記事の詳細

Sponsored Link

あなたはインターンシップを利用しますか?

「はい!サマーインターンシップへの準備を既にはじめています!」
「いいえ。そんな時間もないし、無意味だと思うので利用しません」
などいろいろな考え方を持つ人がいるかと思います。

果たして…インターンシップは就職活動にどう影響するのか?
今回は見ていきましょう。

もし、インターンシップって?と今更聞けない方はこちらを参考にしましょう
インターンシップとは?

意味がある

自分の希望する企業がインターンを行っている場合

自分の希望企業がインターン行った場合は、短期のものでも、長期のものでも、必ず参加しましょう
自分の希望企業がどんな仕事をしているか、職場はどんな雰囲気かをしる良い機会です。

企業中には、何度も、面接を重ね、採用活動を踏まえ行っている企業もありますので、
希望企業のインターンは見逃さないよう、要チェックです。

自分の希望する業界がはっきりしている場合

もし、希望する企業がインターンを行っていない場合、
希望企業のインターンに漏れてしまった人は、同業種のインターン利用するのも良いでしょう。

もちろん、企業企業で雰囲気やインターン内容が違いはありますが、
「この業界での仕事はこんな感じなのか」と実際の仕事現場のよい見学・経験になります。

取りあえず大手に勤めたい!

大手一流企業に勤めたい!仕事内容は二の次!という人も実際いるでしょう。
大手企業はインターンシップを導入している場合が多いので、利用しましょう。

大手一流企業の業種は様々ですが、自分の在学する学部の勉強を活かせる可能性のある業種や、
自分が漠然とこの企業に勤めたい!と思う所からインターン体験すると良いでしょう。

狙いは、採用を踏まえ行っている長期インターンです。

応募目的は、「取りあえず一流企業に勤めたいからです!」などといわずに、
その企業を調べあげ、自分の関心度の高い企業を志望しましょう。

Sponsored Link

意味がない

自分はどんな就職先を目標としているかわからない

自分がいったいどんな仕事に就きたいのかがわからないのに、闇雲にインターンを受けるのは無駄になります。

しかし、短期(1日、2日)のインターンでその職場をお試し感覚で体験するなら、
自分どんな仕事に就きたいか!がわかるきっかけになるかもしれません。

大学院を目指している

大学の3年に就職活動をする予定もなく、
今後大学院を目指す予定のある人は、無駄になります。

インターンは職場の体験をするものであり、就職活動の一環なので、今回は見送りましょう。

周りが参加しているから参加しよう

周りがインターンと利用しているから、
また、インターンを利用すると就職活動に有利になるから、
と聞いたからという理由でインターンを利用するなら時間の無駄です。

目的なく、また希望しない業種や企業にインターンの経験をしたところで、
自分の身にもなりませんし、そんな気持ちで経験しても、就職活動に有利な体験になるとも思えません。

もし、採用直結するようなインターン先で、そのような気持ちで参加したところで、採用にはならないでしょう。

就職活動は、周りがするからするのではなく、自分の為にするのです。

結局インターンシップは行った方がいいの?

当然行ったほうが良いと思います。
意味がある人はもちろん、いきましょう!

意味がない人は、何をしたらわからない人、何もせずダラダラと時間を過ごそうとしている人は良い社会経験になります。
(そんな気持ちの人は採用直結のインターンは受からないと思うので、短期で大人数のものを希望すると良いかもしれません)

しかし、自分の就職したい企業や業種がしっかりと決まっており、
その企業や業種がインターンシップを行っていない場合は無駄な時間になります。

また、「希望企業も決まっていて、その企業はインターンシップを行っているが参加したくない。」
という人も中にはいるでしょう。

その人は、その企業の面接で「インターンシップをどうして利用しなかったのですか?
という質問に回答を用意して挑みましょう。

筆者個人の意見では、その企業の就職体験が採用試験応募の前に体験出来るなんて、
なんて魅力的な制度なんだろうと感じますが・・・(実際入社したら違った!が防げるので)

希望企業のインターンシップを、見逃すこと無く利用する為にも、
希望企業は早めに選定し決め、チェックすることが大切です。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る