記事の詳細

Sponsored Link

インターンシップや説明会に行く際、ドレスコードの欄に「服装自由」と記載がある時、

あなたは何を着ていきますか?

文字通り、
「自由な服装ならなんでもいいんだよね?じゃぁ普段着で参加する~ジーンズにパーカースニーカーでいいよね~」

なんて思って居るあなた。それは素敵過ぎる思い違いです。

服装自由などのドレスコードを目にしたときは、企業側がどう思ってそう記載しているかを考えましょう

服装自由で指定なしに隠された意図

服装自由」=「スーツでも可
と思った方が、気持ちが楽な方が多いのではないでしょうか。

実際、服装自由のインターンや説明会に参加すると

半数がスーツだった」または「殆どがスーツだった。
自分は私服で行き浮いてしまい、落ち着かず、説明会やインターンにまったく集中できなかった。

なんてことはありませんか?

企業側は、「普段通りの姿や雰囲気を見たいから」
「リラックスして受けてもらえるように」
「その場にあった服装をしてこられる常識があるか見たから」など色々な意図があってかと思います。

また、IT系やアパレル系・マスコミ系などは
「普段の服装のセンスを見たい!」
「働いている人達もみんなラフな普段着なのだから、インターンや説明会に受けにくる学生も普段の服装でいいよ。」

というパターンもあります。

受ける企業によって意図は違います。

その業種の普段の仕事はどんな服装かな?など考えながら着ていくといいでしょう。

筆者としては、一部アパレル業界などをのぞき、スーツで行った方が無難かと思っています。

結局私服はダメなの?

服装自由で特に指定なしであれば、私服でも構いませんが、
ビジネスに見合った、その企業に見合った私服で行きましょう。

学校へいく服装やお友達の遊びに行ったり飲みにいく時の服装で、
ビジネスに見合った服装の人は稀かもしれません。

本当に何でもいいわけでは、ありません。

「その企業のインターンや説明会に見合った服装であること」 が企業側の指定なのです。

難しいですよね。

「何着てけばいいの?困ったな…自分の服装に自信が無いなや、普段はラフな服装しかしない。」
「きれいめやかっちりとした服装なんて、僕には(私には)無理!逆に緊張するし落ち着かない!」

という人は、スーツでも良いでしょう。

もし、「どうしてスーツできたのですか?」など質問された場合は
スーツを着ると気が引き締まるので!」などと答えましょう。

私服で行く場合は、どうしてその服装できたか、
また、その服装で行って、インターン先から返されたり、説明会でアウェイ感たっぷりでも、
自分自身で納得出来るよな服装でいきましょう。(そのようなことのない服装で行きましょう

Sponsored Link

企業が求める私服

では、いったい企業が求める私服って何なの?って思った方はこちらを参考にして下さい。
就職面接で私服指定の時の男女別、失敗しない夏の服装

男女別に好ましい私服について書かれています。
面接でも、インターンシップでも、説明会でも、企業の考えは同じことです。

洋服屋さんに行って、「この服ってインターンや会社説明会などの服装指定がないときの就活に着られますかね?」
と質問すると大抵「大丈夫だと思いますよ」などと返ってきます。

…が、鵜呑みにしないで下さい。

アパレル業界では、その服でOKなのです。

あなたの受ける業界はどんな業界ですか?

その服を着ていって、もしマイナスの評価をされても、その服屋の店員さんは責任をとってはくれませんよ。
自分でこの服ならふさわしいだろう!自信の持てる服装で行きましょう。

NGな格好

ラフな格好はNGです。

・ダメージ加工がされたもの

デニムやカラーパンツ・ジャケットに至るまで、ダメージ加工が施されたものはNGです。
薄汚くみられますし、だらしなく見られます。

年配の担当者だった場合は「古着」を嫌う場合も多くあります。避けましょう。

・デニム素材

パンツやジャケットにデニム素材はNGです。
デニムは米国などでは作業着の位置づけかもしれませんが、ここは日本です。

デニムはラフな格好。または、ビジネスにはふさわしくない服装の部類に入ります。

くれぐれも、ブラックデニムなどのパンツやジャケットは黒だからいいでしょう?と着ていかないようにしましょう。

・スウェット素材

トレーナーやパーカー又はスウェット素材のパンツはNGです。

部屋着で着たの?などと辛口な評価をされかねません。

普段ではおしゃれに見えるものでも、部屋着と評価されるのは嫌ですよね。
スウェット素材のジャケットも普段着OKな業界を除き避けましょう。

・極端な丈のもの

女子の、極端に短いミニスカートやホットパンツ・ショートパンツはNGです。
また男子のパンツの裾を床に引きずって見える程に長い丈のパンツもNGです。

スカートは膝丈
パンツの裾は自分の体型に見合うようにカットしてもらいましょう。

女子のスカートのスリットの入りすぎにも要注意です。

・サンダルなどの履き物

当然ですが、サンダル・ビーチサンダル・下駄・レインブーツ・スニーカーなどは、NGです。

会社見学で長靴などが指定で、
「研修の上履き用にスニーカーを持参下さい」などの指定の場合は別ですが、

雨の日だったからレインブーツでは、NGです。

革靴も、男子は極端に先が尖っているものや男女共にアニマル柄や色が派手なもの、
光沢の強すぎるもの、キャンパス素材が混ざっているものはさけましょう。

さいごに

インターンや説明会に行く企業のHPに出ている人の服装や合同説明会などの担当者の服装を参考にすると良いでしょう。

その企業や業種で、暗黙のドレスコードがありますから、よい例になります。

注意して欲しいのは、私服でいくのが、「個性の主張」にはならないことです(アパレル業界などを除く)。

金融や製造業界で、服装自由でいっても、大半はスーツで着ているでしょうし、
その業界の制服がスーツの場合は、見合った私服でいくことは困難かもしれません。

よほどこだわりがあり、今日の服装はここにこだわっていて、
スーツなどには及ばないくらいの思い入れやこだわりがあります!といった場合を除き、
逆に服装で個性を出そうとするのは避けた方が良いでしょう。

もし行くなら、「清潔感や小綺麗であること。着こなしていること、だらしなくないこと」がポイントになります。

私服がおしゃれだったからプラスポイントになることは難しいかと思いますが、
だらしない格好をしていけば、マイナスの印象になります。

私服で行く場合は注意しましょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る