記事の詳細

Sponsored Link

インターンシップの面接、あなたはどんな服装や身なり、持ち物を持って行きますか?

「採用面接じゃないんだから、なんでもよくない?」って思って行かないでくださいね。

インターンシップでも、中には、採用に直結するものもあります。
採用面接と同じように、気合をいれて挑みましょう!

適切な服装

基本は男女ともスーツです。

男性

男性の場合はスーツ上下+長袖ワイシャツ+ネクタイ+ベルト+革靴が基本です。

スーツ
チャコールグレーか黒。シワや汚れを取り除きましょう。

ワイシャツ
半袖ワイシャツはNG!長袖のもので、色は白を基調をしたものにアイロンを。

ネクタイ
極端に太かったり細かったりするものはNG!派手な柄や奇抜過ぎる色は避ける。

ベルト
ビジネス用のもので、素材は皮、色は黒にしましょう。

革靴
(極端に先の尖ったものは避ける)色は黒。面接前に磨きましょう。

男性の夏の面接の服装は
夏の就活面接!男性の服装のスーツやネクタイはクールビズでいい?】でも確認しておきましょう。

女性

女性の場合はスーツ上下+長袖シャツ+ベルト+革靴 が基本です。

スーツ
男子と同じでチャコールグレーか黒を。パンツスタイルでもスカートでも可です。
(あまりにジャストサイズなピチピチなものは避けましょう)

ワイシャツ
半袖ワイシャツはNG!長袖のもので白を基調としたもの。
(少々のフリルなどは可。)

ベルト
スカートの場合は不要ですが、パンツスタイの場合は、細身の黒の革ベルトを。

革靴
極端にヒールの高いものやエナメル素材は不可!色は黒、面接前に磨き、ヒールが取れかけていないか確認を。

女性の夏の面接の服装は
夏の面接の服装!女性のインナーやシャツ、パンツはこうしろ!】でも確認しておきましょう。

Sponsored Link

髪色

男性

黒髪が望ましいでしょう。
茶色の髪は、真面目な印象を受けません。

インターンは就職活動の一環なので、黒髪、短髪が望ましいです。

前髪や後ろ髪をワックスで立てたり、無造作におしゃれにセットするのは、NGです。
匂いのきつい整髪料はさけ、耳にかかったり、長すぎる前髪は避けましょう。

清潔感のある髪型を心がけましょう。

女性

黒髪もしくは、自然な暗めの茶色が望ましいです。
男子ほど、黒髪が絶対!なわけではありませんが、黒髪の方が望ましいです。

もし茶色にしたい場合は、自然な茶色、暗めな茶色がいいでしょう。

長い髪の人は、黒ゴムで1つまとめ、下ろす場合は、
ストレートに綺麗に整え耳にかけ、まとまりのある髪型にしましょう。
巻き髪はNGです

前髪は長い場合は、分けたり、流したりと顔にかかりすぎると暗い印象になります。
おしゃれさではなく、清潔感やフレッシュさを感じる髪型にしましょう。

持ち物

男女ともに共通で必須の持ち物

・会社から、面接に持参するように指示のあったもの。
・カバン(ビジネスに見合ったブラックのカバンを)
・応募書類の控え(エントリーシートなどのコピー)
・手帳(スケジュールが確認出来るように、決まっている予定は書き込んで行きましょう)
・メモ帳(小さめのものが便利です)
・ボールペンなどの筆記用具
・ハンカチ・テッシュ(汗を拭うのに出す場合も考え、ハンカチにはアイロンを)
・携帯電話やスマートフォン(必ず、スイッチOFF)
・お財布(交通費が十分に足りるように持ち歩きましょう)

あれば便利な持ち物

・折りたたみ傘(天気予報を確認しましょう)
・会社までの地図(アプリなどで確認でも良いです)
・会社案内(移動中などでも再度読み返しましょう)
・大学の年間行事予定(インターンの予定が長期の場合あると便利です)

女性のみ必須の持ち物

・メイクポーチ・鏡(メイクを直せるように)
・替えのストッキング

さいごに

いかがでしたか?

服装や髪色・髪型は、おしゃれさを重視するのではなく、
清潔感」「フレッシュさ」を感じられるものに!!

面接官がどう思うか、ビジネスにふさわしいかを考えて臨みましょう。

そして持ち物は、カバンに1つにすっきりとまとめて持ち歩きましょう。

もし、面接官に「○○を提出していただけますか?」と言われた時でも、「さっ」と出せるように整理して、
縦入れし、カバンを開けたときにどこに何があるかが見えるようにいれておくと便利です。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る