記事の詳細

Sponsored Link

インターンシップのエントリーシートを記入するときは、
企業ごとに色々な設問があり、それに対し、

「様々な回答を用意するのが大変!」
「そんなに沢山の質問の回答を用意できない!」
とお悩みの人もいるかと思います。

今回は、そんなインターンシップの目的や目標をエントリーシートで聞かれたときの失敗しない書き方と例文をご紹介します。

インターンシップの目的の書き方

インターンシップの目的をなぜ聞かれる設問が多いか考えたことがありますか?
企業側はこの設問はどんな気持ちで学生に問いかけているか考えると回答は簡単に思いつくかもしれません。

企業側は、「あなたは、一体、我が社のインターンシップで、何を学びたくて応募するの?」と聞いています。

だからといって、「採用につながるかもしれないから」や「採用に有利になるから」とストレートに書くのは辞めましょう。

少しだけオブラートに包み、他の視点から、考えてみましょう。

文字数に制限がある設問も多いはずです。
書き終えたら、自分の伝えたいことが、しっかり伝わるように、

文章が要約されているかを確認することも大切です。

目的の例文

Q:我が社のインターンシップを希望された目的をお書き下さい。

A:私は、現在、○大学○○学部にて、○○の学科を専攻しており、○○を学んでいます。
○○株式会社の○○という商品の○○という技術には○○し、感動しました。
今回のインターンシップでは、そのような技術力の高い、○○株式会社で、働く優秀な社員の中での
自分自身のレベルを試してみたいのです。そして、今学んでいる、○○という知識は、実際の現場では、
どんなお役に立つことが出来る知識なのかを知りたいです。
学生である自分が、社会人の中ではどの位のレベルで、また、学ぶ知識は社会に通用するものなのかを
知る為に今回○○株式会社のインターンシップを希望しました。

Sponsored Link

インターンシップの目標の書き方

目的同様、企業側から、「目標」を聞かれる設問も多いはずです。

企業側から、「あなたは、このインターンシップで何がしたくて応募するの?なにを身につけたくて参加するの?」と聞いています。

逆に考えると、
「目標もないような人、ただインターンシップに行こうという人はは参加しないでね」
と言われてると思って良いと思います。

企業側は、目標を持ち、向上心高く、まじめに頑張ってくれる人が
インターンシップに参加して欲しいと思っています。

向上心が低い人では、まじめに働かず、
また、信頼して仕事を割り振ったり出来ないからです。

一緒に仕事をしてみたい!と思われる人材になれるように、なりましょう。

目標の例文

Q:今回の、○○株式会社○○へのインターンシップ参加への目標を教えてください。

A:私は今回の○○株式会社のインターンシップで、○○の仕事を経験し、○○を得る為に、参加したいと思い応募しました。

社会人として、○○や○○を経験し○○を得ることは、社会人として働く上で、何よりも必要な事と私は考えています。

インターンシップで、○○株式会社の社員の一員として、お役に立てる働きをするために、

早い段階で○○を得て、配属される○○部署の先輩達に1つでも多く仕事面で貢献出来たらと思っています。

さいごに

いかがでしたか?
インターンシップでの目標や目的を書けそうでしょうか?

質問に対し、自分はこう考えています!とはっきりとしたビジョンを持ち
自分の意見を全面に押し出せるかがポイントとなってきます。

企業側は「あなたは○○に対してどう考えていますか?」という質問をしているのです。

自分の中の考えを自分の言葉でいいので、伝えましょう。

目的や目標をしっかりと持った学生は、まじめに向上心高く、
インターンシップに臨めるので、企業が求める人材に1歩近づけるはずです。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る