記事の詳細

Sponsored Link

大学最後のゆっくり出来る長期休みが大学3年の夏休みです。
最後の遊べる長期休みなんだから、サークル活動やアルバイトや遊びを満喫したい!

だって最後の長期休みだから!」と思っているあなた

それはそれでもいいのかもしれませんが・・・就活の下準備してますか?
だって就活解禁は12月からでしょ?今することなんてないよ。と思っていませんか?

実は沢山ありますよ。遊んでいる場合ではありません。
今回は大学3年生の夏休みにすべきことを紹介します。

三年生の夏休みにやるべき3つのこと

サマーインターンシップに参加する

インターンシップに参加することにより、自分の興味のある仕事が自分にあうかどうか、
また、実際社会に出て働くとはどんな事かが体験できます。

面接などでも、「夏休みはインターンシップをしました」という材料にもなります。

夏休みにインターンシップを利用することは、
時間にゆとりがあり、インターンシップに専念できます。

もし、運が良ければ、インターシップ先の企業で採用があるかもしれません。(本当に極マレにですが

もちろんですが、夏休みにインターンシップにいくなら、
夏休み前にインターンシップ先を探しましょう。

インターンシップについては「良く分からない」という方は、まずこちらの記事を読んでください。
インターンシップとは?

海外へボランティアへいく

長期の休みを利用して、海外へ足を運ぶ学生が増えているようです。
しかし、この「海外」はただ旅行で足を運べば良いわけではありません

海外で自分はどんな事を学び、またどんな経験をしてきたかが言える様な、
海外生活でなければ、就職活動においてのプラスの材料にはならないのです。

「僕は旅行が大好きで、夏休みはイギリス・イタリア・トルコに足を運び、様々な文化に触れることで…」

なんて面接で話したところで、面接官の心に響くことはありません。
上記の彼はただの、夏休みの旅の想い出を面接官に自慢しているだけなのですから。

Sponsored Link

面接官の心に響く話とは

「私は、○○(国名)で夏休みを利用し、○○(ボランティアの内容)のボランティアを経験しました。その経験の中で、○○を学び、○○を感じ、貴重な体験をすることが出来ました」などと、

面接でのネタにもなり、○○を上手く埋めることにより、面接官の心に響く話となるでしょう

ポイントは旅の想い出ではなく、
「ボランティアという人に役立つ貴重な経験をして、こんな事を学んだ」など、
自分の中で何が変わったのか、どんな成長があったのかを伝えることです。

もし、面接での話題づくりにならなくても、
海外(異文化の中で)のボランティア(人の役に立つ)ということから、
人をしても何倍も成長することできる可能性は未知数です。

社会人になってから、長期の休みを取得し海外でボランティア活動などがしたい!と思っても、
実際に1ヶ月もの長期の休みの取得をし、ボランティアに時間を使うことは難しいでしょう。

学生の今だから出来る事です。本当に貴重な体験が出来ると思います。

自己分析・業種や企業の選定

自分はどんな人間で、どんな事をしたいか、
また、「こんな業種を希望していて、第一希望の企業は○○株式会社で・・・」などがはっきりしていると、
12月に就職活動が解禁されたときに、いち早くプレエントリーなどの作業に取りかかることができます。

大半の学生は12月の就職活動解禁と同時に、業種・企業選定も検討・決定するようですので、

12月開始の時点から、「こんな企業があるんだ~」
「私どの企業が受けたい!かわからない!選べない!」という学生の中で

1歩も2歩も先に進んでいることになります。

また、希望企業のプレエントリーの期間が過ぎていた!エントリーしそびれた!というのを防ぐことが出来ます。

自分にはどんな業種が向いてるかわからない!という人ままずこちらを読んでみてください
自分に向いてる仕事が分からない時の見つけ方

さいごに

いかがでしたか?

12月から就職活動が解禁されるだけであって、それまでに下準備を終わらせておかないと、
いざ12月に就職活動が解禁されたときに周りから出遅れてしまいます。

大学生には、テストや課題など普段はしなくてはいけないことが山盛りです。
その他にも、サークルやアルバイトをしたい!場合は、なお時間が足りないでしょう。

「忙しい!時間が無い!」ばかり思うのではなく、
長期の休みを前もって何に使うかを考え、無駄なく、後悔無く過ごしましょう。

せっかくの長期休みも「忙しい!」や「なにしよう!」と入ってから思ってしまえば
アッ‼という間にバタバタとなにもしないまま過ぎ去ってしまいます。

上手に夏休みの期間を利用し就職活動の下準備をしておけば、
12月からの就職活動の解禁の時に、スムーズに動き出すことがきますよ。

夏休み前からの計画で、「まだ、何もしなくてもいいや。」ではなく、
「今からしなくちゃマズイ!」と思い準備に励みましょう。

準備9割」が成功の秘訣なのです。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る