記事の詳細

Sponsored Link

就活が本格的に始まり、
もうすぐ、面接の時期ですね。

就活では、筆記・小論文・面接など
数を多くの難関が存在しますが、
SPI対策は就活に必要なのか?をご紹介します。

SPIとは?(意味)

SPIとは、職業適性検査です。

SPIは略称で正式名称は
Synthetic(総合的な)
 Personality(個性・性格)
 Inventory(評価)」です。

一般常識(経済や法律などの基礎知識にプラス時事問題)との違いは、
国語や数学などの基本知識に性格判断を、加えたものがSPIです。
(国語・数学は、小中学生レベルと言われています)

一般常識と内容が異なる為、
SPIと一般常識の両方の対策が必要です。

SPIには、ペーパーテストとテストセンターがあります。

対策が大変なのは、テストセンターです。

ペーパーテストは、マークシート方式で採用する企業の試験会場でおこなわれます。

テストセンターは、テストセンターでパソコンを用いておこなわれます。

Sponsored Link

SPIは就活に必要なの?

SPIは、リクルート社が40%以上のシェアを占めています。

どの適性検査の対策をしたらいいの?と迷った時は、
まずは、SPI3の対策をしましょう。

必要なのか?といえば、
「必要です!」と強めに伝えたいです。

現在多くの企業で、適性検査を実施しています。

筆者が見ている限りでは、
・営業職
・総合職
・一般職
を募集する、大手企業の試験ではかなりの高確率で
実施されている傾向が高く感じます。

一般常識や論文などで高得点が出たとしても、
SPIがダメなら「我が社には適性な人材ではない」と判断される可能性も。

おすすめの本は?


まんべんなく、1冊でSPI対策をしたい方におすすめ。


対策が大変と言われるテストセンター対策に特化した書籍です。

SPIには、SPI3の他にも、SPI3-U(SPI3)、SPI-UE(SPI3-Uプラス英語)、SPI-A(SPI-U簡易版ペーパーテストのみ)などがあります。
(他には、SPI3-B、SPI3-Rなどが新卒対応で、他にも転職者用や高卒者向けのものもあります)
自分の希望する企業や業種に合わせて対策本を選ぶ事が大切です。


こちらは、事務職や一般職希望者のSPI3に特化した書籍です。

さいごに

いかがでしたか?

就活って準備することも沢山あり、
SPI対策を忘れていた!
試験を受けに行ったら、変な問題の試験を受けさせられた!
帰宅後調べて知った!という人も。

実は、筆者が転職活動をしたとき
恥ずかしながら、
SPIは名前を知っている程度でした。

5年程前です。

転職先の内定が決まってから、
このSPIを受けました。

なぜか、内定が決まってからでしたが、
もし適性でなかった場合は筆者はどうなっていたのでしょうか。

SPIはリクルートっていうけど、
私が受けたSPIは違う名称の企業が作ったものだった!という人は、

人事測定研究所」(HRR)ではありませんでしたか?

このHRRがリクルートになります。
リクルートの中にHRRがあると思ってくださいね。

就活は沢山することがありますが…。

筆者のようにならない為にも、
SPI対策!してくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る