記事の詳細

Sponsored Link

希望企業から内定のお返事を頂いた!
それだけで嬉しいと思います。

その反面、
「大丈夫かな?」
「もっとよい企業があるのでは?」
などと、思ってしまいますよね。

 

今回は、「内定承諾書」の添え状・お礼状の書き方についてご紹介します。

 

内定承諾書とは?

内定承諾書とは、文字通り「内定」を「承諾」することを書面で、
交わすものです。企業側に採用通知を受けた就活生が、
「私は内定を承諾します」と記名捺印する書類です。

要は、「内定を承諾したので、あなたの会社に入社しますよ。(働きますよ。)」という書類です。

 

記名捺印しているので、
「法的な効力があるのか?」と思いがちですが、
法的な効力はないです。

 

しかし、社会人の一員になるのですから、
自分の署名捺印には、責任を持ちましょう。

 

簡単にいうと、
内定承諾書を提出し、内定承諾後でも、
内定辞退は可能ということです。

 

企業側や卒業大学に迷惑が掛かることを頭におき、
辞退する場合は「誠意」を持ち行いましょう。

書き方は?

縦書き?横書き?

内定承諾書の添え状は
縦書きでも横書きでも大丈夫です。

筆者個人的には、
社会人達は横書きに慣れている印象です。

手書きの場合は、
縦・横に合わせた便箋を使いましょう。

 

内定承諾書を送る(送り状)と
お礼の一言(お礼状)や
意気込みなどのメッセージを添えたい(添え状)

これは、一体どれを送ったら良いのか?
と悩んでしまいますよね。

送り状の事項を記入し、その文面の中で、
お礼やメッセージを添えて送りましょう。

1枚で大丈夫です。

何枚も、送り状・添え状・お礼状と添付は不要です。

 

採用側の企業としては、
1日も早い内定承諾書の返送と、
わかりやすく見やすい送り状
もしくは添え状・礼状を待っています。

中身よりも、実は迅速な返送を待っているわけです…。

悩む前にまず行動しましょう♪

 

送り状の基本は…

・日付

・送り先
(会社名はフル名称・部署名役職など間違えないこと!)

・差出人
(学校名・学年・名前・連絡先など)

・題名
(今回は、内定承諾書送付のおしらせなど)

・挨拶と本文
(拝啓からはじまり最後に敬具)(この部分でメッセージやお礼の言葉を)

・記
(何を何通送るか)

・「以上」で締めくくります。

これが基本になりますが、
今回は、就活生は個人と企業のやりとりになりますので、
添え状とお礼状を兼ね備えた1筆の手紙を添えて送ってもよいと思います。

送り状のような堅苦しい形ではなくてOKということです。

しかし、きっちり送りたい!という人は、
上記を参考に送ってくださいね。

Sponsored Link

例文

拝啓
○○の候、貴社ますますご清祥のことと、お慶び申し上げます。
この度は、採用内定のご連絡を頂き、誠にありがとうございました。
4月からの、社会人生活を始めるあたり、身の引き締まる思いです。
内定承諾書を送付させていただきます。ご査収方よろお願いいたします。
至らぬ点が多々ありますが、何卒、ご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。
敬具

さいごに

難しく考えずに、
「お礼の気持ちを一言添える。」
くらいに考えましょう。

文字は丁寧に書きます。

万年筆で書いた方がいいの?
いえ、ボールペンで大丈夫です。

ボールペンにも、油性・水性・ジェル・ゲルなど、
様々なインクの種類があり、
太さも0.25~0.75までと色々あります。

自分の好みにあったものを使ってくださいね。

オススメのボールペンを紹介します。

どちらもコスパもよく滑りも良いのでオススメです。

ユニボールシグノRTはお気に入りで、
筆者は箱買いしています。

 

内定承諾書の添え状・お礼状は、
お礼の気持ちを伝えることと、

あまり文面を考えすぎず、
手書きで心を込めて、
丁寧に文字を書きましょう。

Sponsored Link

関連記事

ページ上部へ戻る