記事の詳細

Sponsored Link

夏の面接、暑い中スーツを着ていくの?

ただでさえ暑いのに、スーツなんて着たら汗だくになっちゃうじゃない!

汗をかけばお化粧だって、崩れるし・・・と思っていますよね。
でも、面接はドレスコードの指定が無い限りスーツでいくのが基本ですよ。

夏の面接の服装―女性―

夏向けの素材で出来た、スーツやインナーなどが沢山発売されています。
暑がりさんや汗かきさんは是非利用してみて下さいね。

また、汗かきや汗染み防止グッズは上手に利用しましょう。
香りの強いものは避け無香料を選びましょう

スーツの上着

スーツの上着は、オールシーズンのものより、夏向けスーツの方が快適に過ごせます。

就職活動用だとみなさんオールシーズン対応のものを持っているかと思いますが、
真夏に本命の面接を控えている人や極度に暑がり・汗かきな人は、
背中に裏地のないタイプオールシーズンに比べてかなり布の薄いものがあります。

2着目の購入を検討している人は夏素材も見てみると良いでしょう。
(色もブラックではなくチャコールグレーや薄いグレーなども発売されています)

就活用のスーツは1着しかもっていない!
またオールシーズンのみしかもっていない!
と言う人は、面接の会社につくぎりぎりまで持って歩き、近くなったら着るなど工夫しましょう。

またどうしても暑い場合は、手にもって会社に入っても良いようですが、
見た目が不格好にみえるので、上着は着用して面接に臨んだ方が無難です。

シャツやインナー

上着を脱ぐかもしれない!と思って、着た方が良いでしょう。

半袖はNG!長袖を着用しましょう!

面接で「暑いので上着は着用しなくてもいいですよ」といわれても、
ノースリーブや半袖では脱げませんよね。

また、汗で下着が透けるのは見栄え的にもNGなので、中に白のキャミソールを着るなど、
もし汗をかいても、透けない対策をしましょう。

就活はシャツの方が襟もついてるし、気持ち的に引き締まるからシャツ派です!という人は、
綿100%の素材のものではなく、ポリエステルや麻の素材が混ざったものがおすすめです。

ポリエステルの入ったものだと、汗でしわくちゃになったり、
面接会場に向かうまで腕まくりしていて、面接会場に着いて袖を戻した時に、跡が付きにくいものもあります。

汗をかくと、ポリエステル素材が肌に張り付く感じはしますが・・・見栄え的には良いのではないでしょうか。

そして、一番注意して欲しいのは、汗染みですね。

この様な汗わきパットなどを上手に利用しましょう。

Sponsored Link

パンツは?

スカートの方が涼しく感じるかもしれませんが、
スカートは苦手!パンツ派の人は、中にパンストを履くのではなく、
ソックスタイプのパンスト素材のものを着用するのがおすすめです。

素材は足の付け根や膝の裏にしわしわになりにくいものが良いと思います。

汗もかくことを考えると、
膝の裏や座った時の太ももの裏に張り付いてしわしわ、やセンターラインの消失は避けたい所です。

形状記憶のものや汗で色が変わりにくい色を選ぶと良いと思います。

さいごに

色々な商品が発売されていますが、
筆者のおすすめは、ブラックの形状記憶のポリエステル素材のスーツの上下です。

どうして夏にブラック?と思う方もいるでしょうが、夏らしいグレーだと、汗をかいた時に汗染みで変色しませんか?

汗をかきにくい人は、グレーのスーツも夏らしくておすすめです。

また素材ですが、
ポリエステルのものだと、座ったり立ったりしたときのしわが着きにくく、汗をかいても、すぐ乾くからです。

綿が多いスーツにくらべ、かっちりとした印象は少し落ちますが、スーツの維持も考えると楽ですね。

また、インナーはTシャツやカットソーの様なものを着ている人も多いかと思いますが、
長袖のワイシャツやブラウスが望ましいと思います

面接に望むのですから、襟のついたシャツを着るべきだと思います。

色は、真っ白からオフホワイトまで色々ありますが、真っ白がおすすめです。
清潔感やフレッシュさを出すならオフホワイトより真っ白の方が好印象です。

アイロンが必要なものは、首回りは、スーツから常時出る場所なので念入りにアイロンしましょう。

暑いからラフな格好でOK。
だってクールビズだし!は入社してからです。

それまでは、「あなたの会社に本気で入社を希望しています。私は真剣です!
という気持ちを表現するためにも、スーツの上下と長袖シャツは必須です。

暑くても、きっちりとした格好で望みましょう。
また、汗が拭けるハンカチは忘れずに携帯しましょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る