記事の詳細

Sponsored Link

自己PRを1分で!3分で!5分で!
話してください。って言われたら、
さっと話せますか?

今回は、就活の面接で「1分自己PRをどうぞ!」といわれた時はどうしたらよいか?をご紹介します。

1分間で何をPRすればいいの?

まず、1分間って何文字くらい話せるか、
知っていますか?

大体400字程度です。

よく300文字で1分が理想と言われていますが、
面接って緊張からか早口の人が多いです。

少し多めの文字を用意していきましょう。

最後の50文字はもし時間が足りなくても、
大丈夫なように構成するとよいかもしれません。

自分が1分で何文字話せるかを計ってみてくださいね。

内容ですが、
1分なら、1つのエピソードに絞り話しましょう。

結論は最後ではなく、最初にもってきましょう。

最後にもってくると、途中で「結構です」と
切られてしまえば、結論を言えずに自己PR終了と、
なってしまいます。

1分間自己PRのコツ

ゆっくり話す人で300字、
早口の人で400字ですから、
わかりやすくまとめられている内容であることが大切です。

面接官に「で?なにがいいたかったの?」と
思われないようにしましょう。

沢山話したいから、早口の方がいいのか?

それは違います。

300字位を程よい速度、間を取りながら、
話した方が内容が濃く相手に伝わりやすいです。

早口の人の話って、
「この人早口だな~」という印象が前にきて、
話の内容が頭に残らないですよね。

自己PR(スピーチ)悪い例が知りたい方は
就活面接!自己紹介の3分間スピーチ】を読んでくださいね。

~もしもジャイアンが1分間自己PRをしたら~【370文字】

僕には、強い心があります。

僕には、親友と呼べる4人の仲間がいます。

いつも僕を含め5人の仲間を、
辛いときも、どんな絶体絶命のピンチにも、
みんなをまとめ、引っ張っていったのが僕です。

夏休みに仲間で旅行に出かけた時、
乗っていた列車が宇宙人に襲われ走行不能になりました。

到着したのは、昔は炭鉱開発で使われて、
今は無人となった、廃墟の街。

もう絶対絶命のピンチでした。

しかし、僕は街脱出の為たった1人で、
使われなくなった鉱山の中へ
炭鉱を運ぶ列車を探しにいったのです。

そして崩壊寸前の鉱山の中から列車を探し出し、
みなで帰路につく為の列車を確保したのです。

そして、皆で宇宙人を退治し、無事帰路へ着きました。

どんなピンチに立たされた時でも、
果敢に挑み続ける強い心がある僕が、
御社でお世話になったら、
持ち前の強い心で、いつも前向きに、
そして力強く、成長し続けます。

いかがでしたか?

ジャイアンのイメージって、
・いじめっこ
・かぁちゃんに弱い
・乱暴者
という感じですが、

このPRから感じられたでしょうか?

仲間を大切にし、
自らが進んで危機脱出に立ち向かう
強い男性像が浮かびませんか?

自己PRは、嘘を書いてはいけませんが、
自分の良いところ、
ジャイアンなら「強い」を、
全面に出してみました。

字数は370文字で、
緊張した早口で1分というところでしょうか。

筆者的には、ジャイアンの長所は、
実は優しい心」をもっている所が好きです。

「お~!心の友よ〜」って、
いつもイジメて仲間外れにしている彼に言いますよね。(笑)

他のPRの例文が読みたいあなたは、
自己PRの長所と短所の書き方(例あり)
自己PRの書き方(例文)】も参考にしてみてくださいね。

他にも面白いPRを紹介しているので、
きっとアナタの参考になる、事間違いなしです。

さいごに

またふざけた例文だして!とお怒りのあなた。
どうして、筆者がこのように【抽象的】な例文を出すかわかりますか?

例文をそのまま真似してほしくないからです。

例文をパクった自己PRならしない方がいいです。

確かに例文をパクれば、
無難な自己PRが仕上がります。

しかし、
そんな無難な自己PR、
面接官は求めていません。

印象に残らないどころか、
また例文かとうんざりします。

そんな自己PRをする人を「採用したい!」とは
思ってくれません。

自己PRでしょ?

自分をPRしましょうよ。
自分の言葉で。
下手でもいいんです。

自分が一生懸命考えて、一生懸命PRすれば、
面接官の心に響くPRになりますよ。

もっと自分に自信を持って挑みましょう!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る