記事の詳細

Sponsored Link

病院や介護の現場で働くには、
国家資格は始め、部署や役職・仕事内容により、要資格者のみが
勤務できる場所が多くあります。

しかし中には、資格を保有しなくても、勤務できる部署もあります。
今回は、医療や介護の現場で働く、現場の資格の有無について見てみましょう。

病院系の仕事では資格あったほうがいいの?なくてもいいの?

病院で勤務している人は…
・医師
・看護師
・診療放射線技師
・作業療法士
・理学療法士
・救急救命士
・薬剤師
・臨床検査技師
・助産師
・義肢装具士
・歯科衛生士
・歯科技工士
・介護福祉士
・ホームヘルパー
などです。

○○師や○○士のつく人は、要資格者です。
(もちろん、医師や看護師が無資格者では困りますよね)

介護福祉士やホームヘルパーは、無資格者でも採用させる場合があります。
(無資格者と有資格者では、行える業務に制限があるようです)

この他には、医療事務などは、要資格者の求人が殆どではありますが、
無資格でも採用してもらうことが可能です。

総合病院・個人病院に問わず、看護助手や医療事務(受付業務など)の無資格での求人もあります。

資格がなくても、病院で働きたい!という強い希望があれば、
無資格者でも応募可能な求人を探しましょう。

しかし、病院とは、人の大事を分けたりと、ミスは絶対に許されない職場です。
有資格者が採用される可能性の方が高いと思った方が良いでしょう。

介護系の仕事は?

・ケースワーカー
・ケアスタッフ
・介護職員
・介助員
・ホームヘルパー

国家資格の介護福祉士という資格がありますが、
なくても、介護福祉の仕事に就くことができます。

中には、求人に、介護福祉士や介護職員基礎研修、訪問看護員養成研修の2級課程修了など、
要件としている場合もあります。

Sponsored Link

無資格でも、仕事に就くことは可能のようですが、資格手当などがつかなかったり、
要資格者の補助としての意味あいで仕事をする場合もあるので、収入面で不利になる可能性があります。

しかし、決して有資格者のみが採用され働けるというわけではありません。

そして、無資格者はやはり、給与面だけではなく、仕事内容にも制限があるようです。

無資格者でも十分勤務は可能な職場です。
希望があれば応募してみましょう。

介護の現場は常に人材不足と言われています。
激務の割に、給料がそれほど高給でなく、昇給も厳しいことから、離職率も高めです。

しかし、やりがいのある仕事にはかわりません。
介護の現場で活躍したい!と強く思うなら、無資格でも挑戦してみる価値は十分にあります。

最後に

いかがでしたか?

やはり、介護や病院への勤務は、資格があった方がよいと思った方が良さそうです。

介護・病院施設に無資格でも仕事がないというわけではありませんが、
担当できる部署や、出来る仕事への制限、待遇面(給与など)での有資格者との差が生まれてしまうのです。

中には、無資格で勤務し、実務や実績を積み、勉強資格取得に励む人もいます。
(看護師の学校などは、夜間勉強し、日中は、実習という形で病院に勤務するようです)

その他、実際医療行為や介護にすることにこだわらないのなら、
医療事務や介護事務などの仕事で、勤務することも可能で、無資格でも働くことができますし、
資格も、実際に現場で医療行為や介護に携わる○○士や○○師より、簡単に取得することが可能です。

医療事務などの資格については【女性の就活に有利な人気のおすすめ資格ランキングBEST5】を参考にしてください。

極端ですが、清掃のスタッフも食事の配膳や調理のスタッフも病院や介護施設では、
なくてはならない仕事です。

自分は、どんな風に、介護や病院などの施設で働きたいかというビジョンをしっかりと持ち、
資格取得をメインにするのか、それとも、働き方はこだわらないので、
現場ですぐに働きたいのかなどをよく考えた上で、行動しましょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る