記事の詳細

Sponsored Link

遂に寒い冬がやってきました。

もう、スーツだけで就活は無理そうですね・・・。

そうなると、スーツにコートやマフラーをして就活になります。

でも、コートやマフラーはいつ脱ぐの?

気になりますよね。

今回は、冬のコートやマフラーを脱ぐタイミングについてご紹介します。

冬のコート・マフラーを脱ぐタイミング

冬のコートやマフラー、手袋などをして、就活先に向かうのはOKです。

しかし、会社の入り口に入る前に脱ぎましょう。

そして、マフラーはたたみバッグへ、
コートは、綺麗に形を整え、腕へかけます。

手袋は、コートのポケットかバッグへしまいます。

くれぐれも、手袋を落として、歩かないように気をつけてくださいね。

そして、会社へ入ります。

稀にコートやマフラーをしたまま受付へ行く人も見かけますが、
ビジネスパーソンとしては少し残念です。

受付をするときから、既に面接や試験などの就活は始まったも同然です。

そして、他のビジネスパーソンを見てください。

受付をする=いつ担当者がきても良い状態。

ではないでしょうか?

ホテルのチェックインの受付ではないので、
必ず、身だしなみを整えてから会社に足を踏み入れ、受付へ行きましょう。

大吹雪、大雨の日は、
逆に会社の外でコートを脱いでしまえば、スーツが濡れてしまう場合も・・・

そんな誰がみても悪天候のときは、
臨機応変に会社のドアを一枚入ったところや
屋根のついた場所に入ってからなど、サッと脱ぎ腕にかけましょう。

Sponsored Link

脱いだコートやマフラーはどうするべき?

脱いだコートやマフラーは、面接や試験中はどうしたらよいでしょうか?

やりがちな行動を1つ1つ見ていきましょう。

足元が寒いから、ひざ掛けの代わりに使う

これはかなりだらしなくみえます。

寒いときは、スーツの下を防寒するなどして対応してください。

勝手に会社のコートかけを使う

これは絶対にあり得ないと思いますが、
会社の備品は勝手に使わないでください。

就活生はお客様ではありません。

担当者や受付の人、その会社の人から
「ご利用ください。」と言われたら、しっかりお礼を言って使用しましょう。

イスの背もたれにかける

思わずやってしまいそうですが、
こちらもだらしなく見えますのでやめましょう。

イスの端に丸めておき、隠すように座る

「パッと見」は、わからないかもしれませんが、
コートが型崩れするだけではなく、面接や試験の最後に立てばわかってしまいます。

こちらもやめましょう。

たたんで、座ったひざの上へ置く

どうしても、置く場所に困ったときの最終手段です。
また畳んで、床に置くのもやめましょう。

コートは綺麗に丸め、床に置いたかばんの上へ置く

実はこれが正解です。

あまりにかさばるコートでなければ、綺麗に丸まれば、
床に置いたかばんの上に乗せることが出来ます。

いきなり面接や試験会場では、
ささっと手際よく出来ませんので、家で練習してから行きましょう。

さいごに

いかがでしたか?
冬のコートやマフラーを脱ぐタイミングはわかりましたか?

「ハンガーや雨具かけを使用しても良いですよ。」
と企業側から言われた場合は、お礼を言い、使わせてもらいましょう。

そして使った後は、綺麗に元に戻すことも忘れずに。

コートが邪魔になるから、着ていかない!という人も居ますが、
雨や雪で、スーツが濡れてしまえば、
だらしが無い印象になるだけではなく、
訪問先の会社のいすなどを濡らしてしまい迷惑をかけることもあるかもしれません。

その時、自分だけよければいいやは、やめましょう。

面接の場合は、コートを持って入ったときに「今日は寒いよね~」などと、
面接官や採用担当者から
何気ない会話をしてもらい、

その場の雰囲気が和んだところで、面接や試験の開始が出来るかもしれません。

そんなときは、笑顔で受け答えするとあなたの好感度もぐっと上がりますよ。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る