記事の詳細

Sponsored Link

「朝起きたら、風邪で声が出なくなっていた!」

「咳をし過ぎて、明日面接なのに声がでない!」

とっても困りますよね。

しかし、誰に出でも起こりうることです。

今回は、就活の面接で、風邪で喉が痛くて声が出ないときはどうしたいいか?をご紹介します。

喉が痛くて声が出ないとき、どうすればいい?

満足に出ないのに面接に行った方がいいか…?

企業側はあなたの為に
面接の予定を組んでくれています。

高熱やインフルエンザ出なければ、
声が出なくても参加するのも1つ選択です。

でも、声が出なくてどうやって参加するの?

まったく声が出ないわけではないと思います。

すごく小さな声かすれた声ならでませんか?

のど飴をなめる。
トローチをなめる。
はちみつをなめる。
面接直前にうがいをする。
マスクをする。
極力のどを使わない(話さない)
喉を温める(マフラーをまく・温かい飲み物をのむ)

など出来る対策をしてから、望みましょう。

のど飴は薬用のものがおすすめです。

ドラッグストアや薬局によれない!とう人は、
コンビニでものど飴は購入できます。
効能をみてから買いましょう。

マスクも普通のマスクでもいいのですが、
今は潤いに特化したマスクも販売されています。
手に入るようであれば使用してみましょう。

少し声がでれば、
「今日は、風邪で朝から声が出なくて、
聞き取りにくいかもしれませんが、
よろしくお願いいたします」

と言えば良いと思います。

誰にでも、体調不良の時はあります。

声が出ないことは、
マイナスポイントになるかもしれませんが、
「あー!あの声が出なかった子ね!」
と印象に残るのは間違いありません。

ピンチをチャンスに変えて前向きに面接に向かいましょう。

Sponsored Link

マスクはしてもいいの?印象悪くない?

声が出ないなら、
面接直前までマスクをかけていても良いと思います。

どうしても、印象が気になるという人は、
会社に入る前にコートなどと一緒に外しても良いです。

声が出ない程のひどい風邪ならば、
面接直前までしていても、
他の就活生やその会社で働く人に
感染予防ととってくれる場合もありますので、
あまり神経質にならなくても大丈夫です。

マスクをすると
喉が潤い声が出やすくなりますので、

すこしでも大きな声で話せた方が、
面接には有利に働くかもしれません。

その場の雰囲気やマスクをして印象が下がるのがイヤ!など、
あなたの気持ちが楽な方でよいと思います。

最悪、メールでキャンセルはアリ?

どうしても声がまったくでない・・・。

電話を掛けたところで、
「声がでないから話せない」
という場合もあるでしょう。

声が出ない位の風邪だと、
喉が痛いだけではなく、
発熱も伴う場合もあるでしょうから、

正直にメールでキャンセル、
または予定の調整をお願いしても
良いかもしれません。

熱がないなら、
直接面接会場に出向き、
予定の調整を筆談でも良いので、
行うのも1つの方法です。

どうしても会場にもいけそうもない。

そして電話も出来ない時は、
メールで連絡しましょう。

なるべく早くです!!

面接の約束の5分前は辞めましょう。

その日の朝起きたらすぐ、
行けないとわかったらすぐです。

担当者も面接の約束の時間ギリギリに
メールをチェックするとは考えにくいです。

メールを見てもらえるように
なるべく早くメールで連絡しましょう。

本来、当日のメールキャンセルはルール違反です。

なぜなら、面接の約束の時間までに
担当者が見てくれるかの確証がないからです。

メールをもし見ていなかったら?

あなたが来ないので、
担当者は待っているかもしれません。

その時間がとても無駄になりますし、
あなたの信頼を損ないます。

当日のメールでのキャンセルは、
最終手段ということを忘れないでくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る