記事の詳細

Sponsored Link

一般常識って、中高生時代に習ったことでしょ?

対策なんてしなくても余裕!や、
忙しくてそんな時間ないよ!思っている人もいるでしょう。

今回は、一般常識の勉強におすすめの本をご紹介します。

一般常識の勉強方法

手っ取り早いのが、一般常識の対策本を読む又は解くです。

一般常識の問題集を解き、間違いを潰していく。
また苦手な分野は、一般常識のテキストを読み込む。という対策良いです。

時事については、日々新しくなっています。

直近のもの過ぎるものが出題されるとは考えにくいですが、
対策本は、前年の4~11月に発売されたものです。

最新の時事には対応していませんので、
ニュースや新聞でチェックしましょう。

もちろん一般常識だけではなく、
面接の「最近の気になるニュースについて教えてください」などという、
質問にもさっと答える事が出来るので、
面接はまだだからと思わず、
時事問題対策と思い日々習慣化しましょう。

Sponsored Link

おすすめの本


ベスセラー本。

周りの見渡せば誰かしら既に持って居るかもしれません。

他の一般常識対策本がほしい!と思って居るなら、
友達に借りて、少し見てみてからでも良いでしょう。

どれを買ったら良いかわからない!ならこの本を買いましょう!

取りあえず、沢山の問題が解いておきたい!という人にお勧めです。

キャッチコピーの通り、
試験に出る!かどうかはあなたの運次第です。


これから発売予定の2017年度版の方が
時事問題は新しいのでおすすめです。

5月、6月に多数発売される予定ですので、
書店でチェックしてみましょう。

(ネット書店でも、既に予約を開始しているものもあります)

試験対策本ですので、書店に実際に足を運んで、
数冊手にとって中を見てから購入しましょう。

読みやすいと感じたもの、
使いやすいと感じたものを購入しましょう。

購入したはいいけれど、全然頭に入らない!
では意味がありませんからね。

筆者個人的には、日経が時事がわかりやすく感じるのでおすすめです。

さいごに

いかがでしたか?

「こんな当たり前のことを言われなくてもわかってる!」
と、お怒りになられている人もいるでしょう。

一般常識の勉強する時間をとるのがもったいないよ!

そんな暇ないよ!というあなたは
一度こちらの一般常識の勉強は就職活動に必要?の記事を読んでみて下さい。

対策して当たり前!出来て当たり前!の一般常識の試験なので、
一晩で対策完了!みたいな勉強方法はありません。

今までの、積み重ねが一般常識です。

中学・高校で習ったことを忘れておらず、
日々のニュースもかかさずチェックしている、

または新聞を毎日読んで理解している人ならば、
対策はしなくても大丈夫です。

でも、そんな人はいないと思います…。
時間を作り対策しましょう。

対策あるのみです。

一般常識で失敗し、
面接にコマを進めるチャンスを逃すのは、
もったいないですよ。

きちんと対策して、面接にコマを進めましょう。

あわせて読んでもらいたい記事

SPIは就活に必要あるの
就活で失敗する人の4つの特徴
成功する就活生がやっているおすすめ朝活

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る