記事の詳細

Sponsored Link

大手企業に就職したい!
大手であればどこでも!と
思っている就活生のみなさんは実に多いことだと思います。

今回は、大手企業在籍経験のある筆者が、大手企業に就職するメリットについてご紹介します。

大手企業の定義とは?

簡単に言うと、
「中小企業より大きな企業」は「大手企業」です。

従業員数で言えば、
一般的に300人以下が中小企業ですから、
300人以上は大手企業になりますが、

世間では1000人以上従業員数がいる会社が
大手企業に属すると筆者は考えます。

東証上場企業が「大手企業」と定義する人もいますが、
東証上場でも300人以下の従業員数のところもあるようです。

法の上では(中小企業基本法上より)

業種でことなり、
製造業なら、資本金3億以上、従業員300人以上
卸売業なら、資本金1億以上、従業員100人以上
小売業なら、資本金5000万以上、従業員50人以上
サービス業なら、資本金5000万以上、従業員100人以上、
なら、大手企業に該当します。

Sponsored Link

大手企業のメリットは?

大手企業に就職するメリットは、以下のような点が挙げられます。

福利厚生がしっかりしている

福利厚生はやはり中小より大手企業ほうが整っています。

筆者は個人事業主→大手企業に転職しましたが、
福利厚生は雲泥の差でした。

女性なら産休や育児休暇の取得などが獲りやすいですが、
中小だと、制度はあっても利用出来ない場合も。

企業によっては、保養所ほ保有していたり、
住宅取得補助などがある企業も。

福利厚生は整っているに越したことはありません。

教育体制が整っている

大手企業になればなるほど従業員数も増え、
そして新卒や中途などの新人をとる人数も多いです。

例えば、中小企業で新卒の採用を2人した企業と、
大手企業で新卒採用を100人した企業ではどうでしょうか?

2人なら外注の新人研修を受けたり、
すぐに現場に働くことになる場合も。

100人を同じ場所に集めて研修を行う企業が多く、
中には礼の仕方・電話の受け方などマナーを
しっかりと研修してくれる企業もあります。

現場で働くのは中小の方が早く、
また慣れるのも早いかもしれませんが、
新人研修はできれば受けておくと
今後の社会人としての心構えやマナーが身に付きます。

同期や先輩が多い

良かれ悪かれこれはあるでしょうが、
入社してしばらくは、同期や入社年数の近い先輩が、
励ましてくれたり、緊張を解きほぐしてくれることも。

仲間意識が芽生えやすいので、
「一人よりみんなと頑張りたい!」
あなたは大手企業向きです。

安定している感がある

大手企業ならベースアップや、
また倒産リスクも低く感じることができ、
安定している感が強く感じられることでしょう。

失礼ですが「大手だから安定している」は感じるだけであって、
実際に倒産するリスクは中小であっても大手であっても同じです。

ただ、大手企業だから「安心」と思うだけです。

でも、安心して働けるに越したことはないですよね。

逆に大手企業は沢山従業員数が多い分、
出世出来ない人は生涯平社員だったり、
また、リストラされることも。

配置転換がある

技術職は別になりますが、
総合職で大手企業に入社した場合は、
数年に1度、転勤や配属先の配置転換がある場合も。

もし、自分にこの仕事は合わないな…と思っても、
数年経てばまた心機一転は働くことが出来ます。

これは人によって善し悪しがあると思います。

新人のうちは数年に1回上司が転勤で、
変わる可能性が高いので、
「この上司苦手だな」と思った場合は、
「居なくなってラッキー!」と思う人が多いようです。

さいごに

いかがでしたか?

筆者は、10人規模の個人小企業から、
誰もが知る業界ナンバーワン大手企業に転職した過去があり、
働く上では、やはり大手企業が良いかなと思います。

・福利厚生が利用しやすかったこと。

・有休が使えたこと。

・上司が数年に1回替わること。

・研修制度が整っており、他の支店との同期と励まし合いながら頑張れたこと。

・出来る先輩がいたこと。

従業員数が多ければ多いほど、
色んな先輩や同期がいます。

もちろん中小企業にも色んな人材がいるわけですが、
この人を目指したい!という先輩や上司と出会えると、
モチベーションが格段とアップします。

中小企業には利点がないのか?

いえいえ。

中小企業では新人でも
様々な仕事に責任を持たせてくれるのが早いケースが多く感じます。

筆者は、入社してすぐ総務にて、
「郵便物の管理」「小口現金の管理」を命じられました。

そして、数十件の企業の管理窓口となり、
集金から打合せまでを請け負うことに。

早い段階で、
責任をもつ仕事を任せてもらえるのは
中小ならではかもしれません。

それぞれのメリットを見極めて就職活動に役立ててくださいね。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る