記事の詳細

Sponsored Link

資格は就活の強みの1つになるのか?

でも、資格は無いよりあった方が有利になるはず!

人気の資格は、将来、結婚出産子育てなどをした時でも、
働きやすく、復帰しやすい医療系の資格が注目されています。

今回は、女性の就活になる可能性の高いおすすめの資格をご紹介します。

女性に有利な資格ベスト5

5位 介護事務

1位の調剤薬局事務、2位の医療事務に続き、
医療系事務で人気なのが、この介護事務。

今後需要が増すであろう、介護業界。

一般的な事務業務に付随して、介護報酬請求の業務の勉強がメインになります。

病院での業務は需要は薄いですが、老人ホームをはじめ、
在宅介護保健センター、訪問看護ステーションなどでの需要が高くあります。

また注目を集め始めたばかりの資格なこともあり、
取得しやすいのも人気の理由の一つです。

学習期間は2~3ヶ月と、他の医療系事務より難易度が低く、
合格率は60%と非常に高いことも理由のようです。

4位 宅建主任者

意外に人気が根強く長期にわたり長いのがこの宅建主任者

宅建は、不動産や建築部門だけではなく、
金融部門でも活躍することができます。

不動産や建築部門で必要されるだけではなく、
今は金融部門で宅建保持者は重宝されます。

取得は、1~3位の資格に比べると最難関です。
(しかし、一般的な資格としては、少し難しい程度)

勉強期間は、6ヶ月~12ヶ月程度が目安ですが、
強者は2ヶ月で合格する人も。

3位 ファイナンシャルプランナー

お金の基礎知識を広く浅く学ぶことができる
“ファイナンシャルプランナー”。

銀行や保険会社、証券会社、不動産や建築分野で
活躍したい人におすすめの資格です。

 

ファイナンシャルプランナーは
プランニング業務が主というイメージが強いですが、
実際に、保険外交員+αとしてや、銀行員としての業務+αとしてなど、

独立して働くというよりは、
金融系や不動産建築分野での仕事に+αとして活用できる資格です。

実際に銀行・証券・保険では、入社後取得必須になっている企業もあります。

勉強期間は6~12ヶ月程が目安ですが、3ヶ月でも十分に可能です。
難易度はすこし難しい程度です。

学生のうちは、まず3級から受験しましょう。

(勉強期間は1ヶ月程です)

Sponsored Link

2位 医療事務

根強い人気の医療事務
全国の病院やクリニックの事務として活躍できる医療事務。

医療の現場での事務は、一般的な事務業務(受付・会計など)の他に、
医療報酬請求やカルテ管理などの業務が必須となってきます。

昨今は電子カルテが主流となってきているので、
10年前にとった医療事務は電子カルテがなくて…。

なんていう人も電子カルテを勉強し直す人もいる程です。

勉強の期間は、3~6ヶ月程が目安ですが、
スクールなどで受講する人たちは、1ヶ月の勉強で取得する人もいます。

難易度は低めで、就職先・求人数が安定していることが人気の理由のようです。

1位 調剤薬局事務

調剤薬局の事務業務全般をサポートできる資格です。

一般的な事務業務全般の他にも、
医療レセプトなどの知識が必要な調剤薬局事務業務に特化した内容になっています。

現在は、病院を受診した際の投薬は、病院内での処方ではなく、
処方箋を病院に発行してもらい、

処方箋をもって調剤薬局で薬を処方してもらうことが主流になり、
調剤薬局はなくてはならない存在になりました。

調剤薬局に必要な事務業務全般を網羅した資格なら、
今後の就職や再就職時に役立つことが予想されることで現在人気です。

取得難易度は低めです。

勉強期間は3~6ヶ月程が目安ですが、
3ヶ月しっかり勉強すれば取得できます

試験は年に6回と多く、
合格率も50%と非常に高いことも人気の理由ですね。

最後に

人気のおすすめの資格を紹介しましたが
参考になりましたでしょうか?

大切なことは、人気の資格を取得すれば、就活に有利になれるわけではありません。

自分の就きたい仕事に特化した資格を取得することが、重要になります。

金融業界への就職を希望する人が、
医療事務を取得しても意味がないということです。

自分が将来何になりたいのか、
どんな仕事で働いていきたいのかを考えて取得しましょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る