記事の詳細

Sponsored Link

送付状ってなに??
学生の時には、まったく!といっていいほど、
お目に掛かることは無かったと思います。

簡単に言うと送付状は、同封書類の明細です。

今回は、送付状の書き方をご紹介します。

送付状とは?

送付状は、冒頭でも触れたように、
「同封書類の明細」を書いたものです。

構成は、
・日付
・送り先(相手)の会社名・担当者の名前
・差出人(自分)の学校名・名前・連絡先
・件名
・拝啓など
・あいさつ(季節の)
・本文
・敬具など
・記
・以上

が基本になります。
無料のテンプレートなどを参考にすると良いでしょう。

Sponsored Link

書くときの注意

基本は横書き

あまり縦書きの送付状は見かけません。

送付状を書く際には横書きしましょうね。

敬称は間違えずに

敬称を間違えるのはとても失礼です。

男性に○○ちゃんと呼ぶようなものです。
失礼のないように、つけましょう。

宛先が個人の場合は…
「様」をつけます。

【例:佐藤様】

企業・官公庁など団体の場合は…
「御中」をつけます

【例:○○株式会社御中】

この際、必ず企業名などは㈱と省略するのではなく、
株式会社など正式名称でかきましょう。

もしも、
採用担当者の個人名が分からず、
部署宛の場合は…
「殿」をつけましょう。

【例:採用担当者殿】

季語は、季節ごとに変わる

時期にあった言葉が確認しましょう。

時候の挨拶/季節の挨拶/挨拶文/季語-書き出しと結び

こちらのサイトで季語を確認してみましょう。

作成は手書きでもパソコンでもOK

Wordなどを使い作成しても良いですし、
手書きでも大丈夫です。

テンプレートを使い回し

テンプレートを使い回ししてもOKなのですが、
相手先の変更漏れだけは絶対にさけましょう。

季語などもしっかり変更し、
内容も読み直し修正しましょう。

封をする前に送付状と内容書類が
合致するかを確認してから封をしてくださいね。

色は単色を使う

「カラフルな方が見やすい!」
「目をひくかも!」
と思うかもしませんが、

もしかしたら担当者の手元にまで、
送付状は届かないかもしれません。

郵便管理の担当者(庶務など)で、
送付状と中身が合致しているか確認して、
破棄している企業もあります。

送付状はあくまで添付書類明細なので、
凝ったデザインにすることはありません。

本文は長文でなくてもOK

「本文は長い方がいいのでは?」
と思いがちですが、

見やすさを重視してください。

もし付け加えたければ、
お礼や意気込みなどを一言添えてくださいね。

テンプレート(例文)


(参考URL:http://swot.hatenablog.com/entry/2014/02/14/171758

最後に

いかがでしたか?

送付状は社会人になってからも使用します。
書式も同じです。

 

覚えておいて損はありません。

 

「え?書類だけあれば十分だろう」って?

 

 

確かに、完璧な書類で送付状なしと、
書類に不備ありで送付状添付なら、

完璧な書類で送付状ナシの方が、
企業からすれば好印象です。

 

送付状ばかりに気を取られず、
必要書類や必要記入事項を要項をよく読み、
間違えずに完璧に仕上げることが大切です。

 

送付状は添付すればなお良し!なものなので、
そちらにばかり勢力を注ぐのはおすすめしません。

また、書類を持参するときは、
送付状は不要です。

だって、送付状ですから。
持参すれば送付してませんよね。

 

郵送の場合も、FAXの場合も必要です。

メールで送る場合は、
メール本文に添付書類内訳を記します。

送付状のポイントは

・担当者の敬称・名称(名前)を間違えないこと!
・自分の連絡先を記載すること
・添付書類明細と中身が合致すること

が必ず封をする前に確認してください!

どれか1つでも間違えているのなら、
送付状は入れない方がいいです。

社会人は書類は送付状も添付書類も
不備なく完璧を求められます。

封する前のチェックをお忘れ無く!!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る