鼻声が嫌いな面接官に当たれば、
合否を決める理由になる可能性もあります。

さいごに

人間は誰だって風邪を引いたり、
体調不良になることがあります。

鼻水が出ていても鼻声でも、
印象は多少悪くなるものの
直接の合否には影響はないでしょう。

鼻水と鼻声でも最も影響が出るのは、
あなた自身ではないでしょうか?

鼻水が大量に出ていたり、
鼻声で鼻が詰まった状態だと、

「なんだか頭がぼーっとしませんか?」
「思考回路が…という時はありませんか?」

そうです。

鼻水と鼻声は、
あなたの頭の回転を鈍らせるのです。

「普段ならこんな受け答えをしていた!でも出来なかった!」
と、ベストを尽くせないのです。

冬や春先は風邪だけではなく、
花粉症などのアレルギーからも、
鼻水や鼻声を招きやすいものです。

普段から休養をとる。

栄養のバランスのとれた食事をとるなどして、
体調管理をしてくださいね。

「自分は大丈夫!」などと言いながら、
薄着でテレビを見ながら雑魚寝はやめましょう。

「変だな!風邪かな?」と思ったら、
先ほど紹介した葛根湯とビタミン剤を飲んで、
たっぷりと寝てみて下さい。

翌朝すっきりと起きることが出来ますよ♪

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る