記事の詳細

Sponsored Link

銀行を希望するみなんさん。

「就職前に資格が必要か?」と悩んでいませんか?

結論から言ってしまいますと「必要ない」と思って良いと思います。

しかし、もし取得可能なら、入行前に取得しておくに越したことはありません。

今回は、銀行に就職するにはどんな資格は必要か。役立つのか。についてご紹介します。

銀行に就職するのに資格は必要?

銀行に就職するのに、資格は必要ありません。

もし、求人欄に要資格とかかれていても、資格を保有していなくても、

応募出来る可能性がありますので、問合わせてみましょう。

銀行は、就職してからが資格取得をしてくださいと言われる銀行がほどんどだと思います。
(銀検・FP・宅建・中小企業診断など)

なので、焦らずに入行してから、必要と思われる資格を取得しても遅くないでしょう。

資格をとるならどんな資格?

ファイナンシャルプランナー

お金にまつわる基礎知識を学ぶことができます。

保険・不動産・証券などの知識も学ぶことができ、入行前に学んでおいて損はないでしょう。

もし、銀行で役に立つ!という知識まで持っていきたいなら、CFP取得を目指しましょう
(入行してからで十分です)

FP3級・2級・AFP

難易度:低

ファイナンシャルプランナーの資格については詳しく知りたい方は
こちらの記事を参考に⇒【女性の就活に有利な人気のおすすめ資格ランキングBEST5

TOEIC又は英検

メガバンクに入行したり、外資系に入行した場合は、
他支店が海外にあったり、同僚や上司に、外国人がいることも想定しなくてはなりません。

語学力はあっても無駄になりませんし、
大学で先行しているなら、その知識を資格という形で残しましょう。

銀行に関わらず、他の業界や職業でも語学力はあるに越したことはありません。

難易度:中~高

Sponsored Link

中小企業診断士

関係ないかとは思われますが、銀行は貸付業務も行います。

法人に対し、経営のアドバイスや、法人の経営を見極めるにも、この中小企業診断士が重宝されます。

試験内容は、経営を学びます。

経済学部などで既に、経営について勉強しているのなら、
勉強したことを、活かし取得しましょう。

難易度:中

外務員

今は、国債・投資信託などの販売も手がける銀行。

外務員の資格がないと、投資商品を販売することができません。

1週間~1ヶ月ほどの勉強で取得出来るので、
もし、入行が決まり時間があれば、取得しておいても損はありません。
(入行したら、外務員登録をしてもらいましょう)

難易度:低

宅建

宅建についても、こちらの記事を参考に
女性の就活に有利な人気のおすすめ資格ランキングBEST5】にしましょう。

なぜ宅建が銀行に必要?と思う人もいるでしょう。

住宅ローンなどの貸付業務の担保にするのが、不動産です。

不動産の知識をつけておくことで、役に立ちます。

また、宅建保有者は少ない銀行では重宝される資格です。

難易度:中

さいごに

いかがでしたか?
基本的に銀行の採用試験に応募する段階で資格は必要ない思って良いです。

内定を頂いてから、時間があれば、資格取得に挑戦してみましょう。

筆者は以前、大手証券会社に勤務していました。

入社時は、日商簿記2級とMOS(Excelのみ)で採用されました。

入社してから、外務員、ファイナンシャルプランナーの取得を命じられ、勉強しました。

入社してからでも十分に間に合いましたので、入社してからでも十分です。

もし、取得しておけばよかった!と思う資格は、
TOEICに挑戦しておけばよかったと思いましたね。

他支店に海外、研修にはなんと外国人の同僚、他支店からの視察に外国人の上司…。

語学力が無いに等しかった私には、辛すぎる現実でした。

語学なら、学生のうちの方が学んでる可能性も学びやすさもあると思います!

時間があれば、語学を伸ばしましょう!

今から就活する人も、語学はあるに越したことはありませんよ!

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る