記事の詳細

Sponsored Link

面接にて、面接官から「3分間スピーチをお願いします!」と言われ真っ青になるあなた。

3分も何話したらいいんだよ!と思う方も多いと思います。

逆に考えると3分間も自分の事を面接官が聞いてくれるアピールの時間をくれたのです。この時間を有効に使い自分を売り込みましょう。

3分間も何を話せばいいの?(どんなスピーチをすれば?)

3分間も話すって長く感じますよね。でも・・・お友達との電話。3分ってあっという間ではないですか?
3分間で話せる字数ですが、大体1分間400字程度です。400字×3分で1200文字ですね。

簡単に考えるとスピーチのお題は「自己紹介」です。
この場合は3分間ですから、自己紹介プラス自己アピールで3分ですね。

例にするならば、「私は○○大学来ました、○○と申します。今日は「○○」について話したいと思います。

・・・[まず結論]・・・[いきさつやそのことの詳しい内容など]・・・[最後まとめ]」で3分です。

あくまで例ですので、面接で着席するときに、学校名・名前を既に話していれば省きましょう。最後に結論を持ってきてもいいです。

重点を置いてほしいのは、聞き手を引き付ける内容か。ということです。「部活を頑張りました、アルバイトを頑張りました。」でも良いのですが、違っても良いです。

でも、自己紹介なので、うちの猫が、とか、うちの家族がとか、自分ではなく、他の事を自慢するのはやめましょう
面接官が、もっと詳しく知りたいと思う内容を考えてくださいね。

ダメな例

次にしてほしくないことです。

失敗しました・出来ませんでした、ばかりの自分の失敗自慢のスピーチ

基本的に自分の評価を下げるような話は避けましょう!!もしも失敗談を話すのであれば必ず、失敗の上に成功があった話をしましょう!!
「~という失敗から学び成長する事ができ、いまはこうです」みたいな感じです。どうしたら自分をよく見てもらえるかを考えてスピーチしましょう。

「え~、あ~、う~、その~、あの~」ばかりのスピーチ。

こんなスピーチ誰が聞いてもいやですよね。聞き手がかなり聞き苦しくなります。
普段からこれらの言葉が口癖の方は日常から意識し治しておきましょう。

まったく中身を準備してこなかっただろう!とつっこみたくなる内容がまったく無いスピーチ

これは単純に聞いていてつまらないので、やめましょう。
スピーチするだけ時間の無駄です。当然ですが、事前にしっかり話を用意していきましょう。

Sponsored Link

高速早口のスピーチ

緊張していて早口になってしまうのは、わかりますが、聞き手が非常に聞き取りににくいです。
緊張しないように何度も本番のように練習しておくといいでしょう。

小声でささやくかのようなスピーチ

いくら内容がすばらしくても、相手の耳に届かなければ、そのスピーチに何の価値もありません。
ごにょごにょスピーチするのではなく、口を大きく開きハキハキ話しましょう。

目線がキョロキョロと落ち着かないスピーチ

聞き手が落ち着きませんので、面接の際は基本的に話す相手の目を見て話しましょう
目は思い伝わりやすいので、目でも熱意を訴えかければ、合格に一歩近づきますよ。落ち着いて話してください。

例文の使いまわし

「スピーチの必勝本」って沢山ありますよね。その例文の使いまわしです。
これは1番筆者がやってはいけません。

聞いてて面白さはまったくないし、みな同じように話すので、面接官はすぐにわかります。スピーチ本の例文はあくまでも例文です。参考するだけにし、自分のオリジナルスピーチを考えてください。

本番に上手く話せるコツ

まず、事前に、練習しましょう。家族や自分より目上の社会人の前が1番良いのですが、恥ずかしくてムリだ!と思う方は、携帯電話やスマートフォンのムービー録画機能を使い練習しましょう。

そして、映像を客観的にチェックしてください。目がキョロキョロしているなとか、だんだん早口になっているななど。

そして、本番は練習より気持ちゆっくり話しましょう。そうすると早口になるのがふせげます。

最後に

面接で3分間スピーチは上手に話せそうでしょうか?

自分にとって3分間は短いと感じるか長いを感じるかは人それぞれでしょうが、聞き手である面接官は、内容がまったく無い話やまとまりの無い話、早口や小声のスピーチは、聞くに苦痛であり、とても長く感じます。

大学の講師の先生達は、長い授業時間の中生徒達を、ずっと引きつけ続けますよね、彼らは、生徒が興味のある話(授業内容)と話し方が上手なのです。夢中になって、授業を受ければ長い授業もあっという間です。

そう、興味がある内容を上手に話せは3分間、面接官の気を引き続けられるのです。出来るかどうかは、あなたのプレゼンテーションの能力にかかっています。(3分間スピーチはプレゼンテーション能力をみていますからね)

スピーチは練習と場数の多さが向上の秘訣と筆者は考えています。実際、会社に入社しても、新人に朝の3分間スピーチを行う企業は多くあります。(筆者も新卒の時苦労しました)

将来長く使える能力ですので、上手になって損はありません。練習を重ね、堂々と話が出来るよう準備してくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る