記事の詳細

Sponsored Link

インターンに参加するか迷っている学生は沢山いると思います。
インターン参加しなくても、内定がもらえない訳ではないし、就活出来ない訳ではありません。

しかし、時間が許すなら、インターンに参加しましょう。
インターンのメリットを得たいなら、「短期」より「長期」インターンを選ぶことが重要です。

今回は、インターンに行くことで得られるメリットと学べることについて紹介します。

インターンに行くメリット

自分の勤めたい、企業の実際の現場を体験出来る

いざ、内定して新卒として働き始めたとき、
「思ってた現場とは違った!」や「私には向いていない」が、インターンへ行くことでわかります。

やっとつかんだ内定でも、すぐに辞めてしまっては全く意味がありません。
働き続けてこその内定ですから、インターンに事前に参加し、実際の現場を体感してきてください。

今学校で学んでいることが実際に社会で役に立つのか

学生の時は、自分の学んだ勉強や資格が、社会に出たときにとても役に立つ!
と思っている学生が非常に多く、

また、面接や履歴書、エントリーシートにも、
自分の学んでいる勉強やスキルを「即戦力!」と掲げている学生は沢山います。

実際に、自分の学んできた勉強や取得した資格がどんな風に
どのくらい実際の現場で役に立つのか身をもって体感することが出来ます。

希望する職場とのパイプ作りが出来る

OBやOG訪問などで、希望する職場とのパイプ作りも可能ですが、
全ての企業に対し出来るわけではありません。

そして、OB訪問などでは、OBの方からの見解が聞けるので、実際の所はどうなのか?
を体験出来るのは、インターンでしかできません。

会社見学でもいいでしょ?という人も居るかもしれませんが、
見てみるのと、実際働いてみるのでは、
何十倍も何百倍も感じる事も見る事も多く得るものが違います。

Sponsored Link

インターンから学べること

インターンは、ただ参加しても学べることはない!と思ってもよいでしょう。

学びたいことや、教えてもらったことは、
自分の知識や経験となるように真剣に取り組んでこそ、「学べる」ことになるのです。

社会人と学生の違いを知る

「忙しい」1つとっても、社会人と学生ではかなり違います。

学生は、「忙しい」という人が沢山いますが、
自分が専攻した勉強を自分で希望した部活やサークルをすることで「自ら忙しく」しているのです。

社会人は、会社の為に「仕事をこなし」たり、
「仕事を見つけたり」と自分が希望しなくても沢山の終わらせなくてはいけない仕事を抱えているのです。

自分が希望しないこと、やりたくない仕事も責任をもって完了させなくてはいけません。

「忙しい」「疲労感」の度合いが社会人と学生では雲泥の差です。
しかし、責任をもって完了させた仕事の「達成感」は学生では味わえないものです。

学生は自分の為に勉強し、部活に参加したり、アルバイトをします。
しかし、社会人は自分が生活する為に働くより、会社の為に働いているのです。

社会人をチームプレーをたとえるなら、学生は個人プレーになります。
自分のためから、会社や同僚、お客様の為に責任をもって働くのが社会人です。

自分だけ良ければいい!では、学生は出来ても、社会人ではNGです。

今後、学生生活で何を学べばいいのか

インターンで、企業で働くために役立つ知識を知ることが出来ます。

「こんな資格取得しておくといいな」や
「この学科を専攻するならこの部分は、掘り下げて知識を得た方がいいな。」など、
今後、学生生活はどの様に送ると有効に社会に出て役立つかがわかります。

さいごに

大変失礼ですが、勉強も資格も、半分も役に立たないことが多いのが、社会人の現状です。

要資格者の職につきたいなら、学生のうちに資格取得してしまうのが有効ですが、
資格取得のためにした勉強が、現場で役立つか、即戦力になるか、といわれると、また違います。

しかし、1つでも、社会に出る準備や、知識として勉強しておくと、役に立ちます。

自分は、インターンで参加する、
アルバイトと同様の立場で参加すると思って参加するなら、参加しない方が良いでしょう。

 

自分は、この企業の一員として、インターンに望むんだ!と高い志と責任感をもって参加することで、
インターンに行くメリットがはじめてわかると思います。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る