記事の詳細

Sponsored Link

あなたは就職活動をする時、腕時計はしていきますか?

現代では、スマートフォンなどは必須アイテムで常に携帯するため、
腕時計をしていなくても、簡単に時間を確認することができます。

腕時計は時間を確認する為に絶対必要なアイテムではなくなったのです。
そんな中でもあなたは就職活動で腕時計をしていきますか?

就活に腕時計は必要?

結論からいうと、絶対必要なわけではありません。
現に、腕時計をせずに就活をして内定を出している人が存在するからです。

腕時計は腕が重くなるようでや締め付けられるようで嫌や落ち着かないという理由からしない人もいます。

また、就職活動に使えるような腕時計は好みではないので就活中はしないといった人もいるでしょう。
就活に見合ったような腕時計ならしていった方がよいと思います。

就職活動中に時間を確認するために、スマートフォンを出し確認する姿はプラスの印象は生みません

学生らしく感じてしまったり(社会人らしくない)、
社会人になろうとする人の自覚が足らないと思われてしまうかもしれないからです。

そういった事で、もし腕時計をしていないことで、マイナスのポイントを受けるなら、
筆者としては、腕時計はしていくべきと思っています。

スーツと腕時計はセットを考える社会人は多いからです。
また、実際に社会で働く会社員達は、スーツを着ている人は大抵腕時計をしています。

就活用の腕時計の選び方

高級ブランドの腕時計は絶対にNG

また、メタル調ではなく、ゴールドのキラキラした時計もNGです。
スポーツウオッチは、色調がブラックであっても避けるべきです。

男性の場合
・全体の色調の落ち着いたもの
・ベルトはメタル調もしくは黒の皮ベルト(テカテカと光った皮は避けマットなものを選びましょう)
・文字盤は、黒やグレー、白など落ち着いた色のものを(カラーが良い場合はブルーなどにしましょう)
・アナログ時計(クロノグラフなどはOKです)

あまりに、極端にベルトが太かったり、文字盤が大きすぎるものは避けたほうがよいです。
少し地味かな?と思うくらいが丁度良いのかもしれません。

Sponsored Link

女性の場合
・全体の色調が華美でないもの
(キラキラとストーンが付いていたり・原色はNGです)

・ベルトはメタルやピンクゴールド・茶・ベージュや黒の皮ベルト
(メンズウオッチのような太いものではなく、細身の華奢なものがいいでしょう)

・文字盤は黒・グレー・白のモノトーンの他にも、ピンクやクリームカラーや茶系などの
(全体の色調同様に、文字盤にストーンが大量敷き詰められていたり・原色は避けましょう)

男女どちらにせよ、スーツに似合う時計・さわやかさやフレッシュさを損なわない、
就職活動に見あった時計をすることが望ましいです。

ポイントは、シンプルであること華美でないことです。

もし、スーツに似合う時計を持っていなくて、今から購入する場合は、
シンプルな腕時計が好きな人は今後も社会に出ても使えるので、長く使えるものを(1~3万円位)、

シンプルな時計は好みではなく就職活動にしか使わない場合は、
Amazonなどで「就職活動 時計」と検索してみてください。

1000円~5000円くらいでディスカウントされた腕時計を購入出来ます。
シチズンなどの名の知れた時計ならお安くても安心して出来ますね。

もちろん、自分腕にフィットするように調節を忘れずに。

さいごに

シンプルなものをおすすめしたい就職活動で使う時計ですが、冒頭でも紹介したように、
就活で時計をしていなくても、また高級ブランドの腕時計をつけていても、内定が沢山頂ける人は実際います

あくまで、腕時計はシンプルなものを身につけていった方が、無難であるということです。

もし、採用担当者や面接官が、
「スーツには腕時計が必須アイテムであり、社会人の常識だ!」と考えを持った人だった場合。

腕時計をしていなければ、マイナスポイントになります。

マイナスポイントになるくらいなら、していった方がいいですよね?

腕時計が就職活動の結果の有無を全て左右するわけではありませんが、
社会人ならスーツにあう時計の1本くらいは保有していて損はないと思います。

いい機会です、スーツ似に合う腕時計をしてみませんか?

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る