記事の詳細

Sponsored Link

今年から、就職活動の解禁が、一部3月になりました。
(経団連が3月解禁を要請し、一部賛同する会員企業)

今まで、12月解禁だったものが、後ろ倒しになったわけです。

しかし、全ての企業が3月解禁になったわけではありません。

例年通り、12月から解禁してくる企業も沢山あるかもしれません。
今回は、就職活動が解禁される前にやるべきことを紹介します。

就活解禁までにやっておく事

いつでも始動出来るように、学業は早めに終わらせておく

単位の取得など、出来るだけ早めに、
3年生のうちに終わらせておきましょう。

4年生は就活に専念出来るように
早め早めに終わらせられるものは終わらしましょう。

12月解禁なら、活動を始めればすぐ、学校の試験がありますし、
3月解禁なら、その前に試験がくるでしょう。

就活と学業を同時進行で進めなくてはなりません。

大変なのは目に見えていませんか?

まず、学業を終わらせられる分、先に終わらせてしまいましょう。

3月の解禁だと油断しない

大手は、3月解禁が予想されます。

しかし、ベンチャーや中小、その他大手でも例年通り、
12月に、解禁してくる企業が、なくはない!と予想しています。
(あくまで予想です)

希望企業が、12月に解禁しても対応出来るように自己分析や業界研究を進め、
自己PRを考えたり、スーツを揃えたりと、準備しておきましょう。

希望企業があれば、12月解禁でも対応出来るように前もって、
リサーチも必要です。

第一希望の企業へは、採用担当窓口にいつから募集しますか?
など問い合わせてみるのも1つの方法です。

○○対策をしておく。

エントリーシートの対策や、筆記試験対策、論文対策、面接対策など、
出来る対策は、沢山あります。

解禁前に対策を始めましょう。

面接対策、論文対策には、
時事問題対策が一番大変という人もいるでしょう。

毎日新聞を読む、又は、モーニングサテライトを見るなど、
時事ネタに強くなることも大切です。

試験の前の日や当日朝、
「新聞を読めば、ニュースを見れば、時事ネタは余裕でしょ!」
と考える学生は多いようですが、

社会人は、時事ネタは知っていて当たり前。

その日だけの情報では、断片的または、全貌を把握出来ない場合が多いので、
1つの出来事の流れをつかむ為にも、
最初はぼーっと眺めるだけでも構いませんので、日課にしておきましょう。

Sponsored Link

今出来ることは今やる

12月解禁企業までに、後1ヶ月を切っています。

業界研究と自己分析。両方完璧に終わらせられますか?
学業もあるし、今年から3月解禁なんでしょ?

今は、勉強が急がしいから、後でいいよね~という後倒しの癖は、
この機会にやめましょう。

漠然と、「第一希望」の企業が12月解禁したらどうしますか?

今出来るとは、今やりましょう。

今やって損はありません。

3月解禁企業でも、今からやっても遅い位です。

危機感をもち、今出来ることは今から始めましょう。

将来のビジョンをはっきりさせる

・自分はどんな仕事に就きたい
・どの位の給料が欲しい
・何歳で家を建てたたい
・どんな生活を送りたい

など、どんなビジョンでも構いません。

紙に書き出してみましょう。

その上で、それを叶える為にはどんな企業に就職したらよいか、
どの位の収入が必要かがわかります。

就活に対してのモチベーションもあがります。

モチベーションが上がることはとても、就活にとって大切なことです。

やる気と元気(明るさ)をいつも、高いモチベーションで持ち続けることが、
内定を獲得の1つの要素になります。

最後に

いかがでしたか?

要するに、「準備は早くしろ!」ってことでしょ?」と思いましたか?

そうです。

「早く準備を始めろ!」
「のんびりしている場合ではない!」
「危機感をもて!」と言いたいのです。

夏休みから準備をしている、
就活生は、あなたの周りいなくても、
他の学部や学校には、沢山います。

「まだいいよね」では、解禁後困るのはあなたです。

後で、「準備しておけばよかった!」と思っても、
今回からの3月解禁の企業は、修正が効かないのです。

危機感をもって、就活解禁前に準備を始めてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る