記事の詳細

Sponsored Link

春の一斉採用が終わり、始まるのが夏採用

春採用の時は、どのように就活しましたか?応募したい企業はどのように探しましたか?
セミナーで、新卒求人サイトから、など個々で色々な方法で求人を探したと思います。

夏採用も春採用と基本的には、探す方法は同じなのですが、
春採用と比べると夏採用の求人数はかなり少ないので、様々な方法を用いて求人を探し出すことが大切です。

夏採用って?と今更、聞けないあなたは…【夏採用とは?】の記事も参考に。
今回は、夏採用の企業を探す方法をご紹介します。

夏採用の企業を探す方法

検索エンジンでキーワード検索

一番簡単で手早いのは、「夏採用 新卒」や「○○年 夏採用」、
「夏採用 求人」、「新卒 求人 夏」、「新卒 夏 エントリー」などのキーワードを
GoogleやYahoo!などに入力してインターネットで検索する方法です。

ヒットしたものから、地道にチェックすることが大切です。

難点は、キーワードの入力方法や使用する検索エンジンでヒットサイトが違う事です。
様々なキーワードを入れ検索しましょう。

新卒求人サイトで検索

「リクナビ」「マイナビ」などおなじみの新卒就活支援(求人)サイトでも、夏採用は紹介されています。

しかし、おわかりの通り、登録者数の多いサイトは、閲覧数や応募人数も多いということです。
未公開求人もあるので、リクナビ・マイナビなどのサイトからくるメールもマメにチェックすることが大切です。

合同説明会やセミナー

直接、募集企業の採用担当者に会えるチャンスの合同説明会やセミナ-。

質問などをしっかりとし、採用担当者に良い印象をもってもらったり、パイプ作りをする1つの機会などでもあります。

希望企業が説明会に参加するときには、必ず参加するようにしましょう。

Sponsored Link

大学内の就職課などの求人

大学の就職課は利用していますか?

春採用は求人サイトや合同説明会・セミナーだけでも、チェックしきれないほど沢山の企業が求人をしてたので、
就職課は行ったことありませんという学生もいるでしょう。

でも、大学内の就職課にくる求人は、その大学の学生を採用したいという意図があっての求人です。
インターネットで探せるものでもなく、他の大学にはない求人もあるでしょう。

マメにチェックしましょう。

就職課担当の先生などに、夏採用について訪ねてみるのも有力情報が得られるかも。
(昨年の夏採用は「○○企業」へ沢山採用がうちの大学からでたなど)

各企業のホームページ

希望企業のホームページの求人欄にも注目です。
他のサイトには載せなくても、こっそりと(?)求人を公開している可能性もあるからです。

リクナビなどの求人サイトの求人から「リンクで飛べばいいや~」と思わず、
希望企業個別のサイトを閲覧してみましょう。

筆者イチオシの方法

一番のおすすめは、大学内の求人課ですね。

意外に利用者が少ないのが、見受けられます。
もっと、上手に活用し、課の先生からの情報も使いましょう。

また、昨年など以前の卒業生がどんな就職先に内定が出ているかも教えてもらうと良いでしょう。

その卒業生達の働きにもよりますが、内定が出ている企業に希望企業が合致すれば、
OBが既に働いている採用歴があるので、採用してもらいやすい可能性大です。

最後に

春採用以上に、夏採用は「みんなと同じ方法で就職活動してもダメ」といえます。
求人数が少ないところに、沢山の学生が集中して応募するからです。

まわりの学生より、一歩先に企業にアプローチするような気持ちで就職活動しなければ、
内定を勝ち取ることは厳しいかもしれません。

「何となく、漠然と頑張ろう。」ではなく、「○○会社の求人は絶対内定をもらうぞ!」という意気込みも必要です。

悔いの残らぬよう、個々にあった方法で、求人を探し、内定先を見つけてくださいね!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る