記事の詳細

Sponsored Link

夏の就職活動、暑いですよね。
出来れば、半袖のワイシャツにノーネクタイのみで行けたらいいのに!
と思って居る方は少なくないと思います。

しかし、就活…半袖のワイシャツにノーネクタイはNGです。

クールビズが世間では当たり前になりつつも、僕はきちっとしています!
という印象を与えるのは、長袖のワイシャツにネクタイ。

暑いかもしれませんが我慢です。

夏のジャケット

就職活動とは今後、人生で一番長い時間を過ごすかもしれない場所を選び決めることです。

そんな大切な場所が決まるかもしれない説明会や面接であなたは
ジャケットを着ていきませんか?それとも着ていきますか?

着ていかなくてもいいの?

スーツは上下でスーツなので、ジャケットは是非着ていきましょう
就職活動は改まった場所です。

正装が基本!と考える会社も多いでしょう。
ビジネスの正装はスーツです(もちろん上下にネクタイ)

もし、「暑くて耐えられない!」と言う人は、オールシーズンのスーツではなく、夏素材のスーツを選択しましょう。

だって汗だくになるし、もって歩けば、スーツがしわになる!という方は、
夏スーツで自宅の洗濯機でも洗える素材のものも発売しています。

説明会や面談会場に着くまでは、ジャケットは脱いで持って歩いてもいいと思います。

会社の付近で着れば良いのです。

ジャケットはしわにならないよう、丁寧に腕にかけましょう

途中で脱いでもいいの?

説明会や面接で「暑いので上着を脱いでもいいですよ」などと担当者や面接官に言われてから脱ぎましょう。
冒頭でも触れたように、上着を脱ぐ事を考えて、ジャケットの中は長袖のシャツで行きましょう。

半袖は、暑さを軽減できますが、就職活動には不向きです。
面接で、もし「ジャケットを脱いだら半袖シャツだった!」はマイナスポイントになることでしょう。

どうしても、暑くて耐えられないときは、担当者にこちらから一声、
上着を脱いでもよろしいですか?」と聞いてみましょう。

賛否両論でしょうが、汗がだらだらポタポタの状態で顔を真っ赤しながら、
面接を受けるは見苦しく見えるので、聞いて上着を脱ぐのでは印象はかなり変わると思います。

もし汗をかいた場合は、手で拭わず、必ずハンカチで拭きましょう。

Sponsored Link

どうすればいいの?

暑がりの人、汗かきの人は、夏素材のスーツ着用し、
脱いでもいいですよと声をかけられた時はさっと脱げるように、中には長袖シャツを。

脱いだ後のジャケットは丸めるのではなく、襟元をもち、
持ち上げるとたたんだような格好になります、それを腕にかけましょう

ぐちゃぐちゃ持つなら脱がない方がいいです。
さっと脱いで腕にかけられるように、練習しておくと良いかもしれません。

もちろんジャケットを脱ぐとシャツやベルトが見えますので、シャツにはアイロンをかけ、
ベルトは必ずしていくようにしましょう。

女子はどうしたらいいの?と気になった女子のみなさん。
夏の面接の服装!女性のインナーやシャツ、パンツはこうしろ!

を参考にしてみてください。(女子もスーツのジャケット着用は同様です。)

さいごに

就活だって今は私服でもいい時代だし、会社員達はクールビス。
なぜ就活生だけ、暑い中ネクタイにスーツなの?おかしくない?と思っている学生も多いと思います。

でも、企業で採用する側は自分達のお父さんと同じような世代の上司も沢山います。
自分達の父親世代は、社会人の制服=スーツなのです。

学生同士の価値観と父親世代の価値観はまるで違うと言っていいほど違います。
あなたはもし、内定が決まり、無事会社に勤めたとして、大切な商談や社長や重役などとの会議に何をきていきますか?
制服がある会社なら制服でしょう。なければスーツでしょうか?
その業界によりますが、大体の会社はまだスーツが主流です。

そう、あなたは、人生で大切な就職先を決めるために活動しているのです。

学生時代よりも、長い長い社会人生活。
就職先を納得企業に内定する為にも、ビシッ‼とスーツを決めて挑んでくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る