記事の詳細

Sponsored Link

長いようで短い冬休み。

大学4年生にとっては、
人生で最後かもしれない長期のお休みですが、

大学3年生にとっては、
就活開始の準備に追われる冬休みになることでしょう。

旅行に行きたい、
アルバイトをしたい、
論文をしなくては、
課題が…など、
沢山したいことはあるでしょう。

大学4年生も大学3年生も、学生もあとわずか。

小学生から10年以上学生として忙しい日々を送ってきたと思いますが、
翌4月、翌々4月からは社会人になります。

学生気分を捨て、社会人になる気持ちの準備をしてくださいね。

今回は、就職活動、冬休みの過ごし方についてご紹介します。

冬休みにやるべきこと

1ヶ月もある冬休み。

でも、あっという間にいつも終わってしまいませんか?
クリスマスを終え、お正月を終えたら、お休みは終了。
そんなイメージだと思います。

しかし、1ヶ月もあるのです。
計画を立て、有意義な冬休みにしましょう。

大学4年生のあなた

内定が出ている人は、卒論やアルバイト、または旅行など、
自分のしたいことを優先的にする冬休みになりますよね。

4月からお世話になる会社に入る準備はできていますか?

中には、「宿題」と題して、翌4月までにしておいてほしいことを
提示してくる企業もあるようです。

(必要な資格の取得や書類の準備など)

なければ、毎日新聞を朝、読んでみましょう。

学生生活の中で、新聞に載っている情報は必要無かったかもしれません。

しかし、社会人になるからには、新聞に載っている時事ネタは必要です。

銀行や証券会社に勤めるなら、経済新聞に載っている情報は知っていて当たり前。
その他、外資や商社などでも、必要な場合があります。

経済新聞とは、いいませんが、
まず、新聞を一通り目を通す習慣をつけましょう。

また、言葉使い、マナーを見直してください。
社会人として恥ずかしくない言葉使いと立ち振る舞いを習慣化してください。

Sponsored Link

大学3年生のあなた

2016年卒から、前年度までは、
冬休みから解禁だった就活が翌3月まで、期間がずれてしまいました。

しかし、内定通知時期の9月と卒業時期の4月が、
ずれたわけではありません。

単純に考えると、就活する期間(企業と接触出来る時間)が短くなったのです。

春の採用試験が無いに等しくなったことで、
採用試験にチャレンジする回数が減ったともいえます。

失敗が許されず、1社、1社の採用試験を大切に受けていく必要があります。

3月から就活すればいいよね、ではなく、
「3月から採用試験を受けれるだけの準備をしておいてください。」ということです。

自己分析・業界研究・マナー講座・スーツやバッグ、靴などを揃える期間として、
冬休みを過ごしてください。

OB・OG訪問が可能であれば挑戦してみるのもよいでしょう。

また、就活が3月からになった分、インターンシップを行う企業もあるようです。

長期インターンシップが出来るラストチャンスです。

アルバイトより、インターンシップの方が、
もしかしたら社会人として必要なものを得る機会になるかもしれません。

年末年始は、短期高給アルバイトが目白押しかもしれませんが、

就職活動は、今後、20年・30年と毎日人生で
一番長い時間を過ごす場所(職場)を決める大切なものです。

短期の高給アルバイトは一時的には、お財布は潤うかもしれませんが、
就活を疎かにすると、後のち自分の意図としない生活を送ることにつながるかもしれません。

長い目でみて、今は就活の準備やインターンシップに
専念する時期をだと思って下さい。

さいごに

今、一番必死で、
一番大変な内定先が決まらない4年生のあなた。

なぜ自分だけ?周りは遊んでるのに!
と思っているかもしれません。

まだ、追加採用が待っています。

最後まで、気を抜かず、諦めず(これが一番大切です)、
チャレンジしてください。

もうこれ以上どうしていいかわからない!

やる気がでない!と思ったら。

5分でいいので、将来自分はどうなりたいか。

明後日採用試験を受けるA企業に内定したい!とかという目先の将来ではなく、
20年後の自分はどうなりたいか、を考えるのです。

こんな家に住みたい。
このくらいの収入がほしい。

こんな生活が送りたい。

こんな家族が欲しい。

漠然としたものでも大丈夫です。

それに1歩でも2歩でも近づくには今どうするべきか、考えて見てください。

そうすれば、どうすればいいのか、今頑張らなくては!
という意欲や希望が湧いてきますよ。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る