記事の詳細

Sponsored Link

近年、夏は、クールビズ・冬はウォームビズの風潮があり、
夏はエアコンの設定温度は28度、冬は暖房控えめで節電に企業も積極的です。

そんな中、夏に面接の書類をみると…ドレスコード欄に「クールビズ可」の文字。
さて、あなたはどんな服装で望みますか?

夏の面接の服装(男性編)

基本は、スーツ+長袖ワイシャツ+ネクタイ+ベルト+革靴です。

クールビスはノーネクタイでもOKのところもありますが、
ポロシャツとチノパンがクールビズでしょ!なんて思って着て行かないでくださいね。

中には、仕事は私服で行っているので、面接も私服のクールビズでという指定のあるところは
その企業企業に合わせたドレスコードで挑んでくださいね。

スーツ

基本は「ブラック」や「チャコールグレー」です。
」という選択もありますが、今は少数派ですよね。

夏らしさを出すのに、「薄いグレー」「ベージュ系」のスーツは発売されていますが、就職活動には不向きです。

「就職活動の学生は、ブラックのスーツ」と認識している面接官が多いようですし、
きっちりとみえるのも、やはり濃い色のスーツです。

スーツの色で夏らしさや涼しさを出すより、
夏素材の生地のスーツを着用した方が、実際涼しいです。

難点は、夏素材のスーツは生地が薄手ですので、シワになりやすいです。

今から購入する人は「ポリエステル」がはいった生地などを選択してシワになりにくいものを選択するがオススメです。

Yシャツ

半袖シャツはクールビス指定でもNGです。
長袖シャツで行きましょう。

素材は薄手のものを選んだ方が、涼しいですよ。

色は、定番の真っ白!!
ですが、真っ白が嫌という人は、「薄くストライプの入ったもの」
「生地の織り方で柄になっているもの(ぱっと見た目は無地)」などがオススメです。

筆者個人的には、「水色」や「ピンク」のシャツはオススメしません。
フレッシュさに欠ける印象になるからです。

個性を出したいなら、ネクタイでさりげなく出しましょう。

暑さ対策で、「クールビス対応」をうたうワイシャツも売っています。
汗がすぐ乾くものや、涼しく感じるもので出来た素材などがありますので、上手く利用してくださいね。

Sponsored Link

ネクタイ

ネクタイは、基本的にスーツとセットと考えてください。

クールビズ指定の場合は、ノーネクタイでもいいかもしれませんが、通常ネクタイは必須です。
それに、ネクタイをしていないと見栄えも格好悪いですよ。

色は、終活の勝利カラーなどと言われる「エンジ色」より、
爽やかに涼しげに見える、「水色」や「薄ピンク」がおすすめです。

濃い色のネクタイは、引き締まってみえますが、汗ジミも目立ちます。
そういった点から見ても、薄い色をオススメします。

シャツやスーツ同様、夏向けの素材のものも発売されていますので、利用してみましょう。

上着・ジャケット

クールビズ指定できても、着ていきましょう
面接官に「上着脱いでもいいですよ」と言われてから脱げばいいのです。

もし、「上着不可」などとドレスコードにあった場合、
本当に着ていかないのは不安だと思います、上着は腕にかけてもっていくなどしましょう。

詳しくはこちらの【夏の就活!男のスーツの上着のジャケットはこうしろ!】で確認してください。

さいごに

クールビズって実際どこまでしていいの?

いや、クールビズ指定で面接や説明会にいったところで
90%以上の人がスーツにネクタイできているよ!
といった人が殆どでしょう。

そして、クールビス指定だからノーネクタイで行ったら、落とされた。
などと周りから聞けば尚更です。

本当に、ノーネクタイで行けば落ちるのか、と言われると、理由はそれだけではないと思いますが。
(ノーネクタイの人でも受かる場合もあるので)

やはり、スーツをきっちりときた人とノーネクタイの人では第一印象が違います。

革靴も夏対応で(一部がメッシュ素材のものなど)が出ていますので、
夏素材のものを上手く利用し乗り切りましょう!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る